ゴールドカードを出しても店員が反応するとは限らない3つの理由。海外の場合は店員の反応がいい理由も併せて解説

金=ゴールドという色自体、なんとなく「お金持ち」「豊かな富」「縁起がいい」というイメージが定着しています。そのゴールドを券面に用いていることが多いゴールドカードに対しても、同じようなイメージを抱いている人は多いでしょう。もしかしたら

man
ゴールドカードを出したら、店員さんがおっ!と思ってくれるのでは?

と期待する人もいるかもしれません。しかし、残念ながらそうは限らないのも事実です。そこで今回の記事は

  • ゴールドカードを出しても店員が反応するとは限らない3つの理由
  • 海外の場合は店員の反応がいい理由
  • ゴールドカードを持つときに気を付けるべきポイント

について解説しましょう。

理由1.ゴールドカード=高ステータスとは限らない

理由1.ゴールドカード=高ステータスとは限らない

そもそも、ゴールドカードを持っているからと言って、高ステータスであるとは限りません。もっとかみ砕いて言うと

  • 年会費の高いゴールドカードを持てるだけの財力がある
  • 厳しい審査に通るだけの信用力がある

という証明にはならない、ということです。

昔に比べると価値は下がっている

日本で初めてクレジットカードが発行されたのは1961年のことでした。前年に日本交通公社(現在のJTB)と富士銀行(現在のみずほ銀行)が設立した日本ダイナースクラブが、経営者、医師・弁護士などの専門職、大企業の社員などいわゆる富裕層に向けて発行を開始したのです。

その後、東洋信託銀行(現在の三菱UFJ信託銀行)、日本信販(現在の三菱UFJニコス)、三和銀行(現在の三菱UFJ銀行)によって設立された日本クレジットビューロー(現在のJCB)や住友銀行(現在の三井住友銀行)が設立した住友クレジットサービス(現在の三井住友カード)が日本国内においてクレジットカードの発行を始めました。

しかし、依然として「限られた富裕層向けのビジネス」であることには変わりませんでした。

そして、まだまだクレジットカードそのものが一般的でなかった1980年に、アメリカのクレジットカード会社、アメリカン・エキスプレスが日本でアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの募集を開始したのです。高度経済成長を遂げ、世界でも最も豊かな国の仲間入りを果たした日本の富裕層に向けて、これまでのクレジットカードとは一味違うサービスを提供するものとして、注目を集めました。

このような時代が続いたのであれば、ゴールドカードの希少価値も高かったかもしれません。

しかしその後

  • クレジットカード自体の発行枚数が増えてきた
  • 一般カードの上位カードとしてゴールドカードを発行するクレジットカード会社も増えてきた

ため、ゴールドカードは希少価値を失っていきます。

teacher
ちなみにこちらの表は、1987年から2019年までのクレジットカードの発行枚数をまとめたものです。約30年で倍以上に増えているのがわかりますよね。
年度枚数(万枚)
198711,036
198812,101
198914,447
199016,612
199118,696
199220,300
199321,452
199422,074
199522,751
199622,296
199723,367
199824,491
199924,597
200023,168
200124,459
200225,400
200326,362
200422,640
200523,271
200624,640
200725,279
200826,479
200927,261
201027,405
201127,068
201226,027
201325,979
201426,722
201525,890
201626,600
201727,201
201827,827
201928,394

参照:クレジット関連統計|クレジット関連資料|一般社団法人日本クレジット協会

参照:帝国書院 | 統計資料 公民統計 クレジットカードの発行枚数の変化

年会費無料、もしくは格安で作れるゴールドカードもある

今では、ゴールドカードは「一般カードに比べると条件は厳しいものの、飛びぬけて高い年収でなくても持てるもの」と言って構わないでしょう。年会費無料、もしくは数千円程度の格安で作れるゴールドカードも出現しているくらいです。

teacher
年会費無料のゴールドカードと、格安ゴールドカードの話は、こちらにまとめました。
同じゴールドカードであっても、年会費が1万円以上かかり、審査に通るのも難しいゴールドカードとは別物であるのがわかるはずです。

理由2.プラチナ、ブラックなら店員が反応する

理由2.プラチナ、ブラックなら店員が反応する
man
やっぱり、ゴールドってだけじゃあんまり大したことないんですね。
teacher
プラチナとかブラックなら、店員さんも「おおっ!」と思うかもしれませんけどね。

