引っ越したら、クレジットカードの住所変更を忘れずに!住所変更しないと起こる5つのトラブルと、海外に引っ越す場合の注意点も解説します!

引っ越しなどで住所が変更になった場合は、クレジットカード会社に届け出ている住所を変更しましょう。変更が遅れたことで、トラブルに見舞われる恐れがあるためです。

また、海外に転居する場合は、

  • 自分だけで行くのか
  • 家族も一緒なのか

によって、扱いが少々異なります。それぞれのケースの注意点を、解説しましょう。

クレジットカードの住所変更手続き

クレジットカードの住所変更手続き

引っ越しをした際は、なるべく早く、クレジットカード会社に登録している住所を変更しましょう。

手続きはとても簡単

クレジットカードの住所変更手続きは、基本的に、「連絡をし、クレジットカード会社の指示に従うだけ」なので、
非常に簡単です。

ここでは、

  • インターネットで手続き
  • 郵送で手続き
  • 窓口で手続き

の3つについて説明します。

インターネットで手続き

パソコン、スマートフォンなど、インターネットに接続できる機器から、住所変更の手続きを行うことができます。
主要なクレジットカード会社について、インターネットで住所変更する際の手続きをまとめました。

三井住友VISAカードの場合

三井住友VISAカードの場合、会員向けサービス「Vpass」から手続きを行います。結婚等で名前が変更になる場合は、先に住所を変更するようにしましょう。

参照:カードお届け内容の照会・変更|クレジットカードの三井住友VISAカード

オリコカードの場合

オリコカードの場合、会員向けのWebサービス「eオリコサービス」から手続きを行い明日。あらかじめ、利用登録が必要になるので、済ませてから住所変更の手続きを行いましょう。

参照:こんな時には|クレジットカード・カードローンのオリコ

JCBの場合

JCBの場合、会員向けのWebサービス「MyJCB」から手続きを行います。
流れは以下の通りです。

  1. MyJCBにログイン
  2. トップ画面上部のメニューより「お客様情報の照会・変更」をクリック
  3. 「お客様情報の変更」をクリック

変更希望項目の「変更」をクリック

参照:住所・電話番号・勤務先の変更方法を教えてください。 | よくあるご質問(個人・法人のお客様)

アメリカンエキスプレスの場合

アメリカンエキスプレスの場合、会員向けWebサービス「オンライン・サービス」から住所変更ができます。ログインしたら、「ご登録情報の変更」から変更を行いましょう。

参照:住所・名義・引落口座などを変更したいのですが、方法を教えてください。

ダイナースの場合

ダイナースの場合、会員向けWebサービス「クラブ・オンライン」から変更できます。手続きの流れは、以下の通りです。

  1. クラブ・オンラインへサインオン
  2. 「お客様情報」 > 「ご登録情報の変更」
  3. 追加認証として、暗証番号と生年月日を入力
  4. 氏名の変更がない場合は、「次へ進む」をクリック
    (氏名に変更がある場合は、諸変更届の提出が必要になります。)
  5. 変更する情報にチェックをし、「次へ進む」をクリック
  6. 新しい情報を入力し、「次へ進む」をクリック
  7. 内容を確認し、「変更する」をクリック

参照:[大切なお知らせ]Eメールアドレスや住所などは定期的にご確認ください | ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

郵送で手続き

書類をクレジットカード会社から送ってもらい、必要事項を記入して返送する方法もあります。クレジットカード会社のカスタマーサービスセンターに電話し、書類を取り寄せましょう。主要なクレジットカード会社について、連絡先をまとめました。

国内の主要クレジットカード会社の連絡先をまとめました。

会社名緊急連絡先
三井住友VISAカード0570-004-980
MUFGカード(NICOS/DC含む)0120-860-777
ダイナースクラブ0120-074-024
JCBカード(東京)0422-76-7100
(大阪)06-6941-1700
(福岡)092-712-4450
(札幌)011-271-1411
セゾンカード0120-24-8376
アメリカン・エキスプレスカード0120-020-120
楽天カード0570-66-6910
ヤフーカード0570-058-200
イオンカード0570-071-090
dカード0120-300-360(dカード)
0120-700-360(dカードゴールド)
ライフカード045-914-7003
ビューカード03-6685-7000
エポスカード(東京)03-3383-0101
(大阪)06-6630-0101
UCカード(東京)03-6893-8200
(大阪)06-7709-8555
オリコカード(北海道)011-261-6002
(東北)022-215-2655
(関東/甲信越)049-271-3330
(東海/北陸)052-735-3525
(近畿)06-6821-3860
(四国/中国)082-225-5360
(九州/沖縄)092-722-5477
セディナカード(東京)03-5638-3211
(大阪)06-6339-4074
fp
ここに載っていないクレジットカード会社の場合は、クレジットカードの裏に書いてある電話番号に電話してみてくださいね!

