専業主婦対兼業主婦で比較!クレジットカードを使うと毎月いくらお得になるのか徹底検証

妻=奥様が子育てや家事に専念している専業主婦か、外でも仕事をしている兼業主婦かによって、お金の使い方や生活スタイルは全く異なります。もちろん、子供gあいるかいないかでも、お金の使い方は違ってくるでしょう。しかし、いずれにしてもできるだけお得にするための努力は必要です。そこで今回の記事では

  •  妻が専業主婦の場合のクレジットカードを用いた節約法
  •  妻が兼業主婦の場合のクレジットカードを用いた節約法

について説明し、活用すべきクレジットカードと節約額の例を紹介しましょう。

teacher
今回は、私がFP相談という形で、2組のご夫婦にお話しを聞きながら解説しますね。

妻が専業主婦の場合のクレジットカードを用いた節約法

妻が専業主婦の場合のクレジットカードを用いた節約法

今回のモデルケースは、こちらのご夫婦です。

Aさん
Aさん(30代、会社員)

生命保険会社で営業をしています。2年前に同じ会社の後輩だった妻と結婚し、半年前に娘が生まれました。妻は2歳になるまでは育休ということで専業主婦です。去年、家も買ったので、ローンの支払いもあることからできる限り節約したいですね。

Bさん
Bさん(30代、専業主婦)

今は半年前に生まれた娘の育児に専念しています。主人も話していたように、去年家を買ったので、節約頑張ってます。クレジットカードを工夫することもできたらありがたいですね。

teacher
このご夫婦の1カ月の主な支出はこちらです。
住宅ローン返済分90,000円
食費(大人分食材)30,000円
日用品(大人用)10,000円
日用品(子ども用)10,000円
衣料品10,000円
化粧品(妻のみ)5,000円
スマホ代15,000円(1人あたり7,500円)
ネット代8,000円
電気代6,000円
ガス代6,000円
水道代6,000円
娯楽費15,000円

これらの費用のうち、住宅ローン返済分以外について、クレジットカードを工夫することで節約できないかどうか考えてみましょう。

食費、日用品、衣料品はイオンカードを活用しよう

teacher
丁寧にまとめてくれてありがとうございました。普段、どのようなお店でお買い物されていますか?
Aさん
家から5分のところにイオンがあるので、そこで買うことがほとんどですね。主に、食料品や私たちの洋服、子どもが使うおむつとかを買っています。

お子さんが小さいうちは、普段の買い物は自宅の近所で済ませた方が無難です。もし、普段使うお店でお得になるクレジットカードがあれば、有効活用しましょう。こちらのご夫婦の場合、イオンが普段の買い物のメインになるということで、やはりイオンカードをおすすめします。

イオンカード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
申込方法-
発行スピード-
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)50万円
ポイント還元率(下限)0.50%
ポイント還元率(上限)1.33%
交換可能マイルJALマイル(1ポイント=0.5マイル、1,000ポイント以上500ポイント単位)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージiD利用、WAON(オートチャージ可)
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
ショッピング保険/国内利用(最大)50万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度

イオンカードで受けられるイオンでの割引として有名なのが「お客さま感謝デー」です。毎月20日、30日にイオン系列の各店舗で買い物をし、イオンカードで支払いをすると5%割引になります。

また、本来イオンカードは利用額200円(税込)ごとに1ポイント(ときめきポイント)付与されますが、イオン系列の店舗であれば利用額200円(税込)ごとに2ポイント付与されるのです。

このことを踏まえ、食費、日用品、衣料品の買い物にイオンカードを利用した場合、どのぐらいお得になるか計算してみましょう。

teacher
項目と金額をもう一度紹介しますね。
食費(大人分食材)30,000円
日用品(大人用)10,000円
日用品(子ども用)10,000円
衣料品10,000円

以下の条件で計算します。

  •  食費については、1週間に1回買い物に行く(1回あたり7,500円使う)。毎月20日、30日がぶつかる週であれば、20日もしくは30日に買い物をする。
  •  日用品、衣料品については毎月20日、30日のいずれかに買い物に行く。

