アメリカン・エキスプレスのクレジットカードについているキャンセルプロテクションとは?補償内容から実際にトラブルが起こったときの手続きまでを解説

man
うーん、どうやって嫁さんへの言い訳考えようかな。
teacher
どうしたんですか?
man
実は、昨日いきなり「来週から台湾に2週間出張に行って」と言われました。もちろん行きますが、1つ困ったことがありまして。
teacher
どういうことですか?
man
再来週が妻の誕生日なので、旅行に連れて行こうと予約していたんです。キャンセル料もかかるし困っています。
teacher
そうですか。ちなみに、旅行の予約に使ったクレジットカードって、どこのですか?
man
アメックスのゴールドです。
teacher
奥様への説明はともかく、キャンセル・プロテクション使えば、キャンセル代の足しにできるかもしれませんよ。

世界的な国際ブランドの一角としても有名なアメリカン・エキスプレス。日本でも古くから事業を展開してきた、おなじみのクレジットカード会社でもあります。そのアメリカン・エキスプレスが自社で発行しているクレジットカード(プロパーカード)のうち、一部に付帯しているのが「キャンセル・プロテクション」です。今回は、このキャンセル・プロテクションについて詳しく解説しましょう。

キャンセル・プロテクションとは?

キャンセル・プロテクションとは?

最初に、キャンセル・プロテクションについて解説しましょう。

キャンセル費用を補償する保険のこと

一言でまとめると

キャンセル料を負担してくれる保険

のことです。

つまり「やむを得ない」と判断される理由がもとで、一定の条件に当てはまる商品・サービスをキャンセルしたことで、キャンセル料を支払った場合に、補償が受けられます。

キャンセル・プロテクションが適用される商品・サービスの具体例

キャンセル・プロテクションが適用される商品・サービスの具体例
man
ふむふむ、なるほど。どんな商品やサービスならいいんですか?

キャンセル・プロテクションの対象となる商品・サービスについては、アメリカン・エキスプレスが定めた「キャンセル・プロテクション補償規定」に盛り込まれています。

以下の6つですが、わかりにくいので、具体例も示しながら解説しましょう。

  1. 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  2. 旅館、ホテルなど宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  3. 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  4. 宴会、パーティーの用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  5. 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  6. 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行

1.パッケージツアーを旅行会社で申し込んでいた

「国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス」とは、具体的には旅行会社で予約したパッケージツアーを指します。パッケージツアーの場合、個人で旅行を手配する場合に比べて、早い時期からキャンセル料がかかるのが一般的な扱いです。例えば、大手旅行会社の近畿日本ツーリストの場合、海外パッケージツアーのキャンセル料については、以下のように規定されています。

旅行開始日がピーク時の旅行である場合

旅行契約の取消期日取消料(お一人)
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって40日前~31日前
(ピーク時とは、12月20日~1月7日、4月27日~5月6日、7月20日~8月31日をいいます。)
旅行代金の10%
但し上限を50,000円とします。

出典:FAQ | 【海外ツアー】キャンセル料について | 近畿日本ツーリスト

旅行開始日がピーク時・通常期共通の扱い

旅行契約の取消期日取消料(お一人)
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって30日前~15日前旅行代金が50万円以上—-100,000円
旅行代金が30万円以上50万円未満—-50,000円
旅行代金が15万円以上30万円未満—-30,000円
旅行代金が10万円以上15万円未満—-20,000円
旅行代金が10万円未満—-旅行代金の20%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって14日前~3日前旅行代金の20%
旅行開始日の前々日及び前日旅行代金の50%
旅行開始日当日(旅行開始前)旅行代金の50%
旅行開始後の取消または無連絡不参加旅行代金の100%

出典:FAQ | 【海外ツアー】キャンセル料について | 近畿日本ツーリスト

2.自分でホテルや旅館を予約していた

「旅館、ホテルなど宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス」に当たるのがこれです。つまり、旅行代理店を通さず、自分で予約サイトやアメリカン・エキスプレスのコンシェルジュサービスを利用し、ホテルや旅館を予約していた場合を指します。

