オリエントコーポレーションが新カード「Orico Card THE GOLD PRIME」の募集を開始。業界初の3種類の電子マネーを搭載したクレジットカードとは?

国内大手カード会社、オリエントコーポレーション(オリコカード)は、同社のクレジットカード「Orico Card THE POINT」シリーズの新カード「Orico Card THE GOLD PRIME」の募集を2020年4月1日から開始しました。なお、年会費は11,000円(税込、ただし初年度は無料)で、国際ブランドとしてMastercardが付帯しています。

「Orico Card THE GOLD PRIME」の詳細

「Orico Card THE GOLD PRIME」の詳細

2020年4月1日より発行を開始した「Orico Card THE GOLD PRIME」について、詳細をまとめました。

ポイント還元率は常に1.0%以上

「Orico Card THE GOLD PRIME」は、オリコカードが発行するクレジットカードの中でも、ポイント還元率の高さに定評のある「Orico Card THE POINT」シリーズのカードです。そのため「Orico Card THE POINT」と同様、常に1.0%以上のポイント還元率を誇ります。

また、オリコカードの公式ポイントサイト「オリコモール」を経由し、外部のオンラインショッピングを利用すると

1. クレジットカード決済によるポイント(オリコポイント)
2. オリコモールを経由したことによるポイント
3. 「Orico Card THE GOLD PRIME」を利用したことによるポイント

の3種類のポイントが1度の買い物で貯められるのです。例えば、Amazon.co.jpを利用した場合は

  1. クレジットカード決済によるポイント(オリコポイント):利用額の1.0%
  2. オリコモールを経由したことによるポイント:利用額の0.5%
  3. 「Orico Card THE GOLD PRIME」を利用したことによるポイント:利用額の1.0%

の3種類のポイントが獲得できます。合計で利用額の2.5%のポイントが付与されるので、かなりお得です。

teacher
ネットショッピングをよく使う人なら、かなりありがたいと思いますよ!

業界初!3種類の電子マネーとは

「Orico Card THE GOLD PRIME」には

  1. iD
  2. QUICPay
  3. Mastercardコンタクトレス

の3種類の電子マネーが付帯しています。このうち、iDとQUICPayは日本国内でのみ利用できるサービスですが、Mastercardコンタクトレスは海外でも利用できるサービスです。他の電子マネーと同じように、専用の端末にタッチするだけで支払いが済んでしまうので、セキュリティ上も優れているうえに、支払いにかかる時間も短縮できます。

充実の海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険

クレジットカードを作る際に

  • 海外旅行傷害保険および国内旅行傷害保険が付帯しているかどうか
  • 付帯しているなら何をどこまで補償してくれるのか

を気にする人もいるはずです。「Orico Card THE GOLD PRIME」の場合、以下の内容の海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯しているので、国内外問わず旅行や出張が多い人なら、何かと重宝するでしょう。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

補償項目会員(家族会員含む)家族特約対象者
死亡・後遺障害最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療費用200万円限度200万円限度
疾病治療費用200万円限度200万円限度
携行品損害100万円限度(免責金額1事故3,000円)50万円限度(免責金額1事故3,000円)
賠償責任2,000万円限度1,000万円限度
救援者費用等200万円限度200万円限度

国内旅行傷害保険(利用付帯)

補償項目会員(家族会員含む)家族特約対象者
死亡・後遺障害最高5,000万円最高1,000万円
入院※1日額3,000円日額3,000円
通院※1日額1,500円日額1,500円
手術(一時金)入院中:入院保険金日額の10倍
入院外:入院保険金日額の5倍
入院中:入院保険金日額の10倍
入院外:入院保険金日額の5倍

海外航空機遅延費用等補償特約(自動付帯)

補償項目会員(家族会員含む)家族特約対象者
乗継遅延費用3万円限度3万円限度
出航遅延・欠航・搭乗不能費用3万円限度3万円限度
受託手荷物遅延3万円限度3万円限度
受託手荷物紛失3万円限度3万円限度

ショッピング補償

  • 300万円限度(免責金額1事故10,000円)

ラウンジも利用可能

「Orico Card THE GOLD PRIME」はゴールドカードに相当するため、国内空港のラウンジおよびハワイ、韓国の空港のラウンジが利用できます。以下の空港が該当するので、利用する機会があった場合は立ち寄ってみましょう。

地域空港ラウンジ
北海道新千歳空港スーパーラウンジ
ノースラウンジ
旭川空港LOUNGE 大雪
函館空港ビジネスラウンジ A Spring.
東北青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ロイヤルスカイ
仙台空港ビジネスラウンジ EAST SIDE
関東成田空港第1ターミナル ビジネス&トラベルサポートセンター
第1ターミナル IASSエグゼクティブラウンジ
第2ターミナル TEIラウンジ
第2ターミナル IASSエグゼクティブラウンジ2
羽田空港第1ターミナル(JAL)POWER LOUNGE CENTRAL、POWER LOUNGE NORTH、POWER LOUNGE SOUTH
第2ターミナル(ANA)エアポートラウンジ2F、POWER LOUNGE CENTRAL、POWER LOUNGE NORTH
中部新潟空港エアリウムラウンジ
富山きときと空港ラウンジらいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
中部国際空港第2プレミアムラウンジ セントレア
関西関西空港カードメンバーズラウンジ「比叡」
カードメンバーズラウンジ「六甲」
カードメンバーズラウンジ「アネックス六甲」
カードメンバーズラウンジ「金剛」
大阪国際空港ラウンジオーサカ
神戸空港ラウンジ神戸
中国米子鬼太郎空港ラウンジ大山
出雲縁結び空港出雲縁結び空港エアポートラウンジ
岡山桃太郎空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジもみじ
山口宇部空港ラウンジきらら
四国徳島空港エアポートラウンジヴォルティス
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
スカイラウンジ
九州福岡空港くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
長崎空港アザレア
熊本空港ラウンジ ASO
大分空港ラウンジくにさき
宮崎空港ブーゲンラウンジひなた
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
沖縄那覇空港ラウンジ華~hana~
韓国仁川(インチョン)国際空港第1ターミナル MATINA
第2ターミナル AIRCAFE
ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港IASS HAWAII LOUNGE

また、空港ではありませんが、ホノルル、シンガポールのオリコカードの専用ラウンジも利用できます。ソフトドリンクのサービスもあるそうなので、現地で一息つきたいときに立ち寄ってみましょう。

その他の「Orico Card THE GOLD PRIME」の詳細の確認、申し込みは以下のリンクから行ってください。