計算結果は以下の通りです。

食費の割引額7,500円 × 2回 × 5% = 750円
日用品、衣料品の割引額30,000円 × 5% = 1,500円
クレジットカードの利用により付与されるポイント(30,000円 + 10,000円 + 10,000円 + 10,000円 ー 750円 ー 1,500円 ) ÷ 200円 × 2ポイント = 577.5ポイント → 577ポイント
1ポイント = 1円として計算すると2,827円お得になります。

複数サービスを併用して楽天市場でのお買い物をお得にしよう

teacher
他の項目についても、進めていきましょうか。化粧品代というのは、奥様だけですか?
Bさん
はい、楽天市場に出店しているお店で定期購入しています。
teacher
ちなみに、携帯電話会社とか電気会社にこだわりはありますか?
Aさん
特にはないですね。仕事の電話に関しては会社から携帯支給されていますし。
teacher
もし、抵抗がなければ携帯電話と電気会社を楽天に統一してみたらいかがですか?奥様のお買い物もお得になりますよ。

楽天カード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
申込方法-
発行スピード通常1週間
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)100万円
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)3.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.5マイル、50ポイント以上2ポイント単位)
ETCカード年会費(税込)550円
電子マネーチャージ楽天Edy(オートチャージ可)
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
ショッピング保険/国内利用(最大)-
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
94%(483/512)66万円20万円9.5日4.2

楽天カードには、楽天グループの各サービスを併用することでポイント付与率がアップする「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」というプログラムがあります。

複数サービスを併用して楽天市場でのお買い物をお得にしよう 複数サービスを併用して楽天市場でのお買い物をお得にしよう 複数サービスを併用して楽天市場でのお買い物をお得にしよう

出典:【楽天市場】SPU(スーパーポイントアッププログラム)|ポイント最大16倍

こちらの画像にもある通り、楽天グループの各サービスの利用状況により、楽天市場で買い物した際のポイント付与率が異なるという仕組みです。そこで

  •  携帯電話を「楽天モバイル」に、電気を「楽天でんき」に変更する
  •  それぞれの利用料は楽天カードで支払う

ことで、どれだけポイント付与率がアップするか計算してみます。

通常の買いものにより付与されるポイント1倍
楽天モバイル利用による上乗せ分+1倍
楽天カード利用による上乗せ分+2倍
楽天でんきの利用による上乗せ分+0.5倍
楽天市場アプリからの買い物+0.5倍

合計で5.0倍になります。つまり、楽天市場の利用額100円(税込)ごとに5ポイント(楽天スーパーポイント)が付与されるという意味です。このことを踏まえ、どれだけお得になるか考えてみましょう。

楽天モバイルの利用によるポイント付与分:15,000円 ÷ 100円 × 1ポイント = 150ポイント
楽天でんきの利用によるポイント付与分6,000円 ÷ 100円 × 1ポイント = 60ポイント
楽天市場の利用によるポイント付与分5,000円 ÷ 100円 × 5ポイント = 250ポイント

1ポイント = 1円として考えると、合計で460円お得になる計算になります。

その他の支出はREX CARDで

teacher
まだ考えていない支出はこれだけですよね。どうすればお得になるか考えてみましょうか。ちなみに娯楽費というのは?
Aさん
家族で出かけるときの交通費や食事代ですね。

これまで検討してきた以外の支出は、以下の通りです。

ネット代8,000円
ガス代6,000円
水道代6,000円
娯楽費15,000円

これらの支出も、できるだけお得になるように考えてみましょう。手っ取り早い方法としては、どこで使ってもポイント還元率の高いクレジットカードを使うことです。そういう意味では、REX CARDをおすすめします。

REX CARD(レックスカード)

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、Mastercard
申込方法-
発行スピード通常3週間
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)200万円
ポイント還元率(下限)1.25%
ポイント還元率(上限)1.50%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.2マイル、1,500ポイント単位、交換上限なし、交換手数料無料)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージ楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円(自動付帯:2,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)1,000万円
ショッピング保険/国内利用(最大)-
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
100%(3/3)37万円33万円14.0日4.3

