【アンケート調査】クレジットカードの不正利用、ワースト1の手口は「ネットショッピング詐欺」。1割弱の人が補償を受けられなかった事実も発覚。不正利用被害後の対策は「そのクレジットカードを解約する」こと

クレジットカード比較プロでは、今回「クレジットカードの不正利用」をテーマにしたアンケート調査・リサーチを行いました。その結果を報告します。

なお、アンケート中の回答割合に関する数値については、四捨五入を行っているため、必ずしも合計が100%とならない場合があります。

目次

アンケート調査対象

項目(大分類)項目(小分類)人数(名)割合(%)
回答者数181名
男女比男性91名50.3%
女性90名49.7%
年代比10代0名0.0%
20代22名12.2%
30代70名38.7%
40代60名33.1%
50代22名12.2%
60代5名2.8%
70代以上2名1.1%
職業会社員(正社員)70名38.7%
会社員(契約社員)7名3.9%
公務員0名0.0%
自営業・自由業48名26.5%
会社役員・経営者3名1.7%
パート・アルバイト21名11.6%
学生2名1.1%
専業主婦(夫)21名11.6%
無職9名5.0%
世帯年収50万円未満4名2.2%
50~100万円未満6名3.3%
100~150万円未満5名2.8%
150~200万円未満7名3.9%
200~250万円未満8名4.4%
250~300万円未満11名6.1%
300~350万円未満12名6.6%
350~400万円未満18名9.9%
400~450万円未満20名11.0%
450~500万円未満16名8.8%
500~600万円未満23名12.7%
600~700万円未満16名8.8%
700~800万円未満14名7.7%
800~900万円未満9名5.0%
900~1000万円未満2名1.1%
1000万円以上10名5.5%
調査時期2020年4月17日~4月20日
調査媒体ランサーズ

アンケート調査「クレジットカードの不正利用に関するアンケート調査」

Q.1 あなたが遭遇した、クレジットカードの不正利用の方法は、次のうちどれですか。1つ選んでください。※ 複数回不正利用されたことがある場合は、直近で遭遇したものについてお答えください。※ 原因がわからなかった場合は「わからない」をお選びください。

最多は「ネットショッピング詐欺」
次点は「スキミング」
「わからない」も全体の1割強
Q.1 あなたが遭遇した、クレジットカードの不正利用の方法は、次のうちどれですか。1つ選んでください。※ 複数回不正利用されたことがある場合は、直近で遭遇したものについてお答えください。※ 原因がわからなかった場合は「わからない」をお選びください。
項目人数(名)割合(%)
フィッシング詐欺22名12.2%
なりすまし16名8.8%
ネットショッピング詐欺50名27.6%
盗難・紛失25名13.8%
EC事業者による情報漏洩10名5.5%
スキミング23名12.7%
悪質出会い系サイト3名1.7%
その他0名0.0%
わからない24名13.3%

Q.2.あなたがQ1で答えたクレジットカードの不正利用に気が付いたきっかけは、次のうちどれですか。1つ選んでください。

過半数が「クレジットカード会社から電話、メールで連絡があった」
約4分の1が「Web、アプリ、封書などで利用代金明細を見て気づいた」
Q.2.あなたがQ1で答えたクレジットカードの不正利用に気が付いたきっかけは、次のうちどれですか。1つ選んでください。
項目人数(名)割合(%)
クレジットカード会社から電話、メールで連絡があった95名52.5%
Web、アプリ、封書などで利用代金明細を見て気づいた49名27.1%
銀行口座から利用金額が引き落とされた14名7.7%
利用通知サービスを確認した9名5.0%
クレジットカードの利用が停止されていた3名1.7%
警察から連絡があった1名0.6%
その他10名5.5%

Q.3.Q1で答えたクレジットカードの不正利用による被害額はどのぐらいですか。以下から1つ選んでください。

1万円未満が全体の約4分の1
10万円超の高額になるケースも散見
Q.3.Q1で答えたクレジットカードの不正利用による被害額はどのぐらいですか。以下から1つ選んでください。
項目人数(名)割合(%)
0円~500円未満12名6.6%
500円~1,000円未満2名1.1%
1,000円~5,000円未満14名7.7%
5,000円~10,000円未満26名14.4%
10,000円~30,000円未満31名17.1%
30,000円~50,000円未満26名14.4%
50,000円~70,000円未満12名6.6%
70,000円~100,000円未満24名13.3%
100,000円~300,000円未満24名13.3%
300,000円~500,000円未満3名1.7%
500.000円~1,000,000円未満7名3.9%
1,000,000円超0名0.0%

