新宿駅利用者必見!新宿ミロードでモバイル決済サービスを順次導入へ。なぜ、中国のモバイル決済が導入されるの?

首都圏を中心に鉄道事業を展開する小田急電鉄株式会社は、同社が運営する新宿駅南口直結のファッションビル「新宿ミロード」にて、2019年9月26日(木)から、順次モバイル決済サービスを導入することを発表しました。

導入の概要

導入の概要
  • 導入の経緯
  • 導入されるモバイル決済サービス

について説明します。

導入の経緯

プレスリリースによれば、今回、新宿ミロードでモバイル決済を導入するに至った経緯として、

  • 決済対応に要するオペレーション時間の削減
  • インバウンドへの取り組み

の2点があげられます。

この点については、後ほど詳しく解説します!

導入されるモバイル決済サービス

導入されるモバイル決済サービスは、次の5種類です。

導入されるモバイル決済サービス

出典:キャッシュレス決済によるお客さまの利便性を向上!新宿ミロードでモバイル決済サービスを順次導入 

2019年9月26日(木)より導入楽天ペイ(アプリ決済)
WeChat Pay
2019年中に順次導入PayPay
LINE Pay
d払い
man
だいぶ選択肢が広がりますね!

【2019年9月版】〇〇ペイが使えるショッピングモールまとめ

【2019年9月版】〇〇ペイが使えるショッピングモールまとめ

今回の小田急ミロードのように、支払いの選択肢を広げ、オペレーションに要する時間を削減することを目指し、バーコード決済の導入に踏み切るショッピングモールやデパートが続々と出現しています。

ここで、2019年9月20日現在のデータをもとに、

  • 楽天ペイ(アプリ決済)
  • PayPay
  • LINE Pay
  • d払い

が使えるショッピングモール、百貨店を調べてみました。

楽天ペイ(アプリ決済)

  • アクアシティお台場
  • アミュプラザ小倉
  • 天王寺MIO
  • ルクア大阪
  • アミュエスト
  • アミュ博多
  • デイトス博多
  • デイトス博多アネックス
  • キャナルシティ博多
  • 木の葉モール橋本
  • パークプレイス大分
  • マリノアシティ福岡
  • リバーウォーク北九州
  • 博多リバレインモール
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • 阪急メンズ館
  • グリーンブルー福岡空港 等

PayPay

  • 丸の内オアゾ
  • TOKIA
  • 丸ビル
  • イーヨ!!
  • 丸の内ブリックスクエア
  • ランドマークプラザクィーンズタワーA
  • 新丸ビル
  • 二重橋スクエア
  • キャナルシティ博多
  • マリノアシティ福岡
  • リバーウォーク北九州
  • 木の葉モール橋本
  • 天王寺MIO
  • ビックバード(羽田空港)
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • 阪急メンズ館
  • ラ・チッタ・デッラ
  • マルヤガーデンズ 等

LINE Pay

  • SHIBUYA 109
  • MAGNET by SHIBUYA109
  • 長崎浜屋
  • パルコヤ上野
  • 博多リバレインモール
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • 千歳アウトレットモール・レラ
  • LOFT
  • ラコステ
  • アクアシティお台場 等

d払い

  • 高島屋
  • arde新大阪
  • うすい百貨店
  • 近鉄百貨店
  • 上本町YUFURA
  • 近鉄PASSE
  • HOOP
  • アルビ
  • プリコ
  • キャナルシティ博多
  • マリノアシティ福岡
  • リバーウォーク北九州
  • 木の葉モール橋本 等

ニュースに関する考察

ニュースに関する考察

今回、国内のモバイル決済サービスともに、導入が決まったのが、国のモバイル決済サービスである「WeChat Pay」です。なぜ、新宿のショッピングモールである新宿ミロードに、中国のモバイル決済サービスが導入される意味について考えてみましょう。

人気の街ベスト3は?

teacher
日本に来た外国の人が、東京のどこに行くかってご存じですか?

東京都が発表した、「平成30年国・地域別外国人旅行者行動特性調査の結果」によれば、東京都内で訪問した場所のベスト3は、

  • 新宿・大久保(55.4%)
  • 銀座(48.9%)
  • 浅草(45.0%)

の3つの街であるとのことです。

出典:平成30年国別外国人旅行者行動特性調査結果|統計・調査|東京都産業労働局

裏を返せば、この3つの街で、外国人観光客にとって、買い物での支払いがスムーズにいくようにすることが、今後訪日外国人を増やす上で、重要な課題になるでしょう。

ちなみに、2018年に日本を訪れた中国人観光客は、約838万人にも上りました。もちろん、国別にみると最も多いです。

人気の街ベスト3は?

出典:訪日外国人動向2019 – 観光統計 – JTB総合研究所

あくまで1つの推論ですが、「新宿・大久保で中国人観光客が支払いをできる環境を整える」ことで、需要の取りこぼしがだいぶ防げるのではないでしょうか?

快適に過ごしてもらうには?

関連して、訪日外国人が日本で快適に過ごしてもらうために、考えなくてはいけないテーマを挙げましょう。少し前のデータになりますが、2015年に国際ブランドのVisaが発表した、他のグローバル都市と比較した東京の魅力と弱点に関する調査があります。

快適に過ごしてもらうには?

出典:訪日外国人による、東京の魅力と課題を徹底分析 | Press Release | Visa

要点のみをまとめると、

  • 東京で満足した点は、「観光客を取り巻く安全な環境」「時刻通りに動く発達した交通網やアクセスのしやすさ」
  • 弱点は「ATMの利用環境」「小売店・レストランでのカード支払い」

であるとのことです。

このレポートは2015年に発表されたものであるので、2019年の現在とは少々事情が異なっている部分はあります。

しかし、2019年にはラグビーのワールドカップ、2020年には東京オリンピックの開催を控えている日本にとって、外国人観光客が容易に支払いができる環境を整えることは、必ずクリアしなくてはいけない問題の1つであるのは変わらないはずです。

今回の小田急ミロードのように、決済手段の多様化に動く小売店が増えてくるのは、当然の流れなのかもしれません。

コメントを残す