一般的に、クレジットカードのポイント還元率は0.5%〜1.0%と言われています。つまり、1.0%を超えるようであればかなり高いということです。

今回紹介するREX CARDは、ポイント還元率が1.25%と、業界でも屈指の高水準を誇ります。REX CARDを使って、ネット代、ガス代、水道代、娯楽費を払った場合に受け取れるポイントを計算してみましょう。

(8,000円 + 6,000円 + 6,000円 + 15,000円 ) × 1.25% = 437.5ポイント → 437ポイント

1ポイント = 1円として考えると、437円お得になります。

結局、毎月いくらお得になるのか

ここまでの内容を踏まえ、お得になった金額を振り返りましょう。

食費、日用品、衣料品2,827円
電気代、スマホ代2,827円
その他の支出437円
合計6,091円

これを1年続けると73,092円(= 6,091円 × 12カ月)お得になります。

妻が兼業主婦の場合のクレジットカードを用いた節約法

妻が兼業主婦の場合のクレジットカードを用いた節約法
teacher
奥様が兼業主婦のご夫婦についても、話を聞いてみました。

今回のモデルケースは、こちらのご夫婦です。

Cさん
Cさん(40代、会社員)

大手IT企業でシステムエンジニアをしています。共働きなので、普段の買い物はAmazon.co.jpなどの通販が多いですね。食材は妻と近所のスーパーに買いに行っていますよ。休日にまとめ買いして下ごしらえしているみたいですね。半年に1回は旅行に行くので、それもお得にできるとありがたいと思っています!

Dさん
Dさん(40代、会社員)

ベンチャー企業でライターをしています。子どもがいないので、旅行にはできるだけ行きたいですね。料理を作るのが好きなので、毎週日曜日は買い出しと仕込みしてますよ!食べ歩きもたまに行きます。

teacher
このご夫婦の1カ月の主な支出はこちらです。
マンションの家賃130,000円
食費40,000円
日用品(大人用)20,000円
衣料品20,000円
スマホ代16,000円(1人あたり8,000円)
ネット代8,000円
電気代5,000円
ガス代5,000円
水道代5,000円
娯楽費25,000円

これらの費用を、クレジットカードを工夫することでどこまでお得にできるか考えてみましょう。

食費はマルエツカードで

teacher
奥様にお聞きしたいんですが、料理される時の買いだしはどこでされていますか?
Dさん
メインは最寄り駅の前のマルエツですね。
teacher
買い物される曜日はやっぱり日曜日が多いですか?
Dさん
はい。

やり取りにもあるように「特定の曜日に、特定の場所で買い物をする」なら、その条件に合ったクレジットカードを作っておきましょう。例えば、マルエツを日曜日によく使う人なら「マルエツカード」がおすすめです。

このカードのメリットとして、以下の点が挙げられます。

  •  毎週日曜日にマルエツで買い物をし、マルエツカードで決済をすると5%割引になる
  •  マルエツ、イオンなどの店舗で利用すると、利用額200円(税込)につき2ポイント(ときめきポイント)付与される

これらの点を踏まえて、毎月の食費が4万円の人がマルエツカードを使うとどれぐらいお得になるか、計算してみましょう。

マルエツカードでの決済による割引40,000円 × 5% = 2,000円
マルエツカードの利用によるポイント(40,000円 − 2,000円) ÷ 200円 × 2ポイント = 380ポイント
1ポイント=1円として換算すると、2,380円お得になります。

スマホ代は携帯電話会社のカードで払おう

teacher
ちなみに携帯電話はどこの会社のものを使っていますか?
Cさん
NTTドコモです。妻も同じですよ。

携帯電話の利用料を支払う目的でクレジットカードを使う場合は、使っている携帯電話会社から発行されているクレジットカードを使うのが一番でしょう。NTTドコモを使っているなら、dカードGOLDをおすすめします。

dカード GOLD

カード分類ゴールドカード
国際ブランドVISA、Mastercard
申込方法-
発行スピード最短5営業日
年会費(税込)11,000円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)4.00%
交換可能マイルJALマイル(1ポイント=0.4マイル)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)5,000万円
ショッピング保険/国内利用(最大)300万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
91%(20/22)58万円32万円11.1日3.9