宿泊先の施設や時期によって多少の差はありますが、やはり、泊まる当日が近づけば近づくほど、キャンセル料がかかる上に、金額も上がっていくのは同じです。また、ホテルによっては、事前の料金支払いを必須とし、泊まれなくなった場合は前払いで納めた料金の全額を100%とするプランを提供していることもあります。

いずれにしても、キャンセルするタイミングによっては、泊まってもいないのにキャンセル料だけで支払うべき金額が大きくなってしまうことも考えられます。

3.飛行機や新幹線、高速バスやクルーズ船を予約していた

「航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送」がこれに当たります。飛行機や新幹線など、旅行に行くために手配していた交通機関が使えなくなった場合、所定の払い戻し手数料がかかります。これをキャンセル料とみなして、補償の対象とすると考えましょう。

一定の理由であればキャンセル料がかからないことも

病気で入院したことやケガをしたことが原因で飛行機に乗れそうにない場合、航空会社によっては、一定期間内の別の便への振替や、航空券の払い戻しを手数料無料で行ってくれることがあります。もし、思い当たる節があれば、すぐに航空会社に連絡し、対応を仰ぎましょう。

4.レストランやホテルで宴会や食事をするつもりだった

「宴会、パーティーの用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス」がこれに当たります。レストランやホテルで食事をする場合でも、会社のスタッフが全員参加するなどの大規模なものであれば、キャンセル料もそれなりにかかってくるはずです。また、家族と食事に行く場合であっても、当日にキャンセルした場合は、コース料理の全額を請求されるのも珍しくありません。

5.ジムのパーソナルトレーニングやピアノのレッスンを予約していた

「運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供」がこれにあたります。ジムのパーソナルトレーニングや楽器のレッスンなど「講師やインストラクターの時間枠を押さえ、その中でレッスンを受ける」場合、当日その場に行けないと、キャンセル料がかかります。

講師やインストラクターの立場から見れば、その時間がまるまる空いてしまうので、収入が入ってこないためです。

6.コンサートやミュージカルを見に行くつもりだった

「演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行」がこれにあたります。コンサートやミュージカル、美術展や映画の上映については、チケットの不当に価格を釣り上げた転売が横行したため、転売そのものに関する規制が年々厳しくなっています。

友達や家族に行ってもらう方法もありますが、行けそうな人が見つからなかったら、ひとまず諦めるしかありません。もちろん、チケット代は自腹になります。

キャンセル・プロテクションが適用される条件の具体例

キャンセル・プロテクションが適用される条件の具体例

一方、対象になる商品・サービスをキャンセルした原因が何であれば、キャンセル・プロテクションが適用されるのでしょうか。これについても、補償規定と照らし合わせながら解説していきましょう。次の4つのケースについて解説します。

  1. 自分や家族に万が一のことがあった
  2. 自分や家族が病気やケガで入院した
  3. 自分や家族がケガで病院にかかった
  4. 急な出張を命じられた

1.自分や家族に万が一のことがあった

自分や家族に万が一のことがあったのが原因だった場合、キャンセル・プロテクションが適用されます。厳密に言うと、次の範囲に当てはまる人が死亡した場合です。

  • クレジットカード本会員
  • クレジットカード本会員の配偶者(夫、妻)
  • クレジットカード本会員の1親等以内の親族(実親、実子、養親、養子)

なお、万が一のことになったのが原因で商品やサービスをキャンセルする場合、キャンセル・プロテクションの対象となるのは亡くなった日から数えて31日以内に提供されるものです。ただし、クレジットカード会員本人が亡くなった場合は、この限りではありません。

teacher
もし、ご本人が亡くなってしまった場合は、クレジットカードの解約の手続きもしなくてはいけないので、一度電話をかけ、キャンセル・プロテクションの手続きも含めて話してみるといいと思いますよ。万が一のときのクレジットカードの解約の手続きは、こちらの記事でも解説しています。