窓口で手続き

クレジットカード会社によっては、商業施設内に設けられたカウンターで、住所を含む登録情報の変更を受け付けている場合があります。

  • クレジットカード
  • 新しい住所がわかるもの

を持参しましょう。

住所変更を忘れると起こる5つのトラブル

住所変更を忘れると起こる5つのトラブル

引っ越しをしたにも関わらず、クレジットカード会社への住所変更の手続きを忘れてしまうと、一体何が起こるのでしょうか。

考えられる、

  1. 新しいクレジットカードが届かない
  2. 利用明細の情報が洩れる
  3. 支払遅延の原因になる
  4. ブラックリストに載る原因にも
  5. 不正利用の損害補償も受けられない

の5つのトラブルについて、説明しましょう。

1.新しいクレジットカードが届かない

引っ越しが、クレジットカードの更新の時期に差し掛かっていた場合、住所変更の手続きは忘れずに行いましょう。

クレジットカードの更新の際には、クレジットカード会社により、再審査が行われます。再審査を無事に通過したら、新しいクレジットカードが届く流れです。しかし、新しいクレジットカードが、前の住所に届いてしまった場合、少々面倒なことになります。

本人限定受取郵便が使われていることが多いためです。

つまり、

  • クレジットカード会社に登録された住所で
  • クレジットカード会員本人が受け取らないといけない

ので、住所変更をしなければ、新しいクレジットカードは受け取れないのです。

もし、有効期限が近付いているにも関わらず、新しいクレジットカードが届かない場合は、住所変更の手続きが済んでいない可能性もあります。

クレジットカード会社に電話し、住所変更の手続きを行いましょう。

2.利用明細の情報が洩れる

これは、利用明細を郵送で受け取っている場合に起こり得るトラブルです。郵便局で転居届を出すと、1年間は前の住所に届いた郵便物でも、新しい住所に転送してくれます。しかし、それ以降は、転送してくれません。

仮に、住所変更があったとしても、クレジットカード会社がそれを知らなくては、あるタイミングで利用明細すら届かなくなる可能性もあります。

その「届かない利用明細」を心無い誰かが盗み見ると、情報漏洩の原因になり得るのです。

引っ越しを控えているなら、

  • あらかじめWeb明細に切り替えておく
  • 住所変更後は、すぐに手続きを行う

の2点に注意しておきましょう。

3.支払遅延の原因になる

先ほど、新しいクレジットカードが受け取れない可能性があると書きました。新しいクレジットカードを受け取れなかった場合は、クレジットカード会社に返送されます。そこから何もしないでいると、クレジットカードが強制解約されてしまう可能性もあるのです。

仮に、そのクレジットカードを使い、月額料金などの支払いを行っていた場合は、支払いもストップしてしまいます。

4.ブラックリストに載る原因にも

支払遅延が起こっても、そのまま放置していたら、もっと大変なことになります。

  • クレジットカードの利用額
  • 携帯電話端末の分割払い

などを延滞・滞納した場合は、個人信用情報に異動情報(金融事故)が登録されるのです。

つまり、ブラックリストに載ってしまうので、

  • 新規でクレジットカードが作れない
  • 住宅、車のローンも組めない状況次第では、家族のクレジットカードやローンにも影響する

など、生活に支障が及びます。

実際は、代金の引き落としができなかった時点で、

  • 携帯電話など、引っ越しても変わらない電話番号に連絡が入る
  • 郵送で、支払督促の通知が入る

など、何等かのアクションがあります。それに従って支払いをすれば、ここまでの事態になることは極めてまれです。

しかし、「放置していると、ここまでの事態になる恐れはある」という意味で、あえて紹介しました。

5.不正利用の損害補償も受けられない

クレジットカードには、紛失・盗難保険が付帯しています。簡単に言うと、紛失・盗難が原因で不正利用された場合、その支払いは免除されるという保険です。この仕組みがあるため、クレジットカードは紛失・盗難に強いといわれています。

