三井住友カードが新サービス「Wallet」「かぞくのおさいふ」をリリース。同社が提供する「新たなキャッシュレス決済エクスペリエンス」とは?

国内大手カード会社の1つ・三井住友カードは2020年1月に発表した同社発行カード(プロパーカード)の全面デザインリニューアルとともに、新たなサービスとして「Wallet」「かぞくのおさいふ」を開始することも発表しました。

Walletとは?

Walletとは?

出典:三井住友カード、新たなキャッシュレス決済エクスペリエンスを提供~お客さまの快適なキャッシュレスライフを見据えた「安心」「便利」の新しいスタンダードをご提案~

三井住友カードでは、会員向けのアプリとして、従来より「三井住友カードアプリ」を提供してきました。アプリでは

  • カード利用履歴の確認
  • 支払口座残高の確認
  • 様々な変更手続

など、会員向けのサービスを幅広く提供してきましたが、これをさらに進化させたアプリとして「Wallet」を2020年3月より公開するとのことです。

teacher
どんな機能が新たに加わるのか、解説しましょう。

これ1つで何でも管理できる

こちらの画像をご覧ください。

Walletでは

  • 三井住友カード
  • 他社発行のカード
  • 電子マネー
  • ポイントカード
  • Visaプリペイド
  • 銀行口座

など「お金に関連した」情報が、1つのアプリで確認できます。

man
何個もアプリをインストールするのは、正直大変なので助かります!

利便性・安心の実現

クレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済は非常に便利な反面

  • 使いすぎてしまいがち
  • 引落日に銀行口座の残高が足りなかった
  • いつの間にか不正利用されていた

など、注意して使わないと思わぬトラブルに巻き込まれるという欠点があります。

しかし、Walletアプリでは、以下の機能を実装しているので、トラブルを未然に防ぐのに役立つはずです。

利便性・安心の実現

出典:三井住友カード、新たなキャッシュレス決済エクスペリエンスを提供~お客さまの快適なキャッシュレスライフを見据えた「安心」「便利」の新しいスタンダードをご提案~

ご利用通知カードの利用がある度にリアルタイムでプッシュ通知が届く。
あんしん利用制限「海外利用」「インターネットショッピング」「すべてのカード利用」の区分に分けて、利用停止設定ができる。
使いすぎアラート会員が任意に設定した利用上限金額を超えると、プッシュ通知が届く。
口座残高不足アラートカードの引き落とし額と銀行口座の残高を比較し、残高が不足していた場合アラートが表示される。

「かぞくのおさいふ」とは?

「かぞくのおさいふ」とは?

三井住友カードは、2020年3月から新サービスとして「かぞくのおさいふ」を開始します。これは、クレジットカードとVisaプリペイドカードの長所を融合させた新しい決済サービスであるとのことです。

家庭におけるお金の管理の重要性

家庭において、一度に多額の支出が必要になるライフイベントは数多く存在することを考えると、お金の管理は非常に重要です。一例として挙げられるのが、教育費です。

例えば、幼稚園から高校までの教育費を考えると、全部公立だった場合でも約540万円、全部私立だった場合は約1,770万円と、いずれにしても決しては安くはありません。

参照:文部科学省「平成28年度子どもの学習費調査の結果について」

また、大学の初年度納入金も、私立大学の場合は約133万円とある程度まとまった金額を用意しなくてはいけません。

参照:私立大学等の平成29年度入学者に係る学生納付金等調査結果について:文部科学省

だからこそ、無駄遣いを防ぐためにも、家計をきっちり管理することが大事ですが、現金でやりくりするのも、クレジットカードでやりくりするのも、一長一短というのが現実です。

現金でのやりくり・用途がわかりにくい
・収入に見合った適正な支出の把握が困難
クレジットカードでのやりくり・プライベートの利用が混在する
・使いすぎがち

また、子どものお小遣いも熟慮しなくてはいけない事項の1つです。

現金で渡すのは気軽である反面

  • 子どもが何に使っているかわからない
  • 紛失、盗難のリスクがある

など、欠点も確かにあります。

「それならクレジットカードで?」と思いがちですが、年齢制限がある上に、使いすぎる恐れもあるため、現金が抱える問題をすべて解決できるとは言えません。

「かぞくのおさいふ」のコンセプト

このような問題を解決するプラットフォームとして「かぞくのおさいふ」がリリースされます。仕組みは以下の通りです。

・家族で共有している家計を「かぞくのおさいふ」1つに集約
・家計の管理者は予め、毎月の家族のご利用予定額をクレジットカードで「かぞくのおさいふ」に入金
(チャージ)
・「かぞくのおさいふ」から、お小遣いや仕送りとして家族の「個々のおさいふ」に入金
・家族は入金された範囲で Visa のプリペイドカードを利用
※本サービスは6歳以上(小学生以上)の方であればカードをお持ちいただけます。
・家計の管理者は、利用通知メールやアプリを通じて家族のお金の流れを見守り、快適に管理

出典:三井住友カード、新たなキャッシュレス決済エクスペリエンスを提供~お客さまの快適なキャッシュレスライフを見据えた「安心」「便利」の新しいスタンダードをご提案~

「かぞくのおさいふ」が利用できるケースとして

  • 子どものお小遣い
  • 夫婦の家計管理

が紹介されています。

「かぞくのおさいふ」のコンセプト

出典:三井住友カード、新たなキャッシュレス決済エクスペリエンスを提供~お客さまの快適なキャッシュレスライフを見据えた「安心」「便利」の新しいスタンダードをご提案~

その他の機能

また、これ以外にも「かぞくのおさいふ」には、次の機能が備えられています。

ご利用通知サービス家族がカードを利用すると、本人と家計管理者宛てにメールで通知が届き、利用内容と残高を簡単に把握できる。
夫婦で共通のおさいふ家計管理者として夫婦で残高を共有できる。
あんしん利用制限サービスカード紛失時の際のロックや、海外利用、インターネット利用など、一定の条件下で利用停止ができる。
オートチャージお小遣い、仕送りなど決まった金額を毎月自動入金できる。また、残高が指定金額を下回った場合も自動で入金できる。
アプリとの連携カード利用明細や残高を、アプリでリアルタイム確認できる。
残高のおまとめ家族間で残高を送りあうことができる。

「新たなキャッシュレス決済エクスペリエンス」とは?

今回の記事では

  • 新アプリ「Wallet」
  • 新サービス「かぞくのおさいふ」

について紹介しました。どちらも「あったら便利だけど、なかなかない」機能が詰まったアプリ・サービスです。従来よりもっと快適にキャッシュレスを使えるという意味では、やはり「新たなキャッシュレス決済エクスペリエンス」と言えるでしょう。

teacher
斬新なデザインをはじめ、これからどんな新しいサービスが出てくるのか、注目したいですね!デザインの件は、以下の記事でも紹介しています。

より詳しい情報は、公式サイト上のプレスリリースも併せて確認してくださいね。