スマホ代は携帯電話会社のカードで払おう

出典:dカード | dカード GOLDのご紹介

こちらの画像にもある通り、NTTドコモの携帯電話利用料に関しては、利用額1,000円(税抜)につき100ポイント(dポイント)付与されます。

つまり、dカードGOLDを利用してご夫婦2人のスマホ代を支払うと

16,000円 ÷ 1,000円 × 100ポイント = 1,600ポイント

貯まるのです。

1ポイント=1円として換算すると1,600円お得な計算になります。

ポイント還元率の高いOrico Card THE POINTを使い倒そう

teacher
その他の支出についてもお話しを聞かせてください。日用品はほとんどAmazon.co.jpですか。
Dさん
そうですね。私が車の免許持っていないので、家に届けてもらうほうが楽ですし。
teacher
マンションの家賃って、クレジットカードで払えますか?
Cさん
今まではダメだったんですが、来月からは払えるようになったみたいですね。
teacher
娯楽費というのは?
Cさん
一緒に遊びに行ったときの食事代とかですね。

その他の支出についても、クレジットカードで支払えるものはできるだけ活用しましょう。ポイント還元率の高さでクレジットカードを選ぶ場合、おすすめしたいのはOrico Card THE POINTです。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

カード分類ゴールドカード
国際ブランドMastercard、JCB
申込方法-
発行スピード最短8営業日
年会費(税込)1,986円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)300万円
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)2.50%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.6マイル)
JALマイル(1ポイント=0.5マイル)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージiD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円(自動付帯:2,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)1,000万円(自動付帯:1,000万円)
ショッピング保険/国内利用(最大)100万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
100%(1/1)50万円50万円1.0日4.0

どこで使っても利用額の1.0%のポイントが還元される上に、オンラインショッピングを利用する際に工夫すると、さらにポイントが貯まります。

Cさん
どういう仕組みですか?

Orico Card THE POINTの場合、公式ポイントサイトである「オリコモール」を経由すると、次の3種類のポイントが貯まります。

  •  クレジットカード利用によるポイント
  •  Orico Card THE POINTを利用したことによる加算分
  •  オリコモールを経由したことによる加算分

Amazon.co.jpを利用する場合は

  •  クレジットカード利用によるポイント:利用額の1.0%
  •  Orico Card THE POINTを利用したことによる加算分:利用額の0.5%
  •  オリコモールを経由したことによる加算分:利用額の0.5%

の合計利用額の2.0%のポイントが貯まります。このことを踏まえて、毎月の支払いでどれだけポイントが貯まるか考えてみましょう。

teacher
項目が多いので、表にまとめました。
マンションの家賃130,000円 × 1.0% = 1,300ポイント
日用品(大人用)20,000円 × 2.0% = 400ポイント
衣料品20,000円× 1.0% = 200ポイント
ネット代8,000円× 1.0% = 80ポイント
電気代5,000円× 1.0% = 50ポイント
ガス代5,000円× 1.0% = 50ポイント
水道代5,000円× 1.0% = 50ポイント
娯楽費25,000円× 1.0% = 250ポイント
合計で2,380ポイント貯まります。1ポイント=1円とすると、2,380円お得になる計算です。

結局、いくらお得になるのか

ここまでの内容を踏まえて、1カ月にいくらお得になるのか考えてみましょう。

食費2,380円
スマホ代1,600円
その他の出費2,180円
合計6,160円
1カ月で6,160円お得になる計算です。1年間で73,920円お得になります。

毎年7万円ならやったほうがお得!

今回挙げた2つのケースに限っても、日常生活の基本的な出費についてクレジットカードで支払うことで、年間で約7万円以上お得になる計算だとわかりました。

dカードGOLDは年会費が有料ですが、それ以外のカードは無料なので、気軽に始められるはずです。専業主婦の方でも作れるクレジットカードを活用するだけでも、節約効果は高いので、まずは自分ができるところから始めてみましょう。

teacher
ここで紹介した以外にも、おすすめのクレジットカードはこちらの記事でまとめました!