Yahoo!JAPANカードのPayPay・nanacoクレジットポイントが変更へ。2020年2月以降にPayPayをお得に使うには?

Yahoo!JAPANは、同社が発行しているクレジットカード「Yahoo!JAPANカード」について、QRコード決済のPayPayおよび電子マネーのnanacoへのチャージを行った際のクレジットポイントの進呈を、2020年2月1日(土)より取りやめる旨の発表を行いました。

発表の詳細は?

発表の詳細は?

今回発表されたのは

  • PayPay
  • nanaco

についての扱いの変更です。それぞれについて、2019年12月24日の時点で分かっている詳細をお伝えしましょう。

PayPay

現状、Yahoo!JAPANカードを利用し、PayPay決済もしくはPayPay残高チャージを行った場合、利用額に応じたTポイントが付与されました。しかし、2020年2月1日(土)0治000分からの利用分については、Tポイントの付与が一切行われなくなります。

新(2/1~)
PayPay決済Tポイント1%なし
PayPay残高チャージTポイント1%なし

出典:PayPay・nanacoクレジットポイント変更のお知らせ – お知らせ – Yahoo!カード

nanaco

現状、Yahoo!JAPANカードを利用し、nanacoへのクレジットチャージやオートチャージを行った場合も利用額に応じてTポイントが付与されてきました。しかし、PayPayと同様、2020年2月1日(土)0治000分からの利用分については、Tポイントの付与が一切行われなくなります。

新(2/1~)
nanacoクレジットチャージTポイント0.5%なし
nanacoオートチャージTポイント0.5%なし

出典:PayPay・nanacoクレジットポイント変更のお知らせ – お知らせ – Yahoo!カード

売上情報の到達時点に注意

man
それなら、変更になる前にPayPayで買い物をしておかないと!

と思う人も中にはいるかもしれません。しかし、ポイント付与の規定は「いつ、Yahoo!JAPAN側に売上情報が到達していたか」で、適用される内容が異なります。

変更期限ぎりぎりでの買い物の場合、ポイントが付与されないこともあるので、タイミングには気を付けましょう。

ニュースに関する考察ー2020年以降にPayPayをお得に使うには?ー

今回のYahoo!JAPANカードのPayPay・nanacoに関するポイント付与の規定の変更は「改悪」といって差支えないでしょう。PayPayの残高チャージに使える唯一のクレジットカードということで、重宝していた人も多かったはずだからです。


このような状況下で、PayPayをお得に使うには、どうすればいいのでしょうか?

Kyash+還元率の高いクレジットカードがやはり〇

PayPayでの支払いを行うと、「PayPay利用特典」ということで、利用額の1.5%相当がPayPayボーナス(残高として利用可能)として付与されます。しかし、この特典は、Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードを登録して支払いを行った場合は、受けられません。

Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードは、PayPay利用特典の対象外、PayPay残高へのチャージも非対応となります。

出典:PayPay・nanacoクレジットポイント変更のお知らせ – お知らせ – Yahoo!カード

そうなると、登録するクレジットカード自体の還元率が1.5%以上になるようにしないと、PayPayを経由するメリットはなくなることになります。

ここで考えて欲しいのが

Kyashと還元率の高いクレジットカードを組み合わせること

です。

Kyashとは、国際ブランドとしてVisaが付帯したプリペイドカードの1つです。

Visa、Mastercardが付帯したクレジットカード、デビットカードと組み合わせて使うことで、利用額の1%がKyashポイントとして付与され、次回以降の支払いに使えることから、人気を博してきました。

Kyashについても、最近新しいカードとして「Kyash Card」の発行を開始することが報道されましたが、Kyash Cardと還元率の高いクレジットカードを組み合わせることで、還元率を高めるのは可能です。

「Kyash Card」の発行の件はこちらの記事で詳しく読めます。

Kyash Cardであれば、Visa、Mastercardが付帯したクレジットカードを登録して決済に使うと、常時その場で1.0%のKyashポイントが還元されます。

例えば、大手クレジットカード会社・オリコカードが発行しているOrico Card THE POINTは、常時還元率が1.0%以上と、業界でも屈指の高還元率を誇るクレジットカードとして知られています。

Orico Card THE POINT

カード分類一般カード
国際ブランドMastercard、JCB
申込方法-
発行スピード最短8営業日
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)300万円
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)2.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.6マイル)
JALマイル(1ポイント=0.5マイル)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージiD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
ショッピング保険/国内利用(最大)-
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
98%(41/42)44万円20万円11.0日3.8

このカードとKyash Cardを組み合わせると、常時還元率2.0%以上が達成できるのです。

例えば、1,000円の支払いをした場合は20円相当が還元されます。

ここまで来ると、PayPayを使う意味が乏しくなってきますが、汎用性の高い情報として、覚えておくといいでしょう。