Q.4.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、なぜ不正利用されたのか原因は知っていますか?知っている場合は、その原因を知ることができた理由を以下の選択肢から選んでください。※ 知ることができなった場合は「知らない」を選んでください。

最多は「クレジットカード会社から聞いた」
「知らない」も一定数存在
Q.4.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、なぜ不正利用されたのか原因は知っていますか?知っている場合は、その原因を知ることができた理由を以下の選択肢から選んでください。※ 知ることができなった場合は「知らない」を選んでください。
項目人数(名)割合(%)
クレジットカード会社から聞いた80名44.2%
警察から聞いた0名0.0%
自分で気づいた48名26.5%
その他1名0.6%
知らない51名28.2%

Q.5.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、不正利用かどうかの調査が行われている間、その利用分についての扱いはどうなっていましたか。以下の選択肢から選んでください。

過半数が「不正利用の調査中は、引き落としを保留してもらった」
Q.5.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、不正利用かどうかの調査が行われている間、その利用分についての扱いはどうなっていましたか。以下の選択肢から選んでください。
項目人数(名)割合(%)
一度引き落としが行われ、不正利用でないと証明されたら返金される予定だった44名24.3%
不正利用の調査中は、引き落としを保留してもらった97名53.6%
その他29名16.0%
覚えていない11名6.1%

Q.6.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、クレジットカード会社による調査が完了するまでには、どのぐらいかかりましたか。以下の選択肢から選んでください。※ 現在調査中で、まだ結果が出ていない場合は「調査中」を選んでください。

「1週間以内」が過半数
2カ月超のケースはまれ
Q.6.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、クレジットカード会社による調査が完了するまでには、どのぐらいかかりましたか。以下の選択肢から選んでください。※ 現在調査中で、まだ結果が出ていない場合は「調査中」を選んでください。
項目人数(名)割合(%)
1週間以内94名51.9%
1週間~2週間未満32名18.2%
2週間~3週間未満18名9.9%
3週間~4週間未満10名5.5%
1カ月~2カ月未満18名9.9%
2カ月~3カ月未満3名1.7%
3カ月超5名2.8%
Q.6.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、クレジットカード会社による調査が完了するまでには、どのぐらいかかりましたか。以下の選択肢から選んでください。※ 現在調査中で、まだ結果が出ていない場合は「調査中」を選んでください。

Q.7.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、最終的に補償を受けることは できましたか。※ 現在調査中で、まだ結果が出ていない場合は「調査中」を選んでください。

9割弱が補償を受けられた
Q.7.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、最終的に補償を受けることは できましたか。※ 現在調査中で、まだ結果が出ていない場合は「調査中」を選んでください。
項目人数(名)割合(%)
はい160名88.4%
いいえ14名7.7%
調査中7名3.9%

Q.8.Q7で「いいえ」を選んだ人への質問です。補償を受けられなかった原因は、次のうちどれにあてはまりますか。1つ選んでください。※ Q7で「はい」を選んだ場合は「補償が受けられた」を選んでください。※ Q7で「調査中」を選んだ場合は「調査中」を選んでください。

連絡の遅れは致命的
Q.8.Q7で「いいえ」を選んだ人への質問です。補償を受けられなかった原因は、次のうちどれにあてはまりますか。1つ選んでください。※ Q7で「はい」を選んだ場合は「補償が受けられた」を選んでください。※ Q7で「調査中」を選んだ場合は「調査中」を選んでください。
項目人数(名)割合(%)
不正利用されてからクレジットカード会社に連絡するまで時間がかかった6名3.3%
警察に被害届を出していなかった4名2.2%
クレジットカードの裏面に署名してなかった2名1.1%
クレジットカード会社から証拠として提出を求められた書類(レシートなど)に不備があった1名0.6%
誕生日など他人から推測されやすい番号を暗証番号にしていた0名0.0%
実は家族や知人・友人など「自分以外の第三者」に貸していた1名0.6%
暗証番号を書いたメモを人に見られるところに置いていたなど、暗証番号を知られてしまった0名0.0%
SNSにクレジットカードの写真をアップしたなどの理由で、情報を盗み見された0名0.0%
その他15名8.3%
補償が受けられた144名79.6%
調査中8名4.4%

