交通系電子マネー・PASMOが3月18日よりサービスを開始。現時点でのまとめ

首都圏を中心とした私鉄各社の代表者などから構成されるPASMO協議会は、同団体が提供する電子マネー「PASMO」がAndroid対応のスマートフォンで利用できる新サービス「モバイルPASMO」のサービスを2020年3月18日から正式に開始することを発表しました。

サービスの概要

サービスの概要

出典:モバイルPASMO for Android™|PASMO(パスモ)

今回のサービス開始に当たり

  •  サービスの利用方法
  •  対応端末
  •  利用できるクレジットカード

について解説しましょう。

サービスの利用方法

モバイルPASMOを使う場合の流れを大まかに解説すると

  •  Google Playから専用アプリをンストールする
  •  対応したクレジットカードを支払元に設定する

です。

teacher
大まかな流れは、JR東日本の電子マネーである「モバイルSuica」とあまり変わりません。

なお、設定が完了すれば

  •  カード式のPASMOと同様、電車・バスに乗車できる
  •  加盟店で買い物ができる
  •  本人名義のクレジットカードを登録することで、スマートフォンだけで定期券の購入・チャージができる

ようになります。

なお、モバイルPASMO経由で購入できる定期券は、以下の鉄道・バス事業者です。

鉄道小田急電鉄株式会社
京王電鉄株式会社
京成電鉄株式会社
京浜急行電鉄株式会社
埼玉高速鉄道株式会社
相模鉄道株式会社
首都圏新都市鉄道株式会社
新京成電鉄株式会社
西武鉄道株式会社
千葉都市モノレール株式会社
東急電鉄株式会社
東京地下鉄株式会社
東京都交通局
東武鉄道株式会社
北総鉄道株式会社
株式会社ゆりかもめ
横浜高速鉄道株式会社
横浜市交通局
株式会社横浜シーサイドライン
バス株式会社江ノ電バス
小田急バス株式会社
川崎市交通局
川崎鶴見臨港バス株式会社
関東バス株式会社
京王電鉄バス株式会社
京成バス株式会社
西武バス株式会社
相鉄バス株式会社
立川バス株式会社
東急バス株式会社
東京都交通局
東洋バス株式会社
西東京バス株式会社
日立自動車交通株式会社
横浜市交通局
また、アプリ経由で購入できるのは「通勤・通学用定期で、大人料金で乗車するケース」のみなので注意しましょう。

対応端末

2020年3月10日現在発表されている、モバイルPASMOが利用可能な端末は以下のURLから確認できます。

teacher
自分の端末が対応しているか不安なら、この文章ももとに探しておきましょう。

Android™スマートフォンで購入時にAndroid6.0以上がインストールされており、最新版のおサイフケータイ アプリがインストールされている端末でのサービスとなります。

出典:モバイルPASMO for Android™|PASMO(パスモ)

利用できるクレジットカード

利用できるクレジットカードは、以下の国際ブランドが付帯しているものです。

  •  Visa
  •  Mastercard
  •  JCB
  •  American Express

ただし、3Dセキュア(本人認証サービス)による設定を済ませる必要があるので注意しましょう。

Twitterでの反応

類似したサービスであるSuicaは、早くからモバイル化に対応していました。そのため、PASMOについても、今回の「モバイルPASMO」のようなサービスの出現が待たれていたのも事実です。

この件について、世間の人はどのように考えているのか、いくつかツイートを紹介しましょう。

なお、モバイルPASMOの公式ホームページは、3月18日の朝10時より公開されるとのことです。詳細を待ちましょう。