しかし、住所変更の手続きを怠っていた場合、紛失・盗難保険による補償が受けられない可能性もあるのです。

例えば、三井住友VISAカードの場合、補償対象とならないケースを以下のように定めています。

1.会員の故意または重大な過失に起因する損害
2.損害の発生が保障期間外の場合
3.会員の家族・同居人・弊社から送付したカードまたはチケットなどの受領の代理人による不正利用に起因する場合
4.会員が本条第4項(届出事項の変更)の義務を怠った場合
5.紛失・盗難または被害状況の届けが虚偽であった場合
6.カードショッピング、キャッシングリボおよび海外キャッシュサービス取引などのうち暗証番号の入力を伴う取引についての損害(ただし、弊社に登録されている暗証番号の管理について、会員に故意または過失がないと弊社が認めた場合はこの限りではございません。)
7.紛失・盗難の通知を弊社が受領した日の61日以前に生じた損害
8.戦争・地震などによる著しい秩序の混乱中に生じた紛失・盗難に起因する損害
9.その他本規約に違反する使用に起因する損害

出典:カード不正利用(不正使用)発生時の補償について|クレジットカードの三井住友VISAカード

この中の、「4.会員が本条第4項(届出事項の変更)の義務を怠った場合」に、住所変更の手続きをしなかったことも含まれるのです。

ほとんどのクレジットカード会社が、同様の規定を設けているのが現実である以上、「住所変更をしなかったら、何が起こっても補償はしてもらえない」と考えておきましょう。

海外赴任の場合、住所変更は必要?

海外赴任の場合、住所変更は必要?
man
住所変更はすぐにしないとダメですね……でも、海外に行く場合はどうすればいいんですか?
fp
どういう状況かで、ちょっと状況が違ってくるんですよ。

家族が同行するかで異なる

一言で海外赴任をするといっても、

  • 一家で海外に行く
  • 自分だけで海外に行く(単身赴任)

する場合の2パターンが考えられます。両方のパターンに分けて、どう住所変更をすればいいか考えましょう。

一家で海外に行く場合

家族全員で海外に行く場合、親戚の家など、国内の郵便物送付先を指定する必要があります。クレジットカード会社によっては、クレジットカード・利用明細書・情報誌等の海外送付に対応してくれることもあるので、問い合わせてみましょう。

例えば、三井住友カードの「海外生活ヘルプデスク」の場合、

  • クレジットカード
  • 利用明細書
  • 情報誌

を、以下の国・地域に送ってくれます。

ヨーロッパ
全地域対象アイスランド
アイルランド
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
スイス
スウェーデン
スペイン
チェコ
ドイツ
ノルウェー
ハンガリー
フィンランド
フランス
ベルギー
ポーランド
ポルトガル
モナコ
リヒテンシュタイン
ルクセンブルグ
一部地域対象デンマーク
グリーンランドおよびフェロー諸島を除く。
ロシア
Chaibucha and Yamsk、Garmanda、
Gizhiga、Chechen Republic(チェチェン共和国)、
TachtoyamskおよびVerchniyi paren を除く。
北中南アメリカ、オセアニア、アフリカ地域
全地域対象アメリカ合衆国
アルゼンチン
カナダ
グアム
サイパン
チリ
ニュージーランド
プエルトリコ
南アフリカ
メキシコ
一部地域のみ対象オーストラリア
クリスマス、ココス、ノーフォークおよびロード・ハウ島を除く。
中近東・アジア地域
全地域対象アラブ首長国連邦
インドネシア
韓国
シンガポール
タイ
台湾
中国
トルコ
ベトナム
香港
マカオ
マレーシア
ヨルダン
一部地域のみ対象フィリピン
Palawan島のうちBusuanga、Coron、Culion、El NidoおよびLinapacan、ならびにOccidental Mindoro地方のうちLoocおよびTilikを除く。
インド
別表の地域のみ対象
インドの指定地域
インドの対象地域AgartalaChandigarhGhaziabadJaipurMaduraiRanchi
AgraChennaiGoaJalandharMumbaiSecunderabad
AhmedabadCuttackGurgaonJammuMysoreShillong
AizwalDarzeelingGuwahatiJhansiNewDelhi(Delhi)Shimla
AllahabadDehradunGwaliorKanpurNoidaSurat
AmristarDharamsalaHyderabadKohimaPatnaTindivanam
BangaloreErnakulamImphalKolkataPondicherryTirupati(AP)
BhopalFaridabadIndoreLucknowPuneTrivendrum
BhubaneshwarGangtokItanagarLudhianaRaipurVaranashi
Visakhapatnam


