3月8日よりフレッシュネスバーガーで「メルペイフィーバー」を開催。大手ファストフードチェーンのキャッシュレス事情は?

焼肉屋の「牛角」、しゃぶしゃぶの「温野菜」などの有名チェーン店を擁する外食大手・コロワイドグループ傘下のファストフードチェーン「フレッシュネスバーガー」では、2020年3月8日から3月28日までの期間限定で、スマホ決済サービス「メルペイ」での支払いでポイントが最大50%還元される「メルペイフィーバー」を開催します。

キャンペーンの概要

キャンペーンの概要

今回のキャンペーンについて、概要を整理しました。

キャンペーンの内容

キャンペーン期間中に日本全国のフレッシュネスバーガーに行き、支払をメルペイで行うと、最大50%相当分のポイントが翌日に還元されます。なお、還元率は年齢、本人確認の有無で異なるので注意しましょう。

  •  本人確認済で18歳以上の場合:50%
  •  本人確認前もしくは18歳未満の場合:20%

還元上限

1決済あたり500ポイントまで、期間を通じては合計3,000ポイントまでです。なお、メルペイには「メルペイサンデーキャンペーン」といって、キャンペーン期間中の日曜日にメルペイを使うと、支払金額の20%相当のポイントを還元するキャンペーンがあります。

今回の「メルペイフィーバーキャンペーン」と「メルペイサンデーキャンペーン」の両方の対象となる場合は、「メルペイフィーバーキャンペーン」の還元のみが適用されるので、注意しましょう。

対象外となる店舗および支払方法

基本的には、メルペイの支払いであればキャンペーンによる還元の対象となります。ただし、一部店舗ではiDによる支払の場合、対象外となることもあるので気を付けましょう。

また、以下の19店舗は今回のキャンペーンの対象外なので注意してください。

東山動植物園ZOOASIS店、ジャングルカフェ店、横浜スタジアム店、京セラドーム店、神宮球場店、福岡ヤフオクドーム店、楽天生命パーク宮城店、LALAガーデンつくば店、中部国際空港店、ららぽーとTOKYO-BAY店、ピオレ姫路店、トレアージュ白旗店、日本橋三井タワー店、ららぽーと立川立飛店、FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA店、リバーウォーク北九州店、イオンモール羽生店、テラスモール松戸店、SAKURA MACHI Kumamoto店

ここで紹介できてない詳細については、キャンペーンの公式ページを確認しましょう

大手ファストフードチェーンのキャッシュレス事情は?

ちょっとした食事や友だちとのお茶にも利用できるファストフード。最近では店内の清潔さや、素材のおいしさにこだわったメニューも増えてきました。そこで、次のファストフードチェーンでは、どれだけキャッシュレス決済が導入されているか、調べてみましょう。

1.マクドナルド

  • クレジットカード:利用可能
  • 交通系電子マネー:利用可能
  • その他の電子マネー:利用可能
  • QRコード決済:未対応(※メルペイはiD決済として利用可能)

日本でも最大手のファストフードチェーンとして知られるマクドナルド。QRコード決済の導入は済んでいませんが、クレジットカードや電子マネーは利用可能です。

また、ポイントプログラムとして「楽天スーパーポイント」「dポイント」が導入されています。

2.ロッテリア

  • クレジットカード:利用可能
  • 交通系電子マネー:利用可能
  • その他の電子マネー:利用可能
  • QRコード決済:未対応(※メルペイはiD決済として利用可能)

大手菓子メーカー・ロッテが運営するファストフード店です。こちらも、マクドナルドと同じように、クレジットカードや電子マネーなら問題なく使えます。

なお、ポイントプログラムは「Tポイント」が導入されています。

3.ケンタッキーフライドチキン

  • クレジットカード:利用可能
  • 交通系電子マネー:利用可能
  • その他の電子マネ:利用可能
  • QRコード決済:Origami Pay

「食べたくなるなる、ケンタッキー」というキャッチコピーでも有名なファストフード店です。ファストフード店では珍しく、QRコード決済を導入しています。

ただし、唯一使えるOrigami Payは、2020年6月30日にサービスを終了し、メルペイに統合されるため、2020年7月1日以降はどのように変化するかはわかりません。
なお、ポイントプログラムは「Ponta」が導入されています。