2.自分や家族が病気やケガで入院した

自分や家族が病気やケガで入院した場合も、キャンセル・プロテクションが適用されます。「自分や家族」が誰を指すのかについては、万が一のことがあった場合と同じです。

なお、入院したことが原因で商品やサービスをキャンセルする場合、キャンセル・プロテクションの対象となるのは入院した日から数えて31日以内に提供されるものです。

3.自分や家族がケガで病院にかかった

入院するほどではなくても、病院に行かなくてはいけないほどのケガをしてしまったら、実際に外出するのは厳しくなります。このような場合も、キャンセル・プロテクションが適用されます。なお、「自分や家族」が誰を指すのかについては、万が一のことがあった場合と同じです。

なお、ケガをして病院に行ったことが原因で商品やサービスをキャンセルする場合、キャンセル・プロテクションの対象となるのは、そのケガが原因で病院に行った当日に提供されるものです。

teacher
具体的には、お店や会場に向かう途中、交通事故に遭ったり、階段から落ちたりしてケガをしたことが考えられますね。

4.急な出張を命じられた

会社の業務命令による出張が原因で、商品やサービスをキャンセルすることになった場合も、キャンセル・プロテクションの対象になります。なお、この理由で商品やサービスをキャンセルする場合、キャンセル・プロテクションの対象となるのは出張の開始日から出張の終了日までに提供されるものです。

キャンセル・プロテクションがついているアメリカン・エキスプレスのカードとその補償限度額は?

キャンセル・プロテクションがついているアメリカン・エキスプレスのカードとその補償限度額は?
man
なるほど、出張でも使えるんですね。僕のカードでもいけそうですか?

キャンセル・プロテクションはやむを得ない事情で予定を変更しないといけないときに、非常に便利な制度です。しかし、どのクレジットカードにもついているわけではない上に、補償を受けられる金額や回数にも上限があることを覚えておきましょう。

付帯する8種類のカードを紹介

キャンセル・プロテクションが付帯しているのは、以下のクレジットカードです。

()内は、以降において用いるカードの略称です。
  1. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールドカード)
  2. アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックスプラチナカード)
  3. アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(アメックスビジネスゴールドカード)
  4. アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(アメックスビジネスプラチナカード)
  5. アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア(アメックススカイトラベラープレミア)
  6. ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(ANAアメックスゴールド)
  7. デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(デルタアメックスゴールド)
  8. スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)

基本的には、ステータスがゴールド、プラチナ、ブラックのものに付帯すると考えましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
カード分類ゴールドカード
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込方法-
発行スピード通常1~3週間
年会費(税込)31,900円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)1.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.5マイル)
スカイマイル(1ポイント=0.5マイル)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージ楽天Edy
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:5,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)5,000万円(自動付帯:5,000万円)
ショッピング保険/国内利用(最大)500万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
100%(2/2)75万円20万円12.0日4.5

いわゆる「プロパーカード」のみなので注意

一口に「アメリカン・エキスプレスのクレジットカード」と言っても、厳密には以下の2種類があります。

プロパーカードアメリカン・エキスプレスが自社で発行するカード
提携カードアメリカン・エキスプレスが外部の企業と提携し、外部の企業名を冠して発行するカード

提携カードの例としては「セゾンゴールド・アメリカン・インターナショナル・カード」があります。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
カード分類ゴールドカード
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込方法-
発行スピード最短3営業日
年会費(税込)11,000円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)300万円
ポイント還元率(下限)0.75%
ポイント還元率(上限)1.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=3マイル、交換上限なし、交換手数料無料)
JALマイル(1ポイント=2.5マイル、交換上限なし、交換手数料無料)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージiD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)5,000万円(自動付帯:5,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)5,000万円
ショッピング保険/国内利用(最大)200万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
100%(2/2)75万円20万円12.0日4.5

そして、提携カードの場合、2020年4月現在のところは、キャンセル・プロテクションは付帯していません。もちろん、例として紹介した「セゾンゴールド・アメリカン・インターナショナル・カード」も同様です。