店員が反応する、という意味では、ステータス=会員ランクがプラチナやブラックであるほうが、効果は高いでしょう。

発行枚数も少ない分希少価値が高い

一般的なクレジットカードのステータスは、以下の通りです。一般→ゴールド→プラチナ→ブラックの順に、年会費も審査難易度も上がっていくと考えましょう。すでに触れた通り、一般カードやゴールドカードは比較的多く出回っているので、見る機会もあるはずです。しかし、プラチナやブラックになると、かなり出回る枚数も少なくなるので、見る機会も少ないでしょう。

teacher
お目にかかる機会が少ない分、びっくりはされるかもしれませんね。ちなみに、アメリカの投資銀行・JPモルガンは、ブラックカードのさらに上を行くカードとして「パラジウムカード」なるものを発行しているそうですよ。

プロパーのプラチナ、ブラックならよりレア

クレジットカードを「どんな会社が発行しているのか」という基準で分けると、以下の2つに分かれます。

  • プロパーカード:国際ブランド(決済システム)を運営する会社が自ら発行するクレジットカード
  • 提携カード:国際ブランドを運営する会社が外部の会社と提携して発行するクレジットカード

プロパーカードは、提携カードに比べると審査が難しいといわれています。これは、提携カードが「提携先の会社の商品、サービスの利用促進」を目的の1つに掲げて発行されるクレジットカードであることも関係しているのです。商品、サービスを使ってもらうのが目的である以上、許容される範囲内であれば、ある程度は審査のハードルを下げて「より多くの人にクレジットカードを持ってもらうこと」が求められます。

一方、プロパーカードにはそのような事情はないので「請求額をより確実に回収できるかどうか」を重視した審査が行われるのです。このような背景を考えると、提携カードのほうが、プロパーカードより審査に通りやすいといわれています。

言い換えると、同じプラチナカードであっても、提携カードのプラチナカードより、プロパーカードのプラチナカードのほうがレアと考えましょう。

理由3.ゴールドカードが嫌味と感じる人もいる

理由3.ゴールドカードが嫌味と感じる人もいる

従来に比べて価値は下がったとは言え、ゴールドカードにはある程度「お金持ち」「生活に余裕がありそう」というイメージも残っているのが事実です。だからこそ、扱いには注意しなくてはいけないことにも触れておきましょう。

尊大な態度はやはりNG

尊大な態度を表す俗語として「ドヤ顔」という言葉があります。

これは、関西弁で「どうだ、まいったか」を表す「どや」に由来する言葉で「自慢げな顔、誇らしげな顔」を意味すると考えましょう。

Twitterには「ゴールドカードをドヤ顔で出す人」に対する辛辣な批判が相次いでいます。


このような批判が出てくる理由について考えてみましょう。1つの理由として考えられるのは「ゴールドカードそのもの」より「他人への尊大な態度」でしょう。かつてはゴールドカードは特別なもの、と考えられていたため、そのイメージから「ゴールドカードを持てる自分は偉い」という錯覚を起こしてしまう人もいるはずです。その錯覚から他人に尊大な態度をとっていたのでは、やはり低評価につながります。

お金の話をすること自体が好まれない

また、日本においては、自慢するしないにかかわらず、お金の話をすること自体が好まれない傾向があるのも事実です。ゴールドカードを自慢するのも「お金の話をすること」の範疇に含まれるので、その行為自体が嫌、という人もいるでしょう。

teacher
お金の話をすること自体が好まれない、というのは、学校でお金のことを教わらない、という事情も関係していると思います。金融広報中央委員会が行っている「金融リテラシー調査」では、お金の教育=金融教育を受けたことがある、と答えた人は、全体の8.5%に過ぎなかったのです。
お金の話をすること自体が好まれない

出典:金融広報中央委員会 「金融リテラシー調査 2019年」の結果

若年層のゴールドカードへの風当たり

さらに、信じられない話かもしれませんが、年長者の中には「若年層がゴールドカードを持っている」ことに対して、あからさまな嫌悪感を持つ人もいるようです。これまでにも説明した通り、ゴールドカードは従来、年会費も審査難易度も今とは比較にならないほど高いものでした。その時のイメージでとらえてしまうと、若年層が持っているのは明らかに不自然、と考える人がいてもおかしくありません。

しかし、今では事情は全く変わり、ゴールドカードは「一般カードよりは難しいが、社会人として数年働いていれば、まったく不可能というものでもない」程度のものに変化しています。あからさまな嫌悪感を持つ人に対しては、そのような事情を説明して理解してもらうのが一番ですが、無理そうなら「気づかれないようにそっと出す」ほうが、もめごとも少ないでしょう。

teacher
店員さんの場合、仕事でやっているのだから、嫌悪感をむき出しにする人はめったにいないと思います。ただ、こういう話もあるんだよ、程度に思っていてください。個人的には、そんなことで怒るのもどうかと思いますけどね。

海外の場合は店員の反応がいい理由

海外の場合は店員の反応がいい理由
man
散々な結果ですね。でも、こういうのって海外だとどうなんでしょう?
teacher
ちょっと事情が違うみたいですよ。

ここまでの話を考えると、少なくとも日本では「ゴールドカードだからといって特別扱いしてもらえるわけでもない」ということが分かったはずです。しかし、海外の場合だとかなり事情が違うので、解説しましょう。

クレジットカードを持てる事実が信頼の証になる

クレジットカードを持つためには、銀行口座が必要なのは、どの国でも変わりません。つまり、銀行口座を作れなければクレジットカードも持てないという意味になります。日本でも銀行口座の新規開設ができないケースはありますが、どちらかといえば振り込め詐欺などの金融犯罪を防止するための措置としての意味合いが強いです。

しかし、外国の場合は若干事情が違います。わかりやすいのがアメリカなので、例にとって説明しましょう。

アメリカで銀行口座を開設するには、SSN(ソーシャルセキュリティナンバー)が必要です。

日本語では「社会福祉番号」といって、社会保障局が個人に発行する9桁の番号を指します。ちなみに、日本のマイナンバー制度は、このSSNをモデルにしています。

アメリカには日本のように戸籍制度がないので、個人を識別するための番号として重要な役割を果たしているのです。銀行口座の開設はもちろん、アパートを借りたり、携帯電話を契約したりするときなど、幅広い場面で使えます。しかし、このSSNは「合法的にアメリカで就労する=働く資格がある人」にしか発行されません。違法な手段を用いて入国した移民はもちろん、合法的に入国した場合でも「働く資格のない人」は、SSNがないのです。

厳密に言うと、ビザの種類によってSSNが発行されるか否かが変わります。留学生や駐在員の家族であっても、SSNが発行されるケースもあるのです。また、SSNがない場合であっても駐在員の家族など、一定の条件にあてはまれば、銀行口座が作れるケースもあります。

つまり、クレジットカードが持てる→銀行口座が持てる→SSNがある、という意味で、法的に認められたアメリカ国民、もしくは合法的に滞在できる人である、と認識されます。このような背景があるため「クレジットカードを持てる=相応の社会的信用がある」とみなされる風潮もやはりあるのです。

また、クレジットカードを持つことへのハードルが日本とは比較にならないほど高いため、一般カードより上のゴールドカードを持てるのは、ほんのごく少数の人ということになります。日本とアメリカとでは全く事情が違うため一概には比較できませんが「金色のカードを持っている=ゴールドカードである」と認識されるため、ホテルやレストランなどでゴールドカードを使うと、歓待されることも実際にあり得ると考えましょう。

teacher
特に、ラグジュアリーなホテルやレストランほど、その傾向は強いです。もし、海外旅行先でそのような場所に行く予定がある場合は、やっぱりゴールドカードを使うといいと思います。

ゴールドカードを持つときに気を付けるべきポイントは?

ゴールドカードを持つときに気を付けるべきポイントは?

最後に、ゴールドカードを持つときに気を付けるべきポイントについて考えてみましょう。特に、次の2つには気を付けてください。

  1. ステータス性の高いゴールドカードを選ぶ
  2. 礼儀正しい態度をとるようにする

1.ステータス性の高いゴールドカードを選ぶ

一口にゴールドカードといっても、年会費無料のものから数万円するものまで、千差万別です。また、券面に使われているのが金色であるだけで、実際は一般カードというクレジットカードも存在します。「相応のサービスが受けられるゴールドカードが欲しい」と思うなら、まずは情報収集をきっちりとし、ステータス性の高いゴールドカードを選びましょう。

teacher
できれば、プロパーカードのゴールドカードを選ぶのをおすすめします。こちらの記事でも紹介したので、参考にしてみてくださいね。

2.礼儀正しい態度をとるようにする

ゴールドカードを出した時に、店員に嫌がられる要素があるとすれば、ゴールドカードそのものより、その時の態度によるところが大きいでしょう。お金の扱い方には、その人の品性が出るといいます。ゴールドカードもお金の一部と考えると同じことです。

  • 店員に向かって投げつけるように置かない
  • 威圧的な態度をとらない

など、最低限の礼儀はわきまえるようにしましょう。

teacher
目に余ることをしなければ、店員さんだってそこまで嫌な思いはしないと思いますよ。