日本初!2020年7月15日から、東急線各駅の券売機でLINE Payへの現金によるチャージサービスを開始。東急の券売機活用への取り組みも振り返る

神奈川、東京を中心に旅客運送、ホテル運営、百貨店・ショッピングセンター運営などサービスを提供している東急株式会社(以下、東急)および東急電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、決済システム大手のGMOペイメントゲートウェイ株式会社(以下、GMO-PG)と共同で、東急線各駅の券売機でモバイル決済「LINE Pay」に現金でチャージできるサービスを開始することになりました。開始日は2020年7月15日(水)とのことです。

ニュースの概要

ニュースの概要

出典:LINE Pay|東急線券売機でLINE Payチャージ!スタートキャンペーン

今回のニュースについて、概要をお伝えしましょう。

現金による残高チャージが可能

東急とGMO-PGは「駅券売機スマートフォン決済チャージシステム」を共同開発しました。これを利用することで、LINE Payアプリへの現金チャージに対応したQRコードを駅の券売機に表示させることができるