クレディセゾンがスマートフォン完結型の新ペイメントサービスを提供へ。券面に記載が一切ないカードとは?

大手クレジットカード会社のクレディセゾンは、2019年11月から提供してきた「セゾンカードレス決済」をさらに発展させたサービスを、2020年秋に向けて順次リリースすることを発表しました。

新ペイメントサービスの概要とは?

新ペイメントサービスの概要とは?

同社のプレスリリースによれば、導入が予定されている新ペイメントサービスは

  1. バーチャルカードの発行
  2. 番号レスプラスティックカードの発行
  3. 券面着せ替え
  4. 利用通知・利用停止
  5. オンラインキャッシング

の5つとのことです。それぞれについて解説しましょう。

バーチャルカードの発行

新しくクレジットカードを申し込む場合、クレジットカード会社や種類によっても差はありますが、実際にクレジットカードを受け取れるまでは1カ月近くかかるのも珍しくありません。

申し込みからクレジットカードの発行・発送までの時間においては、セゾンカードは業界でもかなり早い方ですが、実際にセゾンカウンターに行けないとその日のうちには受け取れません。

しかし、今回の新ペイメントサービスにおいては、スマートフォン上で動くバーチャルカードを発行することに触れられています。つまり、セゾンカードの申し込みを済ませたら、最短5分でクレジットカード番号を含む情報をスマートフォンアプリで確認できるのです。

オンラインショッピングでの利用の場合はもちろん、QRコード決済と組み合わせて使えば、実店舗でもその日のうちに決済ができるようになります。

番号レスプラスチックカード

スマートフォンアプリでカード番号をはじめとした情報が確認できるのに関連して、さらに画期的な取り組みも発表されました。希望に応じて

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

が一切印刷されていないプラスチック製のクレジットカードも発行されるとのことです。

man
つまり印刷されるのは名前だけ、ということですか?
teacher
そうなりますね。

実際のところ、クレジットカードの情報は内蔵されているICチップに格納されているため、実店舗での決済に使うことはもちろん可能です。

同業他社である三井住友カードが「クレジットカードの表面に情報が書かれていない」クレジットカードを発表して話題になりましたが、さらにその上を行くリニューアルといっていいいでしょう。

びっくりしましたけど、これが当たり前になっていくのかもしれませんね!

実装予定のその他の機能

そのほかにも、以下の機能がリニューアルに伴い実装されることが発表されています。

券面着せ替えアプリ上のバーチャルカード券面を自分の好みや気分で自由に変更できる。
利用通知・利用停止アプリ上でカードを利用した場合、その都度利用通知が届く。また不正利用が発覚した場合は、アプリ上で停止ができる。
オンラインキャッシングクレジットカード番号が発行されたら、すぐにオンラインキャッシングの利用ができる。
teacher
詳しくは、こちらのリンクも併せてみてくださいね!

【参考】クレジットカードの不正利用を防ぐには?

今回のセゾンカードの大幅なリニューアルは、クレジットカードの不正利用を防ぐためのものでもあります。クレジットカードの不正利用自体は昔からありましたが、近年は

  • オンラインショッピングの普及
  • SNSの普及

により「クレジットカードは手元にあるにも関わらず不正利用される」ことが増えました。

つまり

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • クレジットカード会員の氏名
  • セキュリティコード

さえあれば、どこでも買い物ができてしまうが故に、不正利用もされやすいのです。これを防ぐためには「人から見えないようにする」のが一番でしょう。

今回のセゾンカードのように、券面にクレジットカード会員の氏名以外を印刷しなければ、人に見られることもありません。他のクレジットカード会社もこの流れにならうのかどうかはわかりませんが、まずは「クレジットカードは人に見せない」を徹底して、不正利用の被害に遭わないよう気を付けましょう。

teacher
不正利用の手口については、こちらの記事で解説しています。併せてチェックしてくださいね。