JCB CARD W / JCB CARD W plus L新規入会でApple Pay / Google Pay利用金額の20%還元キャンペーンを4月1日(水)より開始。両カードの特色、違いを解説

国内大手クレジットカード会社の株式会社ジェイ・シー・ビー(以下JCB)は、同社のクレジットカードであるJCB CARD W / JCB CARD W plus Lの新規入会者向けに、モバイル決済のApple Pay / Google Payの利用金額について、20%還元するキャンペーンを2020年4月1日(水)から開催することを発表しました。

キャンペーンの概要

キャンペーンの概要

出典:高いポイント還元率、年会費無料のクレジットカード JCB CARD W | クレジットカードなら、JCBカード

今回のキャンペーンについて

  •  対象となるカード
  •  参加条件
  •  対象となる期間

などの概要をまとめました。

対象となるカード

次の2つです。

  1.  JCB CARD W
  2.  JCB CARD W plus L

JCB CARD W

カード分類一般カード
国際ブランドJCB
申込方法-
発行スピード-
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)1.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
JALマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限15,000ポイント)
スカイマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージQUICPay利用、楽天Edy
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
ショッピング保険/国内利用(最大)-
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
75%(6/8)21万円18万円11.8日3.8

JCB CARD W plus L

カード分類一般カード
国際ブランドJCB
申込方法-
発行スピード-
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)1.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
JALマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限15,000ポイント)
スカイマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージQUICPay利用、楽天Edy
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
ショッピング保険/国内利用(最大)-
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
100%(4/4)40万円40万円8.8日4.3

参加条件

次の3つを所定の期間内に済ませる必要があります。

  1. 対象となるカードに新規入会する
  2. 会員専用アプリの「My JCBアプリ」にログインする
  3. 対象となるカードをApple PayまたはGoogle Payに設定する

3つをすべて済ませれば、利用額の20%のキャッシュバックが受けられます。

なお、キャッシュバックの上限額は5,000円です。2020年9月10日(木)の支払い時にキャッシュバックが受けられます。

対象となる期間

対象となる期間は、以下の通りです。

  • 入会期間:2020年4月1日(水)~5月31日(日)
  • アプリへのログイン、Apple PayおよびGoogle Pay利用期間:2020年7月15日(水)まで

その他の注意点、詳細はキャンペーンの公式ホームページから確認しましょう。

JCB CARD W / JCB CARD W plus Lの特色と違い

JCB CARD W / JCB CARD W plus Lの特色と違い

出典:高いポイント還元率、年会費無料のクレジットカード JCB CARD W | クレジットカードなら、JCBカード

今回のキャンペーンの対象となっているのは、JCBが「JCBオリジナルシリーズ」として発行している

  1.  JCB CARD W
  2.  JCB CARD W plus L

の2つです。これらのカードについて、特色と両者の違いを解説しましょう。

いわゆる「プロパーカード」である

クレジットカードを「どんな会社が発行しているのか」で大きく分類すると、次の2つに分かれます。

  • プロパーカード:国際ブランド(決済システムを提供している会社)が自らのブランド名を冠して発行しているクレジットカード
  • 提携カード:国際ブランドと外部の企業が提携し、外部の企業名を冠して発行しているクレジットカード

審査の難易度やステータス性という意味では、提携カードよりもプロパーカードの方が優れているといわれています。提携カードには「その会社の商品、サービスの拡販につなげる」という意味がある以上、やや間口を広くして会員を募集する必要があるためです。

JCB CARD W およびJCB CARD W plus Lは、いずれも「JCBオリジナルシリーズ」というプロパーカードの一種です。将来にわたってステータス性の高いクレジットカードを持ちたいという人は、このカードからクレジットヒストリー(クレジットカードの利用履歴)を積み上げていくといいでしょう。

18歳から39歳限定のクレジットカード

JCB CARD W およびJCB CARD W plus Lは、入会できる年齢に制限が設けられています。18歳から39歳までなので、自分の年齢が範囲から外れているようなら、残念ながら申し込めません。しかし、範囲内であれば、年会費無料でJCBのプロパーカードが持てるチャンスでもあるので、申し込む価値はあるでしょう。

ポイントは常に2倍

本来、JCBオリジナルシリーズであれば利用額1,000円(税込)ごとに1ポイント(OkiDokiポイント)が貯まります。しかし、JCB CARD W およびJCB CARD W plus Lの場合、利用額1,000円(税込)につき2ポイント貯まるのです。

さらに、JCBオリジナルシリーズには、特約店として「JCBオリジナルシリーズパートナー」が設けられています。指定された店舗で買い物をし、JCBオリジナルシリーズに属するクレジットカードで支払うと、ポイントがさらに上乗せされる仕組みです。

有名なところでは

  •  スターバックスコーヒー:同社のプリペイドカード「スターバックスカード」へのオンライン入金でポイントが10倍になる
  •  セブン-イレブン:支払いに所定のカードを使うとポイントが3倍になる
  •  Amazon.co.jp:支払いに所定のカードを使うとポイントが3倍になる

等が挙げられます。

JCB CARD W とJCB CARD W plus Lの違い

JCB CARD W およびJCB CARD W plus Lは基本的には同じカードですが、JCB CARD W plus Lの方には女性をターゲットにした次の特典がついています。

  • 女性向けの優待、プレゼント情報:ネイルサロンの体験、提携ホテルでの優待プランの案内などが受けられる
  • 女性向け保険「お守リンダ」:乳がん・子宮がんなどの女性疾病やストーカー被害などの「女性ならではのトラブル」に備える保険に優待価格で加入できる。