ステータス重視で選ぶプラチナカード5選。選び方、申し込み上の注意点も併せて解説

プラチナカードを持つからには

  • 社会的な信用が高いものを持ちたい
  • 人から「これはすごい」と注目されるものがいい
  • 年会費が高くても、相応のサービスが受けられるものがいい

と、ステータスを重視する人もいるはずです。それ自体は何も悪いことではないのですが

  • プラチナカードの選び方
  • プラチナカードに申し込む際の準備

にはやはり注意が必要です。そこで今回は

  • ステータス重視で選ぶプラチナカード5選
  • ステータス重視でプラチナカードを選ぶ際の選び方、申し込み上の注意点

について解説しましょう。

ステータス重視で選ぶプラチナカード5選

ステータス重視で選ぶプラチナカード5選

最初に、ステータス重視で選びたい人向けのプラチナカードとして

  1. アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  2. ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card
  3. 三井住友カード プラチナ
  4. JCBプラチナ
  5. TRUST CLUB ワールドカード

の5つについて解説しましょう。

1.アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

カード分類プラチナカード
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込方法郵送申込み
発行スピード通常1~3週間
年会費(税込)143,000円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)一律の利用制限なし
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)1.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=1マイル)
スカイマイル(1ポイント=0.8マイル)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージ楽天Edy
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:5,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)5,000万円(自動付帯:5,000万円)
ショッピング保険/国内利用(最大)500万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
100%(1/1)100万円30万円14.0日5.0

カードの特徴国際ブランドの1つ・American Expressのプロパーカードで、日本では1993年より日本法人のアメリカン・エキスプレス・インターナショナルにより募集を開始。2019年4月からは自身による申込にも対応したが、それまでは招待制だった。今でも高いステータスのプラチナカードとして有名。
招待制の有無
ラウンジ利用の有無【国内】主要空港のラウンジが利用できる。
【海外】アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションにより世界130ヶ国500空港1,200ヶ所以上のラウンジを利用できる。
コンシェルジュサービスの有無
海外旅行傷害保険の最高補償額最高1億円
上位カードアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

国際ブランドの1つとしても知られるアメリカン・エキスプレスが発行するプラチナカードです。日本では1993年から募集・発行を開始しましたが、2019年3月までは招待制をとっていたため、まずはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを使い、招待状が来るのを待つしかありませんでした。今でこそ、自分から申込手続きができますが、それでも審査に通るのがかなり難しいプラチナカードであることには変わりありません。

teacher
こちらの記事で、詳しくアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの話はしています!

2.ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card

[bizcard_luxurycard_blackcard-sum-mini]

カードの特徴もともとは、アメリカの富裕層向けのクレジットカードとしてスタート。日本では新生銀行傘下のクレジットカード会社、アプラスがライセンスを取得し募集・発行を行っている。国際ブランドMastercardの最上位である「ワールドエリート」に分類されるカードの1つでもある。
招待制の有無
ラウンジ利用の有無【国内】主要空港ラウンジが利用可能(同伴者は1名まで無料)
【海外】プライオリティ・パスの対象ラウンジが利用可能
コンシェルジュサービスの有無
海外旅行傷害保険の最高補償額最高1億2,000万円
上位カードラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardは、もともとはアメリカの富裕層向けクレジットカードですが、日本でも大手クレジットカード会社・アプラスがライセンスを取得し、募集・発行を行っています。ラグジュアリーと名前にあるように、とにかく特典が贅沢なのが特徴の1つです。

例えば、このカードを持っているだけで、ハワイアン航空の上級会員資格が得られてしまいます。

  • 優先チェックイン
  • ラウンジの利用
  • 座席の無料アップグレード
  • 寄託手荷物の無料範囲の拡大

などの特典が受けられるので、同社のフライトを使う場合は、ぜひ活用しましょう。

また、海外旅行傷害保険の最高額は、1億2,000万円と、他のプラチナカードと比べてもかなり高いです。「とにかく海外旅行傷害保険の金額は高い方がいい」という人なら、このカード一択かもしれません。

3.三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナ

カード分類プラチナカード
国際ブランドVISA、Mastercard
申込方法-
発行スピード最短3営業日
年会費(税込)55,000円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)
ポイント還元率(下限)0.50%
ポイント還元率(上限)2.50%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=3マイル、100ポイント以上100ポイント単位)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy、WAON(オートチャージ可)、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:10,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:10,000万円)
ショッピング保険/国内利用(最大)500万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度

カードの特徴日本で初めて国際ブランドとしてVisaが付帯したクレジットカードを発行した三井住友カードのプロパーカード。三井住友カードはVisaの最上位資格「Visaインフィニット」が付帯したカードを現状発行していないため、事実上、これが三井住友カードの最上位カードとなる。
招待制の有無
ラウンジ利用の有無【国内】主要空港ラウンジが利用可能
【海外】プライオリティ・パスの対象ラウンジが利用可能
コンシェルジュサービスの有無
海外旅行傷害保険の最高補償額最高1億円
上位カードなし

国内の大手クレジットカード会社・三井住友カードの最上位カードとして扱われているプラチナカードです。国際ブランドはVisaかMastercardから選べますが、追加料金を支払うことで2枚持ちもできるようになります。

このカードならではの特典として、空港以外の場所で使えるラウンジが充実していることでしょう。いくつか例を紹介します。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 三井住友カード ラウンジサービスユニバーサル・スタジオ・ジャパン内にある専用ラウンジが利用できる(事前予約が必要)。
D’sラウンジトーキョー大丸東京店にある専用ラウンジが利用できる。
プライベートラウンジ名古屋市栄地区にて三井住友銀行が運営する「SMBCパーク栄」内のラウンジが利用できる。

4.JCBプラチナ

JCBプラチナ

カード分類プラチナカード
国際ブランドJCB
申込方法-
発行スピード-
年会費(税込)27,500円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)0.50%
ポイント還元率(上限)1.50%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
JALマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限15,000ポイント)
スカイマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージQUICPay利用、楽天Edy
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:10,000万円)
ショッピング保険/国内利用(最大)500万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度

カードの特徴国際ブランドの1つとしても有名なクレジットカード会社・JCBが発行するプラチナカード。年会費は2万円台と比較的安いが、専用ラウンジが利用できるなど、プラチナカードとしてのサービスは充実。また、最上位カード「JCB THE CLASS」へのインビテーションも利用状況次第で受け取れる。
招待制の有無
ラウンジ利用の有無【国内】主要各空港のラウンジが利用可能。
【海外】プライオリティ・パスの対象ラウンジが利用可能
コンシェルジュサービスの有無
海外旅行傷害保険の最高補償額最高1億円
上位カードJCB THE CLASS

日本発の国際ブランドとしても有名なカード会社・JCBが発行するプラチナカードです。年会費は25,000円と比較的安いですが、プラチナカードで利用できる

  • 補償額の大きい海外旅行傷害保険
  • 国内外の空港ラウンジ利用
  • 提携ホテル、レストランでの優待
  • コンシェルジュサービス
  • 空港宅配サービス

などのサービスは一通りそろっています。そして、特筆すべきは、JCBの最上位カードである「JCB THE CLASS」へのインビテーションが送られてくる対象カードの1つであることでしょう。詳しい基準は明らかにはされていませんが、数年間の利用実績を積み重ねるのがまずは基本のようです。

teacher
本気でブラックカードを持ちたいなら、まずはJCBプラチナから始めましょう。

5.TRUST CLUB ワールドカード

カードの特徴三井住友信託銀行傘下の三井住友トラストクラブが発行。Mastercardの上位会員資格である「ワールド」の1つにも数えられている。公式ホームページには、入会の目安として「25歳以上、年収400万円以上」と記載されている。
招待制の有無
ラウンジ利用の有無【国内】主要空港のラウンジが利用可能。
【海外】プライオリティ・パス、ラウンジ・キーの対象ラウンジが利用可能。
コンシェルジュサービスの有無
海外旅行傷害保険の最高補償額最高7,000万円
上位カードTRUST CLUB ワールドエリートカード

三井住友信託銀行傘下のカード会社である三井住友トラストクラブが発行しています。Mastercardの上位会員資格である「ワールド」の1つにも数えられているカードです。

年会費は12,000円(税抜)とここで紹介したプラチナカードの中ではもっとも安いですが

  • コンシェルジュサービスがない
  • 海外旅行傷害保険の最高補償額が7,000万円である

など、やや物足りない部分があるのも事実です。それでも紹介したのは、最上位カードである「TRUST CLUB ワールドエリートカード」を申し込む際に有利になるという観点からでした。公式ホームページにもあるように「25歳以上かつ年収400万円以上」であれば申し込めるので、早いうちにブラックカードに相当する「TRUST CLUB ワールドエリートカード」を手にする準備が始められます。

