楽天SPUで最大16倍!楽天ゴールドカードのポイント還元率が凄かった!

ネットショッピングといえば楽天市場。そんな楽天ユーザーの私が、普段楽天市場での買い物に利用している楽天ゴールドカードのメリットやデメリットを解説していきます。

私の一押しクレジットカードとお得な使い方体験談

執筆者紹介

oshin

ニックネーム:oshin
性別:男性
年齢:34歳
職業:自営業
子供:なし
配偶者:なし

WEBライターをやりながら農業研修生やってます。最近の趣味はもちろん農業。規模の大きい農業法人作るのが夢です。

使うクレジットカード

  • 楽天ゴールドカード
使うクレジットカード
利用期間:2年6カ月
ショッピング限度額:130万円

楽天ゴールドカードを選んだ理由

楽天カードを作ったきっかけは、楽天アプリでキャンペーンとして表示されていた入会特典の5000ポイント付与が目的でした。

普段から楽天で買い物をする事が多く楽天カードで決済をすればポイント還元率も良くなる為、ちょうどいい機会だと思い発行しました。

お得な使い方で得られるメリット

楽天カードは2160円と安い年会費にも関わらず、国内空港ラウンジと一部海外空港ラウンジが年に2回まで無料で利用できます。

年会費が近い他のゴールドカードでは、ラウンジが使えないものや使える空港が少なかったりするのですが、楽天ゴールドカードは国内空港30ヵ所とハワイ・韓国の海外2ヵ所の空港ラウンジの無料利用が付帯サービスになっています。

楽天ゴールドカードで利用可能な空港ラウンジ

北海道・東北地方 函館空港 新千歳空港
青森空港 秋田空港 仙台国際空港
北陸地方 小松空港 富山空港 新潟空港
関東地方 成田国際空港 羽田空港
中部地方 富士山静岡空港 中部国際空港セントレア
近畿地方 伊丹空港 関西国際空港 神戸空港
中国地方 出雲縁結び空港 岡山空港 山口宇部空港
米子鬼太郎空港 広島空港
九州地方 阿蘇くまもと空港 長崎空港 鹿児島空港
大分空港 福岡空港 北九州空港
沖縄 那覇空港
海外 ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 韓国/仁川空港

楽天ゴールドカードはこの他にもETCカードが年会費無料で利用ができます。

楽天ゴールドカードで利用可能な空港ラウンジ

お得に使える仕組み

ラウンジの無料利用も良いですが、何よりもポイント還元率がこのカード最大のメリット。

楽天での買い物に楽天ゴールドカード利用するとポイントが5倍になります。

通常100円で1ポイントが5ポイントになるので還元率は5%です。

楽天市場では買い物をするだけで2倍~それ以上のポイントもらえる商品もあるので、楽天ゴールドカードを利用して買い物をすればみるみるうちに楽天ポイントが貯まっていきます。

また、記事タイトルにある通り楽天にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)があります。

これは楽天が展開するサービスの利用状況に応じてポイント還元率が上がっていき、最大で16倍ものポイントを得る事ができるというものです。

お得な使い方の手順

楽天SPUで最大16倍のポイント還元をうける為には、以下の楽天サービスを利用する必要があります。

楽天会員 +1倍
楽天カード(種類問わず) +2倍
楽天カード(ゴールド・プレミアム) +2倍
楽天カード引落しを楽天銀行に設定 +1倍
楽天保険を楽天カードで支払い +1倍
楽天でんき +0.5倍
楽天市場アプリで買い物 +0.5倍
楽天証券で月1・500円以上のポイント投資 +1倍
楽天モバイル +2倍
楽天TV +1倍
楽天ブランドアベニュー +1倍
楽天ブックス +0.5倍
楽天kobo +0.5倍
楽天トラベル +1倍
楽天ビューティー +1倍

これらを利用する事で最大16倍のポイント還元になります。

oshin
ちなみに、私はこれら全てのサービスを利用しきれているわけではないので、現在は6倍のポイント還元になっています(楽天市場アプリで買い物の時は+0.5倍になるので6.5倍となっています。)
お得な使い方の手順

最大還元率に達しなくても獲得ポイントは多い

とはいえ、正直なところこれらを全て利用する人はあまり居ないと思いますので、現実的な還元率で言えば5~10倍(%)あたりではないでしょうか。

しかし、それでもポイント還元の恩恵は大きいと言えます。実際、私は6.5倍のポイント還元ですが満足度は非常に高いです。

oshin
楽天ゴールド(プレミアム含む)は利用するだけで常時5倍(楽天会員)と他の楽天サービスに比べポイント倍率が大きいので、私は楽天会員かつ楽天ゴールドカード+支払い先を楽天銀行にしているだけで6倍のポイント還元になっています(アプリ使用時は6.5倍)。

楽天ゴールドカードを作ってからどのくらいポイント獲得数が変わったか?

楽天ゴールドカード発行前と発行後でポイント獲得数がどのくらい違うのか見比べる為に、私の過去のポイント獲得履歴を紹介します。

まずは楽天ゴールドカード発行以前のポイント獲得履歴から↓↓

2012年 1082ポイント
2013年 1823ポイント
2014年 2926ポイント
2015年 1404ポイント
2016年 1485ポイント

続いて楽天ゴールドカードを発行してからの獲得ポイントです。

2017年 28345ポイント
2018年 38830ポイント
2019年 17220ポイント

楽天側のポイントアッププログラムの内容の変化や、カード発行後は買い物がさらに楽天に集中するようになったというのもありますが、獲得ポイントがカード発行前に比べて大幅に増えました。

oshin
ダイヤモンド会員にもあっという間になれてしまいます。
楽天ゴールドカードを作ってからどのくらいポイント獲得数が変わったか?
お得な使い方の注意点

個人的な意見としては楽天ゴールドカードを利用するうえで気を付ける事は特にありません。注意しなければいけない事があるとすれば、このポイント還元率は楽天市場での買い物に限られるという事です。

日常の利用では1%還元(一部2%の提携先も有)になるので、楽天市場以外の利用で考えると楽天ゴールドよりお得なカードがあるかもしれません。

執筆者からおすすめの一言

楽天ユーザーにとって、楽天ゴールドカードは非常に満足度の高いカードです。楽天スーパーセールや楽天市場内のショップセール時にはこれに加えてさらにポイント〇倍アップを実施している事があるので、楽天をよく利用する人はポイント獲得数を大幅に増やすためにも是非作っておく事をおすすめします。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード
カード分類ゴールドカード
国際ブランド-
申込方法-
発行スピード通常1週間
年会費(税込)2,200円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)200万円
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)5.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.5マイル、50ポイント以上2ポイント単位)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージ楽天Edy(オートチャージ可)
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
ショッピング保険/国内利用(最大)-
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
100%(8/8)113万円33万円9.5日4.6


コメントを残す