 Q.9.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、そのクレジットカードの利用明細はこまめに確認していましたか。次の中からあなたの状況に近いものを1つ選んでください。

「月1回」が全体の約4割
「毎回確認」は全体の2割弱
 Q.9.Q1で答えたクレジットカードの不正利用について、そのクレジットカードの利用明細はこまめに確認していましたか。次の中からあなたの状況に近いものを1つ選んでください。
項目人数(名)割合(%)
利用したら毎回確認していた71名39.2%
週4回以上は確認していた16名8.8%
週2~3回は確認していた12名6.6%
週1回は確認していた33名18.2%
月2~3回は確認していた10名5.5%
月1回は確認していた2名1.1%
その他10名5.5%
確認はしなかった18名9.9%

 Q.10.不正利用の被害にあった後、何か対策は講じましたか。あなたが済ませた対策を、以下の選択肢から1つ選んでください。

全体の4割弱が「解約」を選択
利用明細をこまめに確認するようになった人も
 Q.10.不正利用の被害にあった後、何か対策は講じましたか。あなたが済ませた対策を、以下の選択肢から1つ選んでください。
項目人数(名)割合(%)
不正利用されたクレジットカードを解約した71名39.2%
暗証番号を他人から推測されない数字にした16名8.8%
クレジットカードに二段階認証を設定した12名6.6%
利用明細をこまめに確認するようにした33名18.2%
利用通知がメール、アプリで届くようにした10名5.5%
定期的に銀行口座の入出金と残高の確認をするようにした2名1.1%
オンラインショッピングの業者を選定するようになった10名5.5%
特にこれと言って対策は講じていない18名9.9%
その他0名0.0%

アンケートに関する考察

ネットショッピング詐欺には要注意

今回のアンケートでは、まず、クレジットカードの不正利用が行われた手口について調査を行いました。最も多かったのが「ネットショッピング詐欺」です。近年では手口も巧妙化してきて、Amazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの大手サイトと見分けがつかないくらい精巧に作ってある詐欺サイトも増えてきました。

ネットショッピング詐欺にあわないようにするためには、ネットショッピング詐欺に使われるサイトの特徴を知っておくといいでしょう。次のチェックポイントも参考にしてみてください。

  • 見た目、日本語の文法、フォントに不自然さはないか
  • 販売会社、連絡先の記載内容に矛盾はないか
  • 代金支払い方法として、クレジットカードの他に代金引換、銀行振込も利用できるかどうか

不正利用=高額とは限らない

次に、不正利用された金額についても質問を行いました。結果を見てみると「1万円未満」と比較的安い場合が一定数存在するのに対し、10万円以上の高額になるケースも散見されたのが事実です。別の側面から考えると、高額の不正利用であれば、利用明細を見るうちに気づくことが多いので、クレジットカード会社に連絡すればすぐに調査に乗り出してもらえるでしょう。

一方、毎月500円から1000円程度の金額が引き落とされるというパターンの不正利用も考えられます。しかも、このパターンの場合、金額が軽微なだけに、不正利用であることに気づきにくい可能性が高いです。

放置しておくと、逆に補償が受けられなくなるので「何かおかしい」と思った時点で連絡しましょう。

最大の対策はやはり「解約」?

最後に、不正利用された後、なんらかの対策を講じたかについても質問を行いました。対策として挙げた人が多かったのは「不正利用されたクレジットカードを解約する」ことです。解約してしまえば、二度とそのクレジットカードの情報が使われることがないため、対策としては非常に強力でしょう。

それでも、長年使ってきたクレジットカードだったら、解約するのもためらうはずです。まずは、不正利用の被害に遭わないよう、日ごろから

  • 利用明細をこまめにチェックする
  • 暗証番号に推測されやすい数字は使わない
  • 怪しいネットショッピングサイトは使わない

など、対策を打つことを考えましょう。

クレジットカードの不正利用の手口については、別記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。