ステータス重視でプラチナカードを選ぶ際の選び方、申し込み上の注意点

ステータス重視でプラチナカードを選ぶ際の選び方、申し込み上の注意点

ステータス重視でプラチナカードを選ぶ際には、いくつか気を付けなければいけないことがあります。

  1. できるだけプロパーカード、もしくはそれに近いものを選ぶ
  2. 国際ブランドの上位ステータスに位置するプラチナカードを選ぶ
  3. 上位カードとしてブラックカードに相当するものがあるか確認する
  4. 年会費は総じて高いことに注意する
  5. 審査はかなり厳しいので注意する

の5点について解説しましょう。

1.できるだけプロパーカード、もしくはそれに近いものを選ぶ

プラチナカードを含め、クレジットカードを「どんな会社が発行しているのか」という視点で分けた場合、提携カードとプロパーカードに分かれます。

提携カード国際ブランド(決済システム)を運営する会社が外部の企業と提携し発行する。主に、提携先となる企業の商品、サービスの拡販につなげる狙いがある。
プロパーカード国際ブランド(決済システム)を運営する会社が自らの名を冠し発行する。

なお、国際ブランドのうち、VisaとMastercardは、正式なプロパーカードを発行していません。しかし

  • ある国で初めてその国際ブランドが付帯したクレジットカードを正式に発行した会社が発行するもの(例:Visaと三井住友カード)
  • 国際ブランドの上位ステータスに位置するカードとして正式に認められたもの(例:ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card、TRUST CLUB ワールドカード)

などが、プロパーカードに近い存在として扱われる慣習があるのも事実です。

2.国際ブランドの上位ステータスに位置するプラチナカードを選ぶ

VisaやMastercardは、いわゆるプロパーカードを発行していません。しかし、提携カードを発行している会社の一部に対しては、その国際ブランドの上位ステータスに属するカードを発行することを許可しています。

Mastercardの場合は、以下の6ランクが用意されています。

  1. ワールドエリートMastercard
  2. ワールドMastercard
  3. プラチナMastercard
  4. チタンMastercard
  5. ゴールドMastercard
  6. スタンダードMastercard

今回紹介した「ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card」は最上位の「ワールドエリート」、TRUST CLUB ワールドカードは上から2番目の「ワールド」に該当するプラチナカードです。これだけの上位ステータスになれば、国際ブランド独自の特典も非常に充実しています。

また、Visaにも最上位の資格として「Visa Infinite」が存在します。しかし、2020年9月現在、日本でこの資格が付帯したクレジットカードは、静岡県の地方銀行・スルガ銀行が発行しているものしかありません。しかも、同銀行で取引がある人を対象にした招待制なので、なかなか手に入れるのは難しいでしょう。

3.上位カードとしてブラックカードに相当するものがあるか確認する

ステータス重視であれば、上位カードとしてブラックカードに相当するものがあるかを確認しましょう。今回紹介した5つのカードのうち、三井住友カード プラチナ以外は上位カードが用意されています。対応表を作成しました。

プラチナブラック
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
JCBプラチナJCB THE CLASS
TRUST CLUB ワールドカードTRUST CLUB ワールドエリートカード

将来的に、ブラックカードを持ちたいと思うなら、まずはプラチナに相当するカードで利用実績を積み上げた上で、カード会社からのインビテーション(招待状)を待つのが一般的な流れです。ここで紹介しているもの中では

  1. ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card
  2. TRUST CLUB ワールドエリートカード

の2つは招待状がなくても申し込めますが、やはり、下位カードに相当するプラチナカードでの利用履歴があった方が、審査において有利でしょう。

4.年会費は総じて高いことに注意する

一口にプラチナカードといっても、年会費が2~3万円程度のものから10万円を優に超えるものまで様々です。しかし、ステータスの高さを目当てにしてプラチナカードを選ぶなら、ある程度は年会費の出費が生じることは覚悟した方がいいでしょう。ここで、今回紹介したプラチナカードについて、年会費をまとめてみました。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード130,000円(税抜)
ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card100,000円(税抜)
三井住友カード プラチナ50,000円(税抜)
JCBプラチナ25,000円(税抜)
TRUST CLUB ワールドカード12,000円(税抜)

リーズナブルにしたいならJCBがねらい目

man
さすがに10万はきついです。どこのカードを選ぶのがいいんですか?

