学生のクレジットカード審査。社会人とは違う学生の審査基準とは?

man
「クレジットカードが必要なんだけど、学生でもつくれるの?」

このような悩みをお持ちではありませんか?

クレジットカードは初めて作る時は、収入の無い学生だけど本当に作れるのか、不安になりますよね。でも、学生だからこそ社会人とは違う基準でクレジットカードを作ることができるのです。

そこでこの記事では、

  • 学生クレジットカード審査のしくみ
  • 申し込み用紙の記入事項
  • 審査の際にクレジットカード会社が注目する点
  • 審査に落ちるその原因

以上についてご紹介します。クレジットカードの審査に通らなくて困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

学生のクレジットカードの審査ってどんな仕組み?

学生のクレジットカードの審査ってどんな仕組み?

まず、クレジットカードを作るには審査を通過する必要があります。これは、社会人でも学生でも関係なく審査は存在します。学生は審査がゆるいと言われることがありますが、そうではありません。

主に学生と社会人では、審査基準も審査の際に重視しているポイントも異なるために、審査がゆるく感じることがあるのです。

man
「クレジットカードを発行する際に、なぜ審査を行うのでしょうか?」

それは、クレジットカード会社がお金を立て替えているためです。つまり私たちは買い物をする際に、クレジットカード会社から「間接的にお金を借りている」のです。この点において、社会人も学生も変わりはありません。

クレジットカード会社は、貸したお金を回収するべく、「返済を行ってくれる人物であるか」を細かくチェックするのです。この申込者が、しっかりとお金を返してくれる人物であるかどうかのチェックをいわゆる「審査」と呼ぶのです。

そのため審査では主に以下のような項目が通常はチェックされます。基準は会社によって異なりますが、内容はどのクレジットカード会社も同じです。

  • 定期的な収入があるか
  • 収入金額はいくらか
  • 他に借入はないか
  • 他の借り入れがある場合、返済はきちんと行われているか

しかし、学生の場合は「通常とは異なる基準」で判断されます。

まず、クレジットカード会社も学生の内に、安定した収入がないことは重々承知しています。そのため、収入の審査に関しては厳しくはないため、収入が少ないから落ちるということはありません。

学生の場合は、むしろカードの種類は選びますが、審査は比較的通りやすい傾向にあります。クレジットカード会社は、カードの会員数を多くしたいのが会社としての本音です。しかし、誰でもいいというわけではありません。

安定収入の無い人にクレジットカードを発効した場合は、もしかしたら自己破産されて、資金を回収できないことも十分あり得ます。

学生に対してクレジットカードを発行して、社会人になっても使ってもらえるようにする方が安全で確実です。

そのため、クレジットカード会社は、可能な限り学生にクレジットカードを発行したいと考えているため、審査の基準は他の社会人と異なるのです。審査は、学生だから甘くなったりはなく、落ちることもあります。

学生が申込時に気を付けなければならないことは、名前と正確な年収を記入することです。

基本的には審査の基準が特殊なため、クレジットカードの発行は難しくない学生ですが、全く審査に落ちないわけでは無く、審査に落ちる際には理由があります。

多いのは、ケータイの分割払いを滞納したことや学生ローンを滞納すると間違いなく審査に落ちます。

次の項目では、クレジットカードに申込を行う際に必要となる記入項目についてご紹介します。

学生の場合はクレジットカードの申込時に何を記入すればいい?

学生の場合はクレジットカードの申込時に何を記入すればいい?

クレジットカードの申し込みには、主な項目としては次のようなものがあり、この項目を中心に判断しています。

  • 年齢
  • 職種
  • 勤務先の規模
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収額
  • 借入金

これらの項目は、全て点数化されており、その点数の合計点が基準を超えるかどうかで、審査を通過できるかが決まります。

このシステムのことを「スコアリングシステム」といい、すべてのクレジットカード会社が採用しています。

しかし、これは社会人用の基準のため「学生には当てはまりません」。もちろん学生もスコアリングされますが、前述の通りに基準が特殊なため、社会人と全く同じ審査にはなり得ないのです。

学生の場合は、まだ会社には勤務していないため、社会人が通常記入する職場情報の代わりに、以下の情報を記入することになります。

  • 学校名
  • 学年
  • 卒業年月日
  • 年収
  • 親権者・実家の住所
  • 親権者・実家の電話番号

これらの項目を記入する必要があります。

teacher
「この項目だけだと、高校生でもクレジットカードを作ることができそうですが、クレジットカードは18歳以上で高校生は作成不可のため、高校生の場合はデビットカードを作ることをお勧めします。」

学生の場合、年収はアルバイトの収入を記入する欄があります。そのため、アルバイトの収入を記入すれば問題ありません。

また、アルバイトを行っていない場合は、収入欄に0と記入すれば書類は完成です。

学生は年収をクレジットカードの審査で書くべき?

