ブラックリストに載った方がクレジットカードを作る方法

man
「クレジットカードの審査に中々通過しない・・・」
「ブラックリストに載ったかもしれない・・・」

このような悩みをお持ちではありませんか?

過去に支払いを延滞してしまったから、カード会社にブラックリストに入っているのではと感じている人も多いかと思います。

けれども名前だけはよく聞くブラックリストですが、その実態はよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • ブラックリストとは何か
  • ブラックリストになる理由
  • ブラックリストになるとどうなるか
  • ブラックリストの方でも通過の可能性があるクレジットカード

これらを中心に解説していきます。

ブラックリストかもしれないけれど、クレジットカードを作りたいという方は、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

ブラックリスト入りした場合は、カードが作れない可能性は高い

ブラックリスト入りした場合は、カードが作れない可能性は高い

クレジットカードの審査において、不利になる項目の一つがブラックリストと呼ばれているものでしょう。そもそも、ブラックリストとは、造語で実際には存在していません。

しかし、ブラックリストはよく聞く単語かと思います。

その意味は、金融会社から「要注意人物」として登録されている人のことを主に指します。一見かっこよく聞こえるブラックリストですが、その実態は問題の多い人のリストのことなのです。

では、なぜクレジットカード会社はブラックリストを作成するのでしょうか、そもそも金融会社は、個人信用情報機関という専門機関にカードを作る審査の際に、申込者の情報を必ず確認します。

この時の申込者の情報をクレジットヒストリー(クレヒス)と呼びます。このクレヒスは、すべての金融会社での情報が統合されたものなのです。

つまり、クレジットカードの使用履歴も消費者金融の履歴も、すべてこのクレヒスに記録されます。

そのため、この情報は自分で書き換えることやクレジットカード会社に秘密にしておくことなどは不可能なのです。クレジットカード会社がカードを発行するかは、この情報が大いに関わってきます。

クレジットカードは、そもそも信用取り引きの一種のため、あとから資金が回収できなければ、クレジットカード会社は大損をしてしまいます。

だからこそ、信用力のない人には極力クレジットカードを発行したくないのです。

そこで、ブラックリストの話が出てきます。ブラックリストに載ってしまう大まかな条件は、

  • 何らかの支払いを延滞する
  • 自己破産

などをしているかです。このどちらのパターンもクレジットカード会社から見れば、大損しているのです。

クレジットカード会社としては、以前大損させられている人物に対して、クレジットカードを発行はしたくないのです。もう一度きっちり支払いをしてもらえない可能性も十分にあるためです。

そのため、一般の信用力のある人と信用力の少々ない人を区別するためにクレジットカード会社は独自にブラックリストというものを作成し、「審査の見極めをしている」というわけなのです。

このブラックリストの存在があるために、このリストに載ってしまった場合には、

  • 中々クレジットカードを発行してもらえない
  • 発行してもらえても条件が厳しい

が多いのです。

しかし、ブラックリストに載ったからといってクレジットカードを全く作れないわけではありません。確かに作りにくくはなりますが、作れる可能性は十分にあります。

そのためにもブラックリストにも2種類あるため、次の項目で、ブラックリストの種類について解説します。

一時的なブラックリストの場合

一時的なブラックリストの場合

ブラックリストには、「一時的な場合」と「長期間の深刻なブラックリスト」が存在がしています。

前提条件として、どちらも支払いが遅れた場合などに起こります。ブラックリストの判断基準は、クレヒスを確認することでできます。

まず、一時的なブラックリストの条件は、「過去2年以内に延滞を2ヶ月連続で起こした場合」には、一時的にブラックリスト入りです。

この時の延滞はクレジットカードの支払いだけでなく、消費者金融や住宅ローンなど、「すべての金融情報」を指します。

つまり、消費者金融で少額だけ借りていたけれども、利息の支払いが1日遅れや、預金がなくてクレジットカードの支払いを数日延滞してしまったなどの場合が、このブラックリストに該当します。

もしも延滞をしてしまった場合には、自身のクレヒスに、正常の支払い完了マーク以外の「A」や「P」のマークがつけられます。

クレヒスには、それぞれ支払い状況によって独自のマークが設定されています。その内容は以下のとおりです。

  • $:正常に入金できている
  • A:お客の事情により入金されていない
  • P:一部しか入金ができていない
  • R:お客以外から入金があった
  • B:お客の事情とは無関係で入金が無かった
  • C:入金されていないが、その原因がわからない
  • ―:請求もなく入金も無かった