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードやラグジュアリーカード/Mastercard Black Cardの場合、年会費が10万円を超えてしまいます。年会費を抑えつつ、プラチナカードのサービスを満喫し、しかもブラックカードへの足掛かりにするなら、おすすめなのはJCBプラチナです。年会費こそTRUST CLUB ワールドカードより高いですが

  • 付帯サービスが充実している
  • ブラックカードである「JCB THE CLASS」になった場合も年会費はそこまで高くない(5万円(税抜))
  • JCBが自社で発行する純然たるプロパーカードである

などの点を考えると、コストパフォーマンスが高く、しかもステータス性もあるカードといえるでしょう。

teacher
もちろん、人それぞれに好みはあると思います。JCBは日本人があまり行かない海外の都市だと弱いという欠点もありますが、一般カードで十分なので、VisaやMastercardのクレジットカードを持っていくことで十分カバーできますよ。

5.審査はかなり厳しいので注意する

クレジットカード自体は、一般に普及して随分とたつので、昔に比べると審査に通りやすくなっているのが事実です。ただし、プラチナカードに関しては

  • 利用限度額を高く設定できる商品だからこそ、申込者の支払能力を慎重に見極める必要がある
  • イメージを保つためにも、審査を厳しくし、発行数をコントロールする必要がある

などの事情により、審査は依然として難しいでしょう。特に、経営上許容される範囲までであればある程度会員数を増やすことを優先する提携カードに比べ、プロパーカードの方が、審査は厳しくなる傾向にあります。何をどうすれば審査に通るのかは、100%大丈夫という確証はないため、断言できません。しかし、最低限やっておくべきこととして

  1. 分割払い、リボ払い、キャッシングは繰り上げ返済する
  2. ローンや奨学金、携帯電話の分割代金も含め、延滞・滞納がないか確認する
  3. 直近のクレジットカードの申し込みから最低でも半年間はあける

の3つを紹介しましょう。

1.分割払い、リボ払い、キャッシングは繰り上げ返済する

今、使っているクレジットカードで分割払いやリボ払い、キャッシングの残高があるようなら、なるべく早めに繰り上げ返済をし、残高を0にしましょう。0にするのは難しい場合でも、できる限り繰上げ返済をして、残債を減らしておくと効果的です。

クレジットカード会社にとって、これらの残債があるということは、それだけ支払能力に影響を及ぼすことを表しています。「この人には相応の支払能力がない」と判断されたら、審査にはまず通りません。分割払いやリボ払い、キャッシングの残高はとにかく減らしておくのを第一に考えましょう。

ローンや奨学金、携帯電話の分割代金も含め、延滞・滞納がないか確認する

クレジットカード以外にも気を付けるべきなのが、ローンや奨学金、携帯電話の分割代金など、お金の貸し借りを伴う取引です。延滞・滞納を繰り返していた場合も、そのことがネックになって審査に落ちるというのは、割とよくある話でしょう。毎月問題なく払えていたなら特に気にする必要はありませんが「お金がなくて滞納した記憶がある」などの場合は、すぐに貸出元に連絡し、状況を確認してください。

また、一度自分の個人信用情報を確認し、何かおかしなところはないか確認するのも1つの手段です。個人信用情報とは、クレジットカードやローンのように、お金の貸し借りに関する取引の記録です。個人信用情報機関と呼ばれる企業・組織がデータベースとして取りまとめています。そして、簡単な手続きで自身の個人信用情報を照会することが可能なので「自分はどうなっているのか不安」と思うなら、一度手続きをしてみるといいでしょう。

teacher
調べ方は、こちらの記事で書いたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

直近のクレジットカードの申し込みから最低でも半年間はあける

個人信用情報には、クレジットカードの申し込み状況も記録されます。新規にクレジットカードを申し込んだ場合、その記録が半年間は個人信用情報に残る仕組みです。旧に海外出張に行くことになったなど、どうしてもクレジットカードがないといけない事情がない限りは、直近のクレジットカードの申し込みから最低でも半年間はあけるようにしましょう。

クレジットカード会社の担当者は、短期間にあまりに頻繁にクレジットカードの申し込みがあった場合は「この人は、何かお金に困っているのでは」と判断します。当然、審査においては非常に不利です。それでも、緊急でクレジットカードが必要にある事情は「お金がない」以外にも考えられるので、半年間に2枚までなら通る可能性もあるでしょう。しかし、3枚以上となると、プラチナカードであるかないかに関わらず、まず通りません。