三井住友カードが新カード「三井住友カード プラチナプリファード」の募集を開始。ポイ活もできる高ステータスカードの詳細は?

三井住友カードは、新しいプラチナカードとして「三井住友カード プラチナプリファード」の募集を開始しました。基本ポイント還元率が1.0%という、近年ではかなりの高還元率のこのカードについて、詳細をお伝えしましょう。

三井住友カード プラチナプリファードの基本情報

三井住友カード プラチナプリファードの基本情報

出典:プラチナプリファード | 三井住友カード

最初に、三井住友カード プラチナプリファードについて、基本情報をまとめました。

年会費本会員:30.000円(税抜)
※家族会員は無料
申し込み対象原則満20歳以上
本人に継続安定収入がある
利用可能枠総利用枠:原則150万円
カード利用枠(カードショッピング):原則150万円
リボ・分割・2回・ボーナス一括払い利用枠:0~200万円
キャッシング利用枠:0~100万円
支払方法1回/2回/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
支払日15日締め10日払い/月末締め翌月26日払い
付帯国際ブランドVisa

プリファードストアとは?

プリファードストアとは?

出典:プラチナプリファード | 三井住友カード

近年、高いポイント還元率を誇ることで有名なクレジットカードのポイント還元率の切り下げが目立ちます。クレジットカードのポイント還元率は一般的に0.5%~1.0%程度といわれ、これを上回るようであれば「ポイント還元率の高いクレジットカード」と称されてきました。

しかし、1.0%を上回るクレジットカードがどんどん少なくなっている以上、基本ポイント還元率が1.0%確保されているだけでも御の字かもしれません。

三井住友カード プラチナプリファードは基本ポイント還元率1.0%を誇るカードですが、さらにお得に使うために知っておきたい「プリファードストア」について知っておきましょう。

プリファードストアとは

簡単にいうと「特約店」のことです。つまり、プリファードストアとして登録された店舗・サービスを利用する際に、三井住友カード プラチナプリファードで支払いを済ませると、本来のクレジットカード決済によるポイント1.0%に上乗せして、利用額の1.0%~9.0%が追加ポイントとして上乗せされる仕組みと考えましょう。

teacher
以下のお店が、プリファードストアとして登録されています!他にもいろいろありますが、一部だけ抜粋しますね!
大分類サービス名追加ポイント
宿泊予約サイト一休.com6.00%
Expedia9.00%
Hotels.com9.00%
交通ANA(全日本空輸)1.00%
ETC2.00%
Japan Taxi4.00%
百貨店大丸松坂屋2.00%
阪急百貨店2.00%
阪神百貨店2.00%
ライフスタイル蔦屋書店2.00%
コンビニエンスストアセブンイレブン2.00%
ファミリーマート2.00%
ローソン2.00%
teacher
その他のお店は、公式サイトから確認できます。

ポイントは何に交換できる?

いくらポイントが貯まったとしても、自分が欲しいと思うものに交換できなければ、あまり意味がありません。しかし、三井住友カード プラチナプリファードでは、貯まったポイントを様々な商品に交換できます。交換先を見てみましょう。

iDバリュー1ポイント=1円で「三井住友カードiD」利用代金に充当できる
オンラインギフトカードに交換1ポイント=1円分としてオンラインギフトカードに交換できる
例)Amazon.co.jpギフト
App Store&iTunesギフトコード
Google Playギフトコード
キャッシュバック1ポイント=0.6円分としてカード利用代金に充当できる
景品に交換三井住友カード所定の景品に交換できる
例)VJAギフトカード
キッチン用品
生活家電
マイレージ移行1ポイント=0.6マイルでANA(全日本空輸)のマイルに移行できる
他社ポイントサービス他社ポイントマイルに移行できる。レートはポイントによって異なるので要確認。
例)楽天ポイント:1ポイント→1ポイント
Tポイント:1ポイント→0.8ポイント
dポイント:1ポイント→1ポイント
Pontaポイント:1ポイント→0.8ポイント
nanacoポイント:1ポイント→0.8ポイント
三井住友銀行の振込手数料割引インターネットバンキング「SMBCダイレクト」を利用する際に、振込手数料の割引に利用できる。3割引、5割引、全額割引のいずれかから選択可能
Vポイントモール公式ポイントサイト「Vポイントモール」での買い物に使えるVポイントモールポイントに交換できる