JCBがウクライナ最大の商業銀行と提携へ。旧ソ連でJCBカードが強い意外な理由は?

国際ブランドの1つとしても有名な大手クレジットカード会社・JCBは、ウクライナの大手商業銀行であるPJSC CB PrivatBank(以下プリヴァト銀行)と、同行のカード加盟店・ATMにおけるJCBカードの取り扱いについて合意したとのことです。この合意を受けて、2020年春ころより、プリヴァト銀行の各店舗で順次JCBカードの扱いを開始する流れとなりました。

なぜ、ウクライナの銀行と提携する?

なぜ、ウクライナの銀行と提携する?

一般社団法人日本旅行業協会の統計によれば、2018年に日本からウクライナに旅行した人の数は、6598名でした。

同じ旧ソ連だったロシアへの旅行者が84361人だったことを考えると、「日本人がほとんどといっていいほど行かない」地域と言えるはずです。

それにも関わらず、なぜJCBはウクライナの銀行と提携したのでしょうか?

ロシアでJCBが強くなった理由

teacher
ウクライナってどんな国だと思いますか?
man
えーと、チェルノブイリとか?

やり取りにもあるように、ウクライナは1986年に史上最悪とも言える事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所があることでも知られています。

2019年現在は、認証を受けた業者が主催するツアーへの参加であれば、民間人でも視察できます。

しかし、本来はヨーロッパで最も古い都市と言われる首都キエフの寺院群をはじめ、7件の世界遺産が登録されている、大変美しい国です。


そのため、最近はJCBカードが発行されている隣国のロシアからの観光客が増えています。

teacher
実は、ロシアからの観光客が増えたから、JCBを使えるようにする必要があるんですよ。
man
ますます話がわからないんですけど?

「ミール」とは?

2014年に、ロシア国内の大手の金融機関はウクライナ・クリミアの混乱の余波により、アメリカから金融制裁を受けました。

その際、ロシア国内で発行されたVisaやMastercardなど、欧米系の国際ブランドが付帯したクレジットカードが一時的に使えなくなったのです。

事態を重く見たロシア政府は、ロシア独自のクレジットカードブランドとして「ミール」を立ち上げました。2014年から立ち上がった「ミール」ブランドのクレジットカードは、2019年現在、5500万枚発行されています。JCBはこの「ミール」と提携した「ミール・JCBカード」を2016年から発行しているのです。

参照:ロシア発クレジットカード「ミール」、利用範囲じわり拡大 | ビジネス短信 – ジェトロ

ロシア最大の銀行とも……

その後、2018年には、JCBはロシアの商業銀行であるズペルバンクと契約を結び、ロシア国内でのJCBカードの加盟店拡大において提携することで同意しました。

ズペルバンクは1841年に設立された、資産およびネットワーク(加盟店、ATMネットワークなど)の面においても、最大の規模を誇る銀行です。

つまり、ここまでの話をまとめると、

  • 2014年のウクライナ・クリミア危機の際に、VisaやMastercardが使いにくくなった
  • ロシアは独自の「ミール」というブランドでクレジットカードを発行し、JCBとも協力関係を築いてきた
  • 2018年にはロシア最大の商業銀行がJCBと正式に提携することになった

ため、ロシアでJCBカードを使う人が増えたので、ロシアからの訪問客が多いウクライナでも、JCBカードを使えるようにする必要があったのです。

man
やっと話がつながりました!
teacher
今回のプレスリリースも併せて読んでみてくださいね。

ちなみに、大手電機メーカーのパナソニックがすでに、ロシアの大手銀行の1つ・ロシア農業銀行と提携し、国際ブランドとしてJCBが付帯したクレジットカードを発行しています。

teacher
日本発祥のJCBカードが、遠く離れたロシアでも愛用されているのは、日本人としてちょっとうれしいですね!

ニュースに関する考察ー日本人がJCBカードを持つべき理由は?-

JCBは他の国際ブランドと同じように、各国の金融機関と提携したり、加盟店を増やすための地道な取り組みを行っています。今回紹介したロシアに関しても、VisaやMastercardが一時的ではあるものの使えなくなったことをビジネスチャンスととらえ、着実に現地の金融機関と連携を図ってきました。しかし、「JCBは海外での使い勝手がよくない」という人は少なくありません。

なぜ、このようなコメントが出てくるのか、考えてみましょう。

海外展開はしているものの……

こちらの画像は、JCBの公式サイト内のニュースリリースにおける海外展開に関するニュースの一覧です。決して、海外展開に力を入れていないわけではありません。

出典:海外事業 | JCB グローバルサイト

しかし、クレジットカード等をはじめとしたキャッシュレス業界の専門誌「ザ・二ルソン・レポート」によれば、世界規模でのJCBのシェアは、VisaやMastercardには遠く及ばないのがわかります。

海外展開はしているものの……

出典:Card and Mobile Payment Industry Statistics | The Nilson Report Archive of Charts & Graphs

JCBがなかなか世界的なシェアが伸ばせない背景には、

  • 発行枚数が少ない
  • 加盟店数が少ない
  • ブランドの認知度が少ない

など、様々な原因が隠れているはずです。さらに、近年は中国発の国際ブランドであるUnionPay(銀聯カード)が台頭しているため、同じアジア発のブランドであるJCBがどうシェアを伸ばしていくかが、課題になるでしょう。

今回のニュースのように、VisaやMastercardが使えなくなるほどの情勢の変化があった国で、JCBが普及することも十分に考えられるはずです。

きめ細かいサービスは魅力

それでも、日本人が海外旅行に行くなら、JCBカードを持っていく価値はあるでしょう。決済のためというよりは、緊急時のサポートのためです。

  • 日本語対応のコールセンター
  • JCBプラザ、JCBプラザラウンジを通じた日本語による対面サポート

が受けられるのは、日本人にとっては大変心強いでしょう。

teacher
海外旅行の時に安心を持ち歩く、という意味でも、JCBカードがあると安心ですね。

39歳以下なら、いつでもポイントが2倍になる上に、年会費無料のこちらのカードがおすすめです。

JCB CARD W

カード分類一般カード
国際ブランドJCB
申込方法-
発行スピード-
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)1.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
JALマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限15,000ポイント)
スカイマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージQUICPay利用、楽天Edy
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
ショッピング保険/国内利用(最大)-
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
75%(6/8)21万円18万円11.8日3.8