もし、どうしてもキャンセル・プロテクションを使いたい場合は「アメリカン・エキスプレスが自社で発行しているカード=プロパーカード」かつ、ステータスがゴールド以上のものを選びましょう。

各カードごとの補償額を比較

次に、一体いくら補償が受けられるのかについても確認しておきましょう。わかりやすくするために、1年間でキャンセル・プロテクションにより補償が受けられる金額を、表にしてみました。

カード名入院の場合通院の場合出張の場合
アメックスゴールド
アメックススカイトラベラープレミア
ANAアメックスゴールド
デルタアメックスゴールド
SPGアメックス
最高10万円最高3万円最高10万円
アメックスプラチナカード最高50万円最高15万円最高50万円
アメックスビジネスゴールド最高10万円最高3万円なし
アメックスビジネスプラチナカード最高50万円最高15万円なし

万能ではないことにも注意

この表を使う上で、大事な点を伝えておきましょう。出張を理由とした商品・サービスのキャンセルで、キャンセル・プロテクションにより補償が受けられるのは、年間1回だけです。家族の不幸や入院、通院の場合は、1年間で利用できる回数に制限はありませんが、補償してもらえる上限額が表に定められた金額から上がることもありません。

出張はともかくとして、ご家族の不幸やケガや病気は、確立としては低いし、本来はないほうがいいに決まっています。だからこそ、1年に使える金額も低くなっていると考えましょう。

実際にキャンセル・プロテクションを使う場合の流れ

実際にキャンセル・プロテクションを使う場合の流れ

最後に、実際にキャンセル・プロテクションを使いたい場合の手続きの流れを解説しましょう。大まかに言うと

  1. アメリカン・エキスプレスに電話で連絡する
  2. 必要な書類を用意する
  3. 書類を返送する

1.アメリカン・エキスプレスに電話で連絡する

まずは、自分が使っているアメリカン・エキスプレスのクレジットカードを用意し、裏面に書いてある電話番号にかけましょう。オペレーターにつながったら、キャンセル・プロテクションを利用したい旨を伝えてください。

2.必要な書類を用意する

必要な書類を用意しましょう。どんな理由であっても必要になるのは、こちらの書類です。

  • アメリカン・エキスプレスが定める事故状況報告書(電話連絡すれば送ってもらえます。)
  • 商品・サービスにかかる契約書または契約書の事実を証明する書類
  • カード会員が負担したキャンセル費用の額を証明する書類
  • カード会員との続柄を証明する戸籍謄本等の資料

また、キャンセルした原因によって、以下の書類が必要になります。

  • 死亡によるキャンセルの場合は、死亡診断書または死体検案書
  • 入院によるキャンセルの場合は、入院日、入院日数および傷害または疾病の内容を証明する医師の診断書
  • 通院によるキャンセルの場合は、通院日、傷害の内容を証明する医師の診断書
  • 出張によるキャンセルの場合は、出張命令の事実を証明する書類
  • 死亡または入院の直接の原因が疾病(=病気)である場合は、その疾病が2006年2月1日以降に発病したものであることを証明する医師の診断書
  • アメリカン・エキスプレスがクレジットカード会員の病状・治療内容等について医師に照会し、説明を求めることについての同意書
この他にも、状況に応じて必要になる書類があるので、申出があったら用意しましょう。

3.書類を返送する

書類が揃ったら、返送用の封筒に入れて、アメリカン・エキスプレスに送りましょう。アメリカン・エキスプレス側で内容を確認し、問題がなければ、補償金が振り込まれます。

なお、2020年2月から日本国内でも新型コロナウイルス感染症が流行し、大規模イベントや海外旅行の自粛要請が出ています。本来、感染症の流行を原因としたキャンセルは、キャンセル・プロテクションの対象外ですが、今回の新型コロナウイルス感染症については、特別措置を設けています。こちらの記事で解説しているので、併せて読んでみてください。