Kyash Cardがついに申し込み開始。従来のKyashとの違いを解説。Twitterでの反応は?

国際ブランドとしてVisaが付帯したプリペイドカードを利用することで、その場で1%の割引を受けられるサービスとして注目されていた決済アプリ「Kyash」。その運営会社である株式会社Kyashは、従来のプリペイドカードからより機能を発展させた新しいカードとして「Kyash Card」の発行受け付けを2020年2月25日から開始しました。

Kyash Cardの概要

Kyash Cardの概要

出典:Kyash Card|Kyash(キャッシュ)

2019年末に「近日中に申し込み受付を開始する予定」というプレスリリースが出されて以来、目立った動きのなかったKyash Card。今回、ついに申し込みが始まったことで、注目が高まっています。

ここでは

  • Kyash Cardで何ができるのか
  • 従来のKyashと何が違うのか

を中心に解説しましょう。

Kyash Cardで何ができるのか

Kyash Cardは国際ブランドとしてVisaが付帯したプリペイドカードです。簡単に仕組みを説明すると、以下のようになります。

  1. 国際ブランドとしてVisaもしくはMastercardが付帯したクレジットカード、デビットカードの情報をアプリで登録する
  2. アプリでの登録が済むと、Visaの加盟店で支払いに使えるようになる
  3. 実際に支払いを行うと、決済額の1%のKyashポイントが貯まる
  4. Kyashポイントはそのまま残高として使える(つまり、実質的に1%の割引になる)

従来のKyashと何が違うのか

今回のKyash Cardがリリースされる前から、Kyash自体は「クレジットカードやデビットカードと併せて使うとお得になるサービス」として高い人気を集めてきました。しかし、実店舗での利用の場合、国内でしか使えないという欠点があったのです。

オンラインであれば、海外の店舗でも使えました。

その欠点が、今回リリースされたKyash Cardでは克服されています。

なお、今回Kyash Cardが新たにラインナップに加わったことで、従来から用いられてきたKyash専用のリアルカードおよびアプリ上で動くバーチャルカードも、それぞれ「Kyash Card Line」および「Kyash Card Virtual」に名前を変更しています。そこで、これら3つのカードについて、様々な側面から比較してみました。

なお、表中の「〇」は対応していることを表しています。
Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
ICチップ(4桁暗証番号)
Visaタッチ決済
Google Pay(QUICPay決済)
国内利用オンライン決済のみ
海外利用オンライン決済のみオンライン決済のみ
1回あたりの決済上限30万円5万円3万円(本人認証なし:5千円)
月あたりの決済上限100万円12万円12万円(本人認証なし:2万円)
ポイント還元率※一部対象外取引あり1%1%(2020/4/1より0.50%)0.50%
月あたりの還元対象決済上限12万円12万円12万円
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
本人確認書類必要不要不要

Twitterでの反応は?

Kyash Cardの申し込み開始に伴う反応を探るべく、大手SNSのTwitterで、KyashおよびKyash Cardに関連するコメントをまとめてみました。


上記のツイートを見る限り、申し込みを済ませている人もかなりいるようです。これから申し込む予定の人は、以下のリンク先から、手続きを済ませましょう。