Kyashリアルカードとリクルートデビッドカードでポイント2重取り!節約しながらJALマイルを貯める方法

「私の一押しクレジットカードとお得な使い方体験談」として、Kyashリアルカードとリクルートデビッドカードでポイント2重取りしながら、同時に節約とJALマイルを貯める方法について紹介していきます。

私の一押しクレジットカードとお得な使い方体験談

執筆者紹介

Haruka

ニックネーム:Haruka
性別:女性
年齢:26歳
職業:パート
子供:あり
配偶者:なし

シングルで子供を育てながら、日常的にさまざまな節約をしてお金とJALマイルを貯めています。目標マイルが貯まると行きたいところに旅行へ行って楽しんでいて、最近では母親と子供と一緒に北海道旅行に行きました。

使うクレジットカード

Kyashリアルカード
使うクレジットカード
利用期間:3ヶ月
ショッピング限度額:1日/1回 5万円、1ヶ月の利用限度 12万円
リクルートデビッドカード
使うクレジットカード
利用期間:2年
ショッピング限度額:支払可能残高の範囲以内

Kyash リアルカード、リクルートデビッドカードを選んだ理由

Kyashリアルカードは株式会社Kyashが発行しているプリペイドカードです。

Kyash Visaカード

発行会社株式会社 Kyash
国際ブランドVISA
カード種類プリペイドカード
登録可能カードクレジットカード(VISA、Mastercard)、デビットカード(VISA、Mastercard)
リアルカード
バーチャルカード
モバイル決済○QUICKPay
年会費(税別)0円
審査なし
発行期間リアルカード:数日
バーチャルカード:即時発行
登録可能カード枚数5枚
ポイント還元率下限0.50%
ポイント還元率上限1.00%
ポイント有効期限180日
リアルタイム送金
1日最大利用限度額リアルカード:5万円
バーチャルカード:3万円
1カ月最大利用限度額リアルカード:12万円
バーチャルカード:12万円

審査なし・年会費0円で誰でも作ることができます。Kyashは他のカードと紐づけすることで使用することができ、支払うと紐づけされたカードから引き落としされます。

100円につきKyashポイント1%還元され、ポイントは即時に付与されます。1ポイント=1円で次回以降の支払いに使える仕組みです。

リクルートデビットカードはスルガ銀行が発行しているデビットカードです。

年会費無料で15歳以上なら誰でも作ることができ、還元率は0.8%とデビットカードの中ではかなり高くなっています。ちなみに私は、還元されたリクルートポイントはJALマイルに交換しています。

デビットカードは使用するとすぐに口座から引き落とされます。現金感覚で使えるので、家計管理がしやすいです。

また、スルガSTARプログラムという制度があり、条件を満たすことで最大ATM出金手数料が無料、他行宛の振込手数料が月10回まで無料になります。

Haruka
使い勝手がとてもよいので、愛用しています。振込手数料が節約できるのはやっぱりうれしいです!

お得な使い方で得られるメリット

メリットは

  1. Kyashポイントとリクルートポイントの2重取りができる
  2. 節約ができて、JALマイルも貯まる

です。

Haruka
2重にうれしいので、一度試してみてくださいね!

お得に使える仕組み

ポイントは

  1. 普段の支払いでKyashポイントを貯める
  2. デビットカードの利用で貯まったリクルートポイントをPontaポイントに交換し、そこからさらにJALマイルに交換する

の2点です。

まず、1についてですが、Kyashリアルカードにリクルートデビットカードを紐づけし、普段の支払いはKyashリアルカードを出します。こうすれば、Kyashリアルカードの利用額の1%相当分がポイントとして受け取れるのです。

ちなみに、Kyashポイントは1P=1円として次回以降の支払いに使用することができます。

次に2についてですが、具体的な交換レートは次のようになります。

リクルートポイント → Pontaポイント1ポイント → 1ポイント
Pontaポイント → JALマイル1ポイント → 0.5マイル
つまり、リクルートポイント → JALマイルは1ポイント → 0.5マイルで交換できるということです。

例えば5,000円の買い物をした場合に、受け取れるKyashポイントおよびJALマイルは、以下のようになります。

Kyashポイント1%還元分50ポイント(50円)
リクルートポイント0.8%還元分40ポイント(リクルートポイント) → 40ポイント(Pontaポイント) → 20マイル(JALマイル)
Haruka
つまり「5,000円の買い物で、50円+20マイルを獲得できる」ということですね。

お得な使い方の手順

手順1.スルガ銀行リクルート支店の口座を開設する

リクルートデビットカードを発行するためには引き落とし先となる口座を開設しなければなりません。すでにリクルートIDをお持ちの人はログインしてから口座開設をしましょう。持っていない人は新規会員登録してから開設をしてください。

リクルートIDは、リクルートポイントとPontaポイントの確認や、JALマイルに交換する際に使用するサイト(Ponta web)にログインするときに必要となります。
手順1.スルガ銀行リクルート支店の口座を開設する 手順1.スルガ銀行リクルート支店の口座を開設する

手順2.スルガSTARプログラムの手数料優遇サービスを受けるための手続きをする

リクルートデビッドカードが手元に届いたら、スルガSTARプログラムの手数料優遇サービスを受けるための手続きをしましょう。

スルガSTARプログラムはとても使い勝手が良く、取引状況によって優遇ランクが決まります。

最高ランクになると時間に関係なくATM入出金無料、他銀行振込無料となります。
Haruka
わざわざ銀行に行く必要や振込忘れを防ぐことができるので、忙しい人にぴったりの制度です。また手数料の節約にもつながります。

今回は優遇サービスを受ける方法を紹介していますが、あまり必要ないと思う人は次の手順をご覧ください。

手順2.スルガSTARプログラムの手数料優遇サービスを受けるための手続きをする

優遇サービスを受けるには、個人で次のいずれかを満たす普通貯金口座が対象となります。

  • インターネットバンキング(以下「IB」)ご契約、かつIBへのメールアドレス登録
  • 公的年金(国民年金・厚生年金・共済年金)のお受取り
  • 過去1年以内にテレフォンバンキングによるお取引実績

参照:手数料優遇サービス スルガSTARプログラム|ATMサービス内容|個人のお客さま|スルガ銀行

上記の条件に加え、以下の表の条件を満たせば優遇サービス受けれらます。

ここに掲載されている条件以外にもウェルカム特典やヤング特典もあります。
手順2.スルガSTARプログラムの手数料優遇サービスを受けるための手続きをする 手順2.スルガSTARプログラムの手数料優遇サービスを受けるための手続きをする

手順3.Kyashリアルカードを申し込む

Kyashリアルカードを申し込みましょう。

手順3.Kyashリアルカードを申し込む

手続きはとても簡単です。

申し込みフォームに以下の内容を記入するだけです。1分もあれば、終わります。

  • 名前(姓・名)
  • 名前カナ(セイ・メイ)
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • 利用規約同意

本人確認をする必要もありません。Kyashリアルカードは1週間ほどで手元に届きます。

手順4.Kyashリアルカードの有効化作業をする

Kyashリアルカードが届いたらスマホにKyashアプリをダウンロードして、届いたカード情報を入力して有効化します。有効化しないことにはKyashリアルカードが使えないので必ず有効化するようにしてください。

またKyashリアルカードはvisa加盟店であればほとんどの店舗で使用できますが、中には使用できないところもあります。
手順4.Kyashリアルカードの有効化作業をする

手順5.Kyashリアルカードにリクルートデビットカードを紐づけする

Kyashリアルカードをチャージするには

  1. 他のカードと紐づけしてオートチャージ
  2. ATMやコンビニなどでチャージ

のいずれかを行いましょう。今回は1の方法で紹介しています。

手順5.Kyashリアルカードにリクルートデビットカードを紐づけする

アプリ内にある「新しくカードを登録する」をタップします。カード登録情報を入力する欄があらわれるので、リクルートデビッドカードの情報を入力して紐づけは完了です。

これで、Kyashリアルカードをお店で使用すると、自動的にリクルートデビッドカードから引き落とされます。

ちなみに登録できる国際ブランドは、VisaかMastercardのみです。AMEX、JCB、Dinersには、2019年11月現在、対応していません。
活用方法

Kyashリアルカードを使うとKyashポイントが1%還元されます。

KyashポイントはチャージするとKyash残高となり、次回の支払いの際に自動的に使われます。
活用方法
Haruka
つまり、毎日の生活でKyashリアルカードを使用しているとKyashポイントはどんどん貯まる、ということです。貯まったポイントでお得にお買い物をして節約にもなります。