学生は年収をクレジットカードの審査で書くべき?

学生の場合は、クレジットカードの申し込みを行うのに、年収の記載が無くても審査には問題なく通過します。ただし、アルバイトで定期的な収入を確保している場合には、その収入を記載した方が「通過率」は上がります。

学生の場合は、毎月貰える額の平均額は異なると思いますので、年収の欄には平均の12倍で記載をしておきましょう。

アルバイトで安定した収入が高ければ高いほど、審査の通過率も上がりますが、非常に高く記載した場合例えば、年収600万円と書類に記載した場合には、クレジットカード会社から虚偽記載を疑われて、収入証明書を求められるか審査に落とされます。

虚偽記載をしてしまうと、もう一度申し込むときにその情報は、クレジットカード会社全社に回るため、他のカードを作るのにも一苦労します。もし定期的なアルバイトではない場合は、収入欄に記載するのは避けた方がいいでしょう。

また、学生が一定の収入を得る手段としてあるのが、単発のアルバイトと親からの収入でしょう。これらのお金は申し込み書類に記入する必要はありません。

親からの仕送りは、一見すると自分の収入に見えないこともないですが、あくまで扱い上は親からの分配金のため、万が一審査に引っかかり、所得証明書の提示を求められた場合に対応することができません。

短期のアルバイトの場合も同様に、申し込み書類に記載する必要はありません。例えば普段はアルバイトをしていませんが、単発でアルバイトをした場合はクレジットカード会社は安定した収入とは認めません。

クレジットカード会社は安定した収入があるかどうかを最優先で確認したいため、臨時のお金などは審査の対象ではないのです。仕送りや短期バイトなどは、記入すると審査の際に不審がられ審査を遅らせる原因にもなるため、書かない方が無難でしょう。

安定的にアルバイトをしている場合は、記入をした方がクレジットカードの通過率は上がります。しかし、自分で稼いだ収入以外はむしろマイナス要素になりかねないため、申し込み時には書かない方がいいです。

teacher
「審査を無事に通過するには、嘘を書かないこと、正確な数字を記載することが大切です。安定収入がある場合は記載しておくと通過率が上がります。無い場合は、審査が遅くなるので記載しないでおきましょう。」

学生カードの審査では親のクレヒスが重要

学生カードの審査では親のクレヒスが重要

多くの学生はクレジットカードを始めて作る際は、携帯電話の名義が自分の名前になってい無い場合には、クレジットカードヒストリー(クレヒス)が真っ白な、何も取引の履歴が無い状態で個人信用情報機関に登録されています。

クレヒスのない学生は「親」が信用を担保する

クレジットカード会社に申込をした時にカード会社は、個人信用情報機関という場所に連絡して、申込者の過去・現在のクレジットカード利用履歴を確認します。また、この時にローンの情報なども確認するのです。

ほぼすべての金融に関する情報が個人信用情報機関に保管されているため、基本的にクレジットカード会社はここを確認すれば申込者が信用できるかなどはある程度判断が可能なのです。

この信用情報機関には全ての金融情報が保管されているため、ローンの延滞や消費者金融での借入額が多いなどもクレジットカード会社には共有されます。その報告を受けて、カード会社は審査を行うのです。

この信用情報機関には3種類存在し、いずれかに金融商品を扱う会社は会員登録を行っており、個人の金融履歴を自由に見ることが可能です。このとき個人情報信用機関に登録されている取引のことをクレジットヒストリー(クレヒス)といいます。

学生の場合、

man
「ローンもクレジットカードも作ったことが無いから自分は関係ない。」

と思われる方が多いかと思います。確かにその通りで、学生がカードを作ろうとする場合にクレジットカード会社が参考にするのは「親のクレヒス」です。

クレジットカード会社は、基本的にクレヒスが正常かどうかつまり、延滞していないかを審査時に確認します。学生は信用取引の履歴が全くないため、クレジットカード会社からすると審査を通すのに判断材料が乏しいのです。