主に使われるのは、上の3つです。

支払いが遅れたりした場合のマークである「AやP」のマークが2ヶ月連続でついてしまった場合には、ブラックリスト入りしているため確認の際に参考にしてみてくださいね。

そして、この支払い履歴の状態で、クレジットカードを新たに申し込んだとしても審査に通過するのは、難しいでしょう。

このクレヒスは、「24ヶ月分が残ってしまう仕組み」のため、買い物をして常に更新しておく必要があるためです。

Aマークのある状態では、クレジットカード会社が支払い不備をすぐに見つけてしまいます。そうなった場合には、クレジットカード会社としても損をしないためにクレジットカードの発行を見送る可能性が高いのです。

だからこそ、支払いを延滞してしまった場合には、新しいクレヒスに更新する必要があるのです。

新しい履歴を作ることができれば、古い履歴を押し出すことができます。そうすれば、審査に不利になることも少なくなります。

もちろん、クレヒスを消すことはできないため、支払い遅れを完全になかったことにしてクレジットカードを作ることはできません。

しかし、印象を良くすることはできます。クレジットカードの支払い履歴もどのカード会社でも閲覧できるため、まずは支払い履歴の更新から始めるといいでしょう。

teacher
新しい履歴を作るのも2ヶ月ではなく、半年ほど実績を積んだあとに申し込みをしたほうがより確実にクレジットカードを作ることができるでしょう。

長期のブラックリストの場合

長期のブラックリストの場合

先程の場合は、半年ほどクレヒスを貯めればある程度対応できる軽い一時的な問題でしたが、こちらは少々深刻です。

まず、普通に申し込みをしてもクレジットカード会社から「即時審査に落とされる」場合がほとんどです。

こちらの場合は、「3ヶ月以上の延滞履歴がある人」が対象となり、このケースに当てはまる人を俗に言うブラックリストとして認識されているのです。

延滞履歴の場合以外にも、クレヒスに「異動」がある方もブラックと呼ばれます。

この「異動」は、借入金を多く借りたものの返せなくなり、自己破産などの債務整理で支払いの義務がなくなった方のことを指します。

クレジットカード会社から見ると、最も警戒するべき人物と言えるでしょう。

この「異動」情報は、個人信用情報機関に5年間保管されるというのが、一般的に言われています。

このようなブラックリスト認定された方は、クレジットカードの審査に通りにくくなります。しかし、全く通らないとも言い切れません。

これはクレジットカード会社によって審査基準が異なるため、一概には言えないためなのです。

これらの個人信用情報機関に登録されている情報は、5年間保管が義務付けられているため、5年以降はクレヒスが登録されていない、真っ白な状態に戻ります。

teacher
債務整理を行った方は、個人信用情報機関でクレヒスを開示して問題ないことを確認してから、申し込みをするようにしましょう。

ブラックリストに載るとどうなる?

ブラックリストに載るとどうなる?
man
「ブラックリストに載ってしまうとその情報は、会社や学校にバレたりするのでしょうか?」
teacher
「あくまでもクレヒスは、個人の金融機関での使用履歴であるため、会社に発覚するなどの心配はありません。」

しかし、個人でのペナルティは、当然のことながら存在します。一番身近なものは、先程から解説している通り、クレジットカードは作ることが難しくなります。

これは、クレジットカード会社次第のため一概に作れないとは言えませんが、審査は厳しくなります。

どのクレジットカード会社も損をするリスクを負ってまで、信用力のない人に貸すよりも安全な申込者に貸したほうが、利益につながりやすいので、ある意味当然と言えるでしょう。

ブラックリストで、クレジットカードを申し込む時は、このことを頭に入れておくといいでしょう。

クレジットカードが作れなくともネットショッピングなどは、後ほど解説するデビットカードやプリペイドカードなどを使用すれば、問題なくなります。

買い物に関しては少々不便にはなりますが、大きな買い物をしなければそこまで困ることもないでしょう。

ブラックリストで一番困ることは、大きな買い物や出費が必要になった時が最も致命的なダメージを受けるのです。

金融商品を扱っている会社は、すべて個人信用情報機関に登録をしています。そのため、個人のクレヒスはどの会社も確認することが可能になります。

その関係上ブラックリストの情報もすべて回って来ます。なので、住宅を新たに購入する場合には、ローンが必要になることも多いですが、まず「審査には通らない」でしょう。

ケースによっては、スマートフォンの分割払いの延滞でも落ちることはよくあります。住宅ローンなどの高額になればなるほど、審査は厳しくなるためこの点には注意が必要です。

また、子供のために教育ローンを組むことや新車を買うために車のローンを組むことも不可能になります。

ローン絡みは、すべて審査に落ちると考えておいたほうが無難かもしれません。

これは、審査会社にもよりますがキャッシングや消費者金融もできなくなる可能性があります。

重い病気や事故が発覚した際に、お金が足りないから借りようということも、信用力がないためにできない場合もあるのです。

この事故情報は、一般的には「5年」、信用機関によっては「10年」保管するところも存在するため、最低でも5年長ければ10年間は、クレジットカードを始めとした信用取り引き全般が、禁止される状態になります。

ブラックリストに載っているか確認する方法

ブラックリストに載っているか確認する方法

すでに解説してきた通りクレジットカードでの買い物やキャッシング、ローンの情報を含めた信用取引は、クレジットヒストリーとして個人信用情報機関にすべての履歴が記録されています。

そしてこのクレヒスに問題がある状態では、まず間違いなく審査に不利に働くため、審査が不安な人は、このクレヒスを事前に確認しておく必要があります。

では、その確認方法はどのようにすればいいのでしょうか?

