Origamiがメルカリグループに参画へ。Origami Payはメルペイに統合予定。Twitter上の反応をまとめてみた

フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリグループは、2020年1月23日付で、QRコードアプリ「Origami Pay」を運営する株式会社Origami(以下Origami)の全株式を取得する予定であることを発表しました。これにより、Origamiはメルカリグループに参画することになり、将来的にOrigami Payはメルペイに統合されるとのことです。

ニュースの詳細

ニュースの詳細

出典:メルペイ – メルカリアプリでかんたんスマホ決済・QRコード決済

今回のプレスリリースをもとに、参画の理由について考えてみましょう。

参画の理由

本件のプレスリリースにおいて、Origamiがメルカリグループに参画することになった理由に触れられています。

政府によるキャッシュレス推進を後押しとして、金融機関はもちろん大手通信事業者やIT企業など多くの業種からスマートフォン決済事業への参入が相次ぎ、大企業のチェーン店を中心にキャッシュレス決済の導入が進む一方、地域の中小事業者における普及は未だ充分とは言えず、その結果、一般利用者においても日常的な決済手段として利用が進んでおらず、日本のキャッシュレス社会実現のハードルとなっているのが実情です。

また、スマートフォン決済事業者間における競争も激化するなか、Origami・メルペイ両社の強みを融合することにより、単なるスケールメリットの実現に留まらない独自の価値を提供し、ひいては日本のキャッシュレス社会実現に寄与できるものと考え、両社で協議の結果、Origamiがメルカリグループに参画することについて合意に至りました。

出典:株式会社Origamiのメルカリグループ参画に関するお知らせ – 株式会社メルペイ

この理由で触れられているのは

  1. 中小企業および一般消費者へのキャッシュレスの普及が今一歩である
  2. スマートフォン決済事業者間における競争の激化

の2点です。関係省庁の統計データを用いて、この2点についてさらに理解を深めてみましょう。

1.キャッシュレスの普及度合い

本件のプレスリリースにおいても触れられていた通り、日本における中小企業へのキャッシュレスの普及は、まだまだ課題が残っているのが事実でしょう。

こちらの表は、2019年10月より開始した「キャッシュレス・消費者還元事業」における、還元対象となる店舗数の推移をまとめたスライドです。

1.キャッシュレスの普及度合い

出典:キャッシュレス・ポイント還元事業に関する直近の状況について公表しました (METI/経済産業省)

中小・小規模事業者に関しては倍以上に増えていますが、フランチャイズチェーンやコンビニはあまり増えていません。

これらの店舗に関しては「キャッシュレス・消費者還元事業」が開始するタイミングで必要な手続きを完了させている場合が多いとも考えられます。

いずれにしても、数自体は順調に増えていますが、地域によって取り組みに差があるのも事実でしょう。

こちらは、登録加盟店の地域分布及び店舗の種類別の登録状況と利用状況等を表したスライドです。もともと、中小・小規模事業者が運営する店舗ではなく、大手企業が運営する店舗が多いであろう神奈川、茨木、千葉、埼玉が下位来るのはさほど不自然ではありません。

そのため、これらの都道府県を除いて考えると、石川・東京・京都などの外国人観光客が多い地域では比較的普及しているようですが、全国平均の加盟店数を下回る件も数多く存在します。

1.キャッシュレスの普及度合い

出典:キャッシュレス・ポイント還元事業に関する直近の状況について公表しました (METI/経済産業省)

このデータを見るかぎりでは「キャッシュレスの普及に向けた足並みがそろっているとは言えない」のが事実です。

2.スマートフォン決済事業者間における競争の激化

スマートフォン決済事業者間における競争の激化の背景には「スマートフォン決済のシェアの低さ」が指摘できます。消費者庁が2020年8月に発表した「キャッシュレス決済に関する意識調査結果」によれば、使用する頻度の高いキャッシュレス決済手段の分布は以下のようになっていました。

2.スマートフォン決済事業者間における競争の激化

出典:消費者庁「キャッシュレス決済に関する意識調査結果」

クレジットカードが86.4%であるのに対し、メルペイやOrigami Payのようなバーコード、QRコード決済は17.7%と大きく引き離されています。
ただでさえ少ないシェアを、他の競合する事業者と分け合わなくてはいけないのが、QRコード決済を提供する業者が直面している現実でしょう。

Twitter上の反応

今回のOrigamiのメルカリグループ参画に関しては、現時点ではその事実が報道されただけで、今後のサービス展開がどうなるのかについての具体的な話は、まだ公開されていません。
そこで、今回はこの件に関するTwitterの反応をいくつか紹介しましょう。

ここで紹介できたのはごく一部ですが、総じて「単体での生き残りは難しかったのでは」という感想が目立ちました。Origami Payがメルペイに統合することで、どうサービスが変わっていくのか、今後の発表を待ちましょう。