そこで参考にするのが、親のクレジットヒストリー(クレヒス)なのです。親のクレヒスが正常ならば、ショッピング枠を少なめにカードを発行すれば、資金の回収は比較的簡単とクレジットカード会社は考えるためです。

審査に影響があるのは「親」のクレヒスの「事故情報」

そのようなわけで、クレヒスはクレジットカード会社が、最も重要視する審査項目なのです。履歴が無い学生がクレジットカードを作るには、親のクレヒスがどうしても必要になってくるのです。

もしもこの時に親のクレヒス上に自己破産や長期の延滞などのいわゆる「事故情報」がのっていた場合は、落ちる可能性が非常に高いです。

これらの項目がクレヒスにのっている場合はカード会社はまず、カードを発行しません。

自己破産や長期の延滞などの情報は、金融事故と呼ばれており、クレジットカード会社は審査時に警戒します。それは、クレジットカード会社からすると1度貸していたお金を返すのが大幅に遅れたり、あるいは「借りるだけ借りて逃げられた」と見るためです。

クレジットカード会社は、基本的にリスクヘッジを最優先に業務を行っています。このため危ない橋は渡らないのです。親が金融事故を引き起こしている学生に、クレジットカードを発効すると、親に使われる可能性が高いと判断します。

金融事故を引き起こした場合は、間違いなくクレジットカードの再発行は不可能に近いです。しかし、子供の場合はクレジットカードを作れる可能があるため、子どもの作ったカードを使って買い物をする可能があります。

また、子供がクレジットカードを作ってショッピング枠いっぱいに買い物をしたけれども、金融事故を引き起こした親はフォローをすることができないと判断されます。そのため、子供を審査から落とすことがあります。

学生の場合は、信用取引を証明できる身分がないため、どうしても親のクレヒスに頼る必要が出てくる場面があります。そこでクレヒスが傷ついているとクレジットカードの審査には通りにくくなります。

当然ながら学生本人のクレヒスが傷ついていて、金融事故をすでに別の所で引き起こしている場合は、審査には通過しません。信用情報はクレジットカードの使用履歴だけではなく、学生ローン・奨学金なども含まれるため注意が必要です。

学生は信用情報が登録されていないことが多いため、親のクレヒスが重要視されます。ただし、自分のクレヒスがあり傷ついていた場合は、通常通りに落とされます。

そこまで使わない人は家族カードという選択肢もあります

そこまで使わない人は家族カードという選択肢もあります

クレジットカード決済が必要だけれども、そこまでクレジットカードは必要ないという方には、家族カードと言う選択肢もあります。

家族カードとは、契約主の家族が持てるクレジットカードであり、カードの審査対象は契約主のため実質的に審査なしで持てるクレジットカードなのです。

主な特徴は以下の通りです。

  • 本会員カードの方の利用限度額を分けあう
  • 家族カードの利用は、全て本会員カードの所持者に連絡される
  • 本会員の方が延滞などでカードが停止されれば、家族カードも停止

家族カードは、以上の条件でのみ利用可能となっている関係上、どうしても親のカード状況に依存してしまうことになります。

そのため、本会員の人に了承を得る必要があり、利用状況も把握されてしまうため十分に家族で話し合って作るのがいいでしょう。

家族カードを使用すると購入した履歴は全て本会員である親の元に通知が届きます。そのため、購入したものを親に知られたくない場合は、自分でクレジットカードっを作るのがいいでしょう。

クレジットカードをあまり使う予定の無い人は、家族カードもおすすめです。

ただし購入履歴は全て親に通知が届きます。それが困る人は自分自身でクレジットカードを作りましょう。

学生であっても審査に落ちるケース

学生であっても審査に落ちるケース

ここまで、学生は比較的クレジットカードの審査に通過しやすいことを説明してきました。しかし、学生でも全く審査に落ちないという訳ではもちろんありません。審査に落ちるケースも存在します。

申し込んだクレジットカードが「学生申し込み不可」であった

クレジットカードによっては、学生の申し込み自体が、不可能というカードも存在します。代表的なところでは、プラチナやゴールドカードあるいはダイナ―スカードなどは、学生が審査を通過するのは困難です。