自分だけで海外に行く場合(単身赴任)

自分だけで海外に行き、家族は長期休暇の際に呼び寄せるというパターンの場合は、日本の自宅を送付先に指定しておけば大丈夫です。日本の自宅の住所が変わらない場合は、住所変更の手続きをする必要はありません。

しかし、トラブル防止のために、一度クレジットカード会社に電話をかけ、事情を説明しておくといいでしょう。もちろん、先に触れたように、クレジットカード等を海外の住所に送ってくれるサービスも検討する価値があるはずです。

クレジットカード会社によってはNGの場合も

一方、すべてのクレジットカード会社が海外への発送に応じてくれるわけではありません。会社によっては、海外への郵便物への発送を一切行っていない場合もあるので、気を付けましょう。

また、日本の家族のもとに送ってもらったクレジットカード、利用明細等は、基本的に手渡ししてもらうようにしましょう。どちらも、知らない人の手に渡ってしまうと、不正利用の原因になるものであるため、慎重な扱いが必要です。

国によっては郵便事情が著しく悪いこともあるので、気を付けましょう。

海外赴任が決まったときのクレジットカードの扱い

仮に、海外赴任が決まった場合、クレジットカードはどうやって用意すればいいのか、ポイントを紹介します。

カード利用明細をWebに切り替える

現状、多くのクレジットカード会社が、Webでの利用明細を発行しています。紙の利用明細よりもコストがかからないことから、Webの利用明細を推奨している会社もあるくらいです。海外赴任が決まった時点で、利用明細は紙からWebでの発行に切り替えましょう。

Webの利用明細なら、

  • 郵送してもらう必要がないので、紛失の危険性がない
  • いつでもどこでも、インターネットさえつながれば確認できる

のが大きなメリットです。

また、海外でも国によっては、クレジットカードなどのキャッシュレス決済が主流で、現金がほとんど使えない場合があります。クレジットカードを使う機会が多くなる以上、不正利用されるリスクも高まるのです。

不正利用をされていないかどうか、こまめに確認するためには、Web明細のほうが有利でしょう。

カードは前倒で更新する

仮に、クレジットカードの更新期限が、出国後になっている場合は、前倒しで更新できないか、クレジットカード会社に相談しましょう。事情を話したら、更新に応じてくれるクレジットカード会社もあります。

サブカードを作っておく

クレジットカードには、国際クレジットカードブランドが付帯しています。現状、国際クレジットカードブランドと言われているものは、次の7つです。

  • Visa
  • Master
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナース
  • UnionPay(銀聯)
  • ディスカバー

このうち、VisaとMasterは、世界中のどこでも使えるといっていいほど普及しています。しかし、その他のブランドは、地域によって使い勝手が悪い場合もあるのです。日本人が多く訪れるような観光地ならあまり気にすることはありませんが、そうでない地域では、加盟店を探すだけで一苦労でしょう。

紛失・盗難に備えるという意味でも、VisaかMasterのいずれかをサブカードとして作り、持っていくのをおすすめします。

現地の銀行でもクレジットカードを作る

会社によっては、海外赴任の際の給料を、日本の銀行口座と海外の銀行口座に分けて振り込む場合もあります。その際、海外の銀行で口座を開設することになるので、クレジットカードも一緒に作りましょう。キャッシュカードにクレジットカード機能がついたものが便利です。

特に、中国国内に赴任する人は、銀聯カードがあるだけで、生活の利便性が一気に上がります。赴任前に会社の担当者から指示があれば、それに従ってください。

まとめ

クレジットカード会社にとっては、クレジットカード会員と連絡が取れなくなることは、重大なリスクです。本来、個人の信用をもとにして、買い物代金を立て替えているという仕組み上、連絡が取れなくなると、信頼が揺らいでしまいます。

住所など、クレジットカード会社に届け出ている情報が変更になった場合は、すぐに変更の手続きをしましょう。また、海外赴任の場合も、必要に応じて手続きをするようにしてください。
fp
わからない場合は、まずはクレジットカード会社に連絡しましょうね!

コメントを残す