決済アプリ・Kyashが2020年10月1日からポイントプログラム導入へ。開始前にKyashの基本をおさらいしよう

決済アプリ「Kyash」を提供している株式会社Kyashは、2019年10月1日よりポイントプログラムとして「Kyashポイント」の提供を開始することを明らかにしました。簡単に言うと、Kyashで決済すれば、決済金額に応じたポイントが付与され、残高にチャージすることで、買い物や送金に使えるようになるプログラムです。

ところで、Kyashってなに?

ところで、Kyashってなに?

Kyash Visaカード

発行会社株式会社 Kyash
国際ブランドVISA
カード種類プリペイドカード
登録可能カードクレジットカード(VISA、Mastercard)、デビットカード(VISA、Mastercard)
リアルカード
バーチャルカード
モバイル決済○QUICKPay
年会費(税別)0円
審査なし
発行期間リアルカード:数日
バーチャルカード:即時発行
登録可能カード枚数5枚
ポイント還元率下限0.50%
ポイント還元率上限1.00%
ポイント有効期限180日
リアルタイム送金
1日最大利用限度額リアルカード:5万円
バーチャルカード:3万円
1カ月最大利用限度額リアルカード:12万円
バーチャルカード:12万円
woman
……先生、Kyashってなんですか?
fp
この際だから、詳しく説明しましょうか。

本来はプリペイド式のVisaカード

Kyashは、本来はプリペイド式のVisaカードで、次の2種類が発行できます。
リアルカード普通のカードとして発行されるもの。街中およびオンラインのVisa加盟店で利用可能。
バーチャルカードアプリ上で動くカードとして発行されるもの。オンラインのVisa加盟店でのみ利用可能。

最大5枚までカードが登録できる

Kyashの特筆すべき点は、バーチャルカードから操作を行うことで、最大5枚までクレジットカード・デビットカードが登録できることでしょう。

次の条件を満たすクレジットカード・デビットカードなら、登録可能です。

  • 本人名義のカードである
  • 国際ブランドはVisa、Mastercardのいずれか
  • 有効期限内で、利用停止措置が取られていない

自分用の支出と家計用の支出を分けるためにクレジットカードを使い分けたい場合でも、アプリ上ですぐに切り替えることができるので、何かと重宝するでしょう。

また、事前にコンビニ・セブン銀行ATM・銀行ATMからでもチャージが可能です。「現金は持ち歩きたくないけど、現金払いをしたい」という人でも、事前にチャージをしておけば、現金を持ち歩かずに現金払いができるというメリットがあります。

fp
現金でのチャージが前提になりますが、小学生のお子さんでもKyashは作れますよ!

その他の便利な機能

加盟店での支払い以外にも、以下のような便利な機能を兼ね備えています。

割り勘・送金機能Kyashアカウントを持っている知人同士でなら、いつでもどこでも手数料無料でリアルタイム送金ができる。
各種セキュリティKyash Visaカードの利用をアプリからロックできるため、紛失・盗難に備えられる。また、アプリ上のカード情報も非表示にできる。

Kyashポイントとは?

Kyashポイントとは?

出典:10月1日より「Kyashポイント」がスタート。同時にキャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元… – Kyash NEWS

Kyashが何かを解説したところで、10月1日から開始するKyashポイントに話を移しましょう。

決済と同時にポイントが付与される

Kyashポイントとは、いわゆるポイントプログラムのことです。

カードの種類ごとに、

  • ポイントの付与率
  • 対象となる取引
  • 対象外となる取引

についてまとめました。

リアルカードバーチャルカード
ポイントの付与率決済金額の1%(小数点未満切り捨て)決済金額の0.5%(小数点未満切り捨て)
対象となる取引オンライン決済または実店舗決済オンライン決済
対象外となる取引QUICPayによる決済、その他同社が定める取引

なお、付与されたポイントはKyashの残高にチャージし、すぐにVisa加盟店での買い物・送金に使えます。

キャッシュレス・消費者還元事業にも対応

また、10月1日から、キャッシュレス・消費者還元事業が開始しますが、この事業における支払い手段としてもKyashは利用可能です。対象となる店舗の買い物であれば、本来のKyashポイントに加えて、5%もしくは2%の消費者還元ポイント(これもKyashポイントで付与)が受けられます。

なお、QUICPayでの支払いであっても、キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる加盟店での利用分については、Kyashポイントの還元の対象になるので、覚えておきましょう。

ニュースに関する考察

国際ブランドとしても有名なクレジットカード会社・JCBが2018年に発表した「クレジットカードに関する総合調査」によれば、日本人のクレジットカードの平均保有枚数は3.2枚とのことです。

参照:【クレジットカードに関する総合調査】2018年度版 調査結果レポート

この数字だけ見れば、クレジットカードを複数保有している人はやはり多いのでしょう。複数枚保有し、目的ごとに使い分けている人もいるはずです。しかし、実際にそのすべてのクレジットカードを持ち歩くとなると、それなりに大きな財布が必要になります。できれば荷物を少なくしたい場合には、やはりマイナスでしょう。

その点、Kyashならあらかじめバーチャルカードで情報を切り替えておけば、リアルカード1枚のみで、クレジットカードを使い分けることができます。

  • 家計管理を楽にしたい
  • 荷物はできれば少なくしたい
  • ポイントが貯まるとなおうれしい

という人は、ぜひ一度使ってみましょう。なお、現状、JCB・AMEX・ダイナースのカードをKyashに紐づけて使うことはできません。もし、これらの国際ブランドのカードをメインカードにしていて、なおかつKyashを使ってみたいなら、ポイント付与率が高いこちらのカードをお勧めします。

リクルートカード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、銀聯(UnionPay)
申込方法Web申込み
発行スピード-
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.20%
ポイント還元率(上限)3.20%
交換可能マイル-
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージ楽天Edy、nanaco、Suica
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円
ショッピング保険/国内利用(最大)200万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
80%(4/5)46万円4万円8.2日3.8

Kyashを使ったポイント三重取りの方法も、こちらから読めますよ!