手順6.JALマイレージバンクに登録する

JALマイルを貯めたいのであれば、JALマイレージバンクへの登録が必要となってきます。

すでに登録している人や、JALカードを所有している人は次の手順へ進んでください。

JALマイレージバンクはオンラインで登録することができ、手続きが完了するとすぐに「お得意様番号」・「パスワード」が発行されて、JALマイルの保有数確認などができるようになります。

マイレージバンクカードが届くのを待つ必要はありません。

なお、後日届いたマイレージバンクカードは

  • WAONが搭載されたカードとして使う
  • JAL便の搭乗時に航空券の代わりに読み取り機にタッチする(タッチ&ゴー)

などで利用できます。

手順6.JALマイレージバンクに登録する 手順6.JALマイレージバンクに登録する

手順7.Ponta webでPontaポイントをJALマイルに交換申請する

手順1で登録したリクルートIDを使用してPonta webにログインします。

Ponta webではリクルートポイントとPontaポイントが確認できます。
手順7.Ponta webでPontaポイントをJALマイルに交換申請する

貯まったポイントは、

リクルートポイント → Pontaポイント → JALマイル

の順で交換作業をしていきます。

まずはリクルートポイント → Pontaポイントです。「Pontaポイントに交換する」をクリックすると下のような画面になります。自分の好きなポイント数を入れて確認画面を押して交換すれば、即時にPontaポイントへと交換完了です。

手順7.Ponta webでPontaポイントをJALマイルに交換申請する

次に、Pontaポイント→JALマイルへの交換です。Pontaポイントは様々なポイントに交換することができるので、その中のJALマイルを選択します。

なお、PontaポイントからJALマイルへは、1ポイント → 0.5マイルで交換できます。
手順7.Ponta webでPontaポイントをJALマイルに交換申請する

JALマイルへの交換は1マイル単位で申請が可能で、Pontaポイント→JALマイルになるまで1週間ほどかかります。

交換する際にお得意様番号を入力しますが、このときに間違った場合、交換申請してしまったPontaポイントは戻ってこないので注意してください。
手順7.Ponta webでPontaポイントをJALマイルに交換申請する

ちなみに私は、JALカードも所有しているため、カード管理画面からマイル数を確認できます。マイレージバンク会員のみの人は、JALマイレージバンクから確認しましょう。

活用方法

日常的にKyashリアルカードを使用することで、節約とJALマイルが貯まります。

Haruka
私の場合、貯まったマイルは特典航空券に交換してタダで旅行に行っています。

最近は北海道へ旅行に行きました。筆者は鹿児島の離島に住んでいるので、普通に行こうとしたら安くても片道5万ほどかかりますが、マイルのおかげで飛行機代はほとんどかかりませんでした。

またKyashリアルカードのおかげで節約もできているので、節約できたぶんは旅行費に回しています。

活用方法

(写真:JRタワー展望台にて)

お得な使い方の注意点

家計管理がしやすい点や、振り込み手数料などが0円という点が気に入ってリクルートデビッドカードを使用していますが、JALマイルを貯めるには正直効率がよくありません。

カード管理が苦手でなければ、JALカードをKyashリアルカードと紐づけしたほうが効率よく貯めることができます。

執筆者からおすすめの一言

JALクレジットカードを使用するよりもマイルが貯まるスピードは遅いのがデメリットです。しかし、「JALマイルを貯めたい」「家計管理もしっかりとやりたい」と思い、リクルートデビッドカードを日常手に使用していました。Kyashと連携させたことで以前よりも節約しながらこれまでと同じスピードでJALマイルを貯められています。

Haruka
節約した分、思い出作りに回せるお金も増えるので、一度試してみてくださいね!

Kyash Visaカード

発行会社株式会社 Kyash
国際ブランドVISA
カード種類プリペイドカード
登録可能カードクレジットカード(VISA、Mastercard)、デビットカード(VISA、Mastercard)
リアルカード
バーチャルカード
モバイル決済○QUICKPay
年会費(税別)0円
審査なし
発行期間リアルカード:数日
バーチャルカード:即時発行
登録可能カード枚数5枚
ポイント還元率下限0.50%
ポイント還元率上限1.00%
ポイント有効期限180日
リアルタイム送金
1日最大利用限度額リアルカード:5万円
バーチャルカード:3万円
1カ月最大利用限度額リアルカード:12万円
バーチャルカード:12万円

コメントを残す