まず、クレヒスを確認するには、個人信用情報機関に直接手続きを行い、調べるしかありません。

クレジットカード会社はブラックリストに載りました、というお知らせをくれたりはしないため、軽い延滞を放置しておくと大きな問題になりかねないので注意しましょう。

この個人信用情報機関は、複数存在しますが最も調べやすいのは、CICです。もちろん他の機関でも本人からの情報開示請求は受け付けてくれるため、問題ありません。

機関によって手続きの方法が異なるため、注意が必要です。

CICの場合は、様々な手続き方法があるため多く利用されています。以下のような手続き手段があります。

  • 窓口(500円)
  • 郵送(500円)
  • パソコン(1,000円/クレジットカード払いのみ)
  • スマートフォン(1,000円/クレジットカード払いのみ)

信用機関への情報開示には、上のように多少金額はかかりますが、もしも自分のクレヒスを調べずに審査に落ちた場合には、大幅な時間のロスになります。

それよりは、自分のクレヒスを確認し問題ないタイミングで申し込む方が、確実にカードを入手できるでしょう。

PCからの申し込みの場合は、クレジットカードでの手数料支払いがあるため持っていない方は、デビットカードを作ってから信用情報開示を行いましょう。

郵送や窓口でも身分証明書があれば、開示できるため信用情報は把握しておきましょう。

信用情報開示は、ブラックリストから外れた際にも行ったほうが良いです。

これは、5年たった後にクレヒスの履歴が消えた場合にも、カード会社から通知などは来ないため、自分でこまめに確認をすることが大切です。

ブラックリストの情報は消える!その理由と方法

ブラックリストの情報は消える!その理由と方法

前述のとおり、ブラックリストの情報は消えます。しかし、自分から消す方法はありません。時間が過ぎるのを待つしか消す方法はありません。

しかし、個人信用情報機関に登録される情報には、期限が設定されているためその期限を過ぎればクレジットカードを申し込んで作れる可能性ができるかもしれません。

主に個人信用情報機関に登録される情報は、申し込み記録、使用履歴に債務整理などの異動情報です。それぞれの保管期間は以下のとおりです。

  • 申し込み記録:6ヶ月
  • 利用記録:5年
  • 債務整理:返済後5年、8年以上

条件がそれぞれ異なるので注意しましょう。申し込み履歴が残っている中で続けてクレジットカードに申し込むとカード会社が「この人はお金に困っているから危ない」と判断し、審査に落ちることがあります。

ブラックリスト明けに、クレジットカードを短期間に何度も申し込むのは控えておきましょう。

次に利用記録は、試用期間中とその後5年間は、保管されます。ブラックリストの方が安全にクレジットカードを作るなら、「最低5年」は待てば審査には通過するでしょう。

しかし、なるべくクレジットカードを早く作りたい人は、「新しい履歴を作り印象を良くした後に申し込む」と通過する可能性も上がるでしょう。

自己破産などの任意整理の場合は、登録されるのが任意整理のための手続きが完了した段階で登録されます。

返済が開始され3年間で返済が完了したと仮定すると、そこから5年間は「異動」の情報が個人信用情報機関に保管されます。

つまり、返済期間の3年と保管期間の5年間で8年以上は保管されます。これは、一例であり内容や返済状況によっても期間は変わるので注意が必要です。

保管記録が終わった際には、個人信用情報機関に情報開示をすることをおすすめします。

ブラックリストを外れたらクレジットカードは作りやすいのかといえば、そうでもありません。今度はクレヒスが存在しないという、また別の問題があります。なお、これもクレジットカード会社の基準次第なので一概に同じではありません。

クレジットカード会社としては、クレヒスはあって当然のものと考えています。

今の時代に信用取引を一切やったことのない人の方が、どちらかといえば少ないため、信用取引の経験がある方が、きっちり支払いをしてくれるので信用力があるのです。

ブラックリストの方が、保管記録が終わった後にはクレヒスは真っ白になっています。

そのため、クレジットカード会社は「債務整理者ではないのか?」と警戒をするわけです。そうなれば、カード会社によってはリスクがあると判断しカードを発行しないところもあります。

ブラックリスト明けでもクレジットカードを作りやすくなるわけではないため、注意が必要になってきますので覚えておきましょう。

クレジットカードにはカード選びが重要なのです。次の項目で比較的審査の基準の低い・特殊なカードを解説します。

審査の基準が低いクレジットカードの種類とは?

審査の基準が低いクレジットカードの種類とは?

基本的には、審査の無いカードは存在しません。

また、基準の高い低いはクレジットカード会社によって存在しますが、基準の甘いカードなどはありません。これはブラックリストは関係なくすべての人が対象です。

その中で、比較的審査に通過しやすい審査基準のカードというものが存在します。

それは、「消費者金融系のカード」です。また、外資系のカード主にアメックスのプロパーカードは通りやすい傾向があります。

反対に銀行系のカードは、審査基準が高い傾向にあるためブラックリストに載っている場合だと作るのは厳しいでしょう。

消費者金融系カード

消費者金融系のカードは、比較的に審査に通過しやすい傾向にあります。その理由は、クレジットカードを作る目的が他のクレジットカードと異なるためです。

クレジットカードを発行する際は、通常そのカードを使い買い物をしてもらいやすくするために作るケースが非常に多いです。

そのため、各社ポイントの還元率や買い物代金の割引などで、会員様数を増やそうとしているのです。

しかし、消費者金融系のクレジットカードは異なります。消費者金融系の場合は、カードにもよりますがポイントの還元などはありません。

支払い方法もリボ払いのみなど、支払いの幅は限られてきます。しかしながら、手続きが完了すれば即日で受け取れるクレジットカードもあります。

その目的は、消費者金融への誘導やリボ払いによる手数料なので、条件が整えば発行するのは難しくありません。

ただし、軽い延滞などは通過できますが、ブラックリストに載った状態のままだと少し審査に時間がかかり、即日発行はできない可能性もあります。

しかし、ブラックリストの方にとって最も通過しやすいカードと言えるでしょう。

外資系カード

実は、狙いめなのが外資系特にアメックスのプロパーカードです。

なお、アメックスの場合は、セゾンとの提携カードやビジネスカードもありますが、これらはほぼ間違いなく審査に通らないので注意が必要です。

アメックスの審査は、日本のクレジットカードの審査とは基準が異なります。

日本の場合は、クレヒスから過去の履歴と本人の属性を点数化して審査を行います。しかし、外資系の場合は、過去よりも「現在の属性や収入を重視する」傾向があります。

そのため、過去ブラックリストに入っていた方でも現在の収入が安定していれば、クレジットカードの審査に通過する可能性は、十分にあるのです。

ただし、こちらのカードは全くクレヒスを確認しないわけではないため、クレヒスに問題がある場合は審査に落ちる可能性もあるので注意が必要です。

デビットカードと使うという選択肢も

デビットカードと使うという選択肢も

クレジットカードにこだわらないけれどもカードが欲しい方や、申し込みまで時間があるけれども買い物がしたい方は、デビットカードという選択肢もあります。

デビットカードは、クレジットカードとは異なり、「審査無しで発行可能」です。

審査がないのは、クレジットカード会社がお金を立て替えることがないためです。

デビットカードは、買い物を行った際に使用者の銀行口座から、直接引き落とされる仕組みになっています。

また、国際ブランドがついているため、ネット上での買い物にも対応することが可能です。しかし、窓口カウンターのあるクレジットカードと異なり、1週間程度使用するまでに時間がかかります。

デビットカードの弱点は、クレヒスを貯めることはできない点です。信用取引ではないため、クレヒスを貯めることはできません。

また、分割払いも不可能なため大きな買い物をする時には少々面倒ではあります。

しかし、クレジットカードを作るまでの間やブラックリストから名前が消えるまでの間のカードとしては、非常に有用なカードと言えるでしょう。

まとめ

ここまで、ブラックリストに載った方が、クレジットカードを作るにはどうすればいいのかを解説してきました。

ブラックリストにも2種類存在し、軽い延滞程度ならば時期を置けば審査を通過できるカードは、多くあります。

しかし、長期の延滞や債務整理が発生した場合では、通過できるカードは極端に減ります。

ブラックリストに一度でも登録されてしまった場合には、自力で消すことは不可能なため、まずは自分が支払いの延滞をしているのかどうかなど、クレヒスを一度照会してみるといいでしょう。

その中で、ブラックリストに載っていた場合は、クレジットカードの種類の種類を絞りつつ、クレヒスが真っ白になるまで、デビットカードなどで対応するという選択肢もあります。

まずは、金融事故を絶対に引き起こさないということが大切です。

teacher
審査に不安な方はCICなどの個人信用情報機関に個人照会をして、自分のクレヒスに問題がないか確認した後に、クレジットカードに申し込むと確実です。