これは、ゴールドカード以上のクレジットカードは全て「安定収入が目的」となっていることが多いため、学生が申し込んでも落とされるもしくは、そもそも申し込むことが出来ないのです。

一般カードの場合でも注意が必要です。カードによっては「年齢制限」を掛けているカードも存在するため、申込前に年齢制限に引っかかっていないか改めて確認をしましょう。

また、銀行系のカードには社会人向けと学生向けのカードが存在します。あまりありませんが、学生が社会人向けのカードに申込むと審査に落ちることもあります。

学生の時は、学生専用カードの方が、年会費やポイントの還元率もお得なため、そちらを選びましょう。

一度に何枚も申し込んでしまった

恐らくこれが最も多い審査に落ちる原因でしょう。クレジットカードが欲しいあまりに、1度に複数のクレジットカードに申込んだ場合は、高確率で審査に落ちます。

クレジットカード会社は前述の個人信用情報機関で、クレジットカードの申し込み履歴もしっかりと確認をしています。この申し込み履歴は、「最大で6か月記録」されるため、この期間中に申込があれば、すぐに分かるのです。

この申し込み情報は全てのクレジットカード会社が共有で使うため、違う会社のカードを同時に作ることも不可能です。クレジットカードを同時に複数枚持てるようになれば、各社が制限しているショッピング枠が、機能しなくなります。

その様な状態になると、支払いが滞るか、最悪の場合は自己破産ということも考えられるため、クレジットカード会社は申し込み情報を細かく確認するのです。申し込むカードは1枚にして、落ちたら半年後に違うカードに申し込むのが確実です。

分割払いの支払い等を忘れていた

これは、すでに持っている人がクレジットカードを乗り換える際に参考にしてください。金融事故なんて大げさなと思っている人もいるかもしれませんが、細かい支払いが延滞が続いたらそれは、すでに金融事故です。

多いもので、携帯電話の分割払いの滞納や公共料金の支払い忘れが多いのです。これらの支払いが少しでも遅れれば、カードの審査にはかなり響きます。他にも家賃をクレジットカード払いにした場合なども、個人信用情報に記録されます。

ただし、公共料金や家賃は銀行引き落としやコンビニ払いの場合は、クレヒスに記録されることはありません。その場合はカードの審査に影響することはありません。

クレジットカードの審査に落ちた場合は、まず年齢制限に引っかかって無いか確認しよう。複数枚クレジットカードを申し込むと審査に落ちる確率が上がるので、1枚ずつ申し込みましょう。

学生だけがお得に作れるカードがある

学生だけがお得に作れるカードがある

学生専用カードは、お得な特典が付くカードがおおいです。利用限度額が比較的に低く設定されている一方で、年会費無料やポイントの還元率増加などのサービスもあるため、総合的にお得に設定されています。

クレジットカードは学生の間に作っておこう

クレジットカードは、学生のうちに作っておいてクレヒスを貯めましょう。学生は収入を基本的に審査で重視しないため、審査の通過率は非常に高いです。

審査が通りやすい学生のうちに、信用を貯めるのが無難でしょう。

学生のうちにクレヒスをしっかりと貯めておけば、後々にクレジットカードを切り替える時も非常に有利になります。反対にクレジットカードを学生のうちに作らない場合は、会社の規模などの属性とクレヒスで審査が行われます。

そうなると、審査に落ちてしまいクレジットカードを作ることが出来なくなるかもしれません。お得な学生のうちにクレジットカードを作っておくといいでしょう。

まとめ

ここまで、学生のクレジットカードの審査と通過するためのコツを解説してきました。

学生はクレジットカードの審査に通過できないというイメージが、強い人もいますが、むしろ逆です。確かに親のクレヒスを審査では参考にすることが多いですが、社会人と審査基準が異なるため、通過しやすいのです。

収入が安定していなくてもクレジットカードを作れる機会は、学生の内だけです。もちろん全て審査に通過するわけではないため、万全の体勢で申し込みましょう。

クレヒスを早い段階で貯められれば、後々住宅ローンやクルマのローンなどの審査にもゆうりになってきます。学生の今のうちに審査を終わらせて、クレジットカードを上手に活用しましょう。