楽天ペイ、7月1日から9月30日まで、実質最大5%を還元するキャンペーンを開催

QRコード決済システム「楽天ペイ」を運営する楽天ペイメントは、7月1日より、「楽天カードを設定したお支払いでずーーっと実質最大5%還元キャンペーン」第2弾を開催します。なお、開催期間は9月30日までの3か月間の予定です。

楽天ペイとは?

楽天ペイとは?

出典:楽天ペイ: 楽天ペイ – 街もネットも簡単お支払い!期間限定ポイント使える!

楽天ペイとは、大手インターネットショッピングモールの「楽天市場」、クレジットカードサービスの「楽天カード」などを提供する企業グループ・楽天が運営するQRコード決済です。

予め、スマートフォンで簡単な設定を済ませるだけで

  • コンビニ、ドラッグストアなど加盟店舗での支払い
  • 家族、友人への送金(楽天キャッシュ)

ができます。また、楽天グループ各社の共通ポイントである「楽天スーパーポイント」での支払いにも対応しています。

キャンペーンの概要

楽天ペイの利用にあたっては、あらかじめ、支払元となるクレジットカードを設定する必要があります。

今回のキャンペーンの場合、次の手順でポイント付与率がアップする仕組みです。

  • あらかじめ、キャンペーンにエントリーする
  • 楽天ペイの支払元に楽天カードを設定する
  • ポイント付与率が0.5%から4%にアップ(200円で1ポイントが、100円で4ポイント)

これに加えて、楽天カードでの決済により、1%ポイントが貯まるので、合計5%のポイントが手に入ります。

具体的な数字を用いて考えてみましょう。1000円の商品を購入したときに、

  • 現金で支払った場合
  • 楽天カードで支払った場合
  • 楽天ペイでキャンペーンにエントリーして支払った場合

を比較してみます。

  • 現金で支払った場合:0ポイント
  • 楽天カードで支払った場合:10ポイント
  • 楽天ペイでキャンペーンにエントリーして支払った場合:50ポイント

同じものを購入しているのに、貯まるポイントが全く違うのがお分かりいただけるはずです。

これまで楽天カードを使っているものの、楽天ペイはまだ……という人も、既に楽天ペイを愛用している人も、ぜひ、キャンペーンにエントリーしましょう。

楽天ペイに勢いがある理由は?

スマートフォン決済には様々な会社が参入していますが、その中でも楽天ペイは勢いがあるサービスの1つでしょう。

  • 他社との提携に積極的
  • 抜群の普及度と使い勝手

の2つが、勢いの原動力かもしれません。

他社との提携にも積極的

楽天ペイの特筆すべき点は、他社との提携を積極的に行っているところでしょう。

auとの提携

auとの提携
出典:KDDIと楽天、 決済、物流、通信分野における事業協争を推進 | 楽天株式会社

2018年11月1日、楽天は携帯電話大手のKDDIと決済・通信などの分野での業務提携を発表しています。具体的には、

  • KDDIからは、楽天が2019年10月に始める予定の第4世代移動通信サービス(LTE通信サービス)に対し、通信ネットワークを提供するローミング協定を締結。
  • 楽天からは、KDDIのスマートフォン決済サービス展開を支援。

などの施策が盛り込まれています。

そしてついに、2019年6月25日には、楽天ペイの加盟店でも、auペイを使うのが可能になりました。

auとの提携

出典:「楽天ペイ(アプリ決済)」の対象加盟店で「au PAY」の利用が可能に

抜群の普及度と使い勝手

また、日本経済新聞が行ったスマートフォン決済に関する調査では、楽天ペイは「普及度」「店頭での使い勝手」の2項目で1位を獲得しています。

抜群の普及度と使い勝手

出典:スマホ決済調査 普及度は楽天Edy、機能性はペイペイ  :日本経済新聞

楽天ペイの場合、楽天ペイでの支払いにより貯められる「楽天スーパーポイント」の使い勝手がいいのも、高評価の1つの要因のはずです。ジャンルごとに、楽天スーパーポイントが使える店の一例を紹介します。

飲食不二家
マクドナルド
ミスタードーナツ
プロント
大戸屋 等
百貨店、コンビニ大丸
松坂屋
デイリーヤマザキ
ポプラ 等
ドラッグストアくすりの福太郎
ダイコクドラッグ 等
家電ビックカメラ
ジョーシン 等

楽天スーパーポイントは、ANA(全日本空輸)のマイルにも交換可能です。楽天スーパーポイント2ポイントで、ANAのマイル1マイルに交換できます。

キャッシュレス・消費者還元事業にも登録済み

そして、楽天ペイは2019年10月から開始予定のキャッシュレス・消費者還元事業におおいても、正式に決済事業者として登録済みです。街中のお店でも、楽天ペイを決済に使える場所が増えるでしょう。キャッシュレス・消費者還元事業は、中小・小規模事業者での買い物をキャッシュレスで行った場合、ポイントでの還元が受けられます。

あなたの住んでいる街の、地元の人に愛されてきたお店での買い物でも、ポイントが貯まるかもしれません。10月からのキャッシュレス・消費者還元事業に備えるためにも、まずはキャンペーンを通じて、楽天ペイの使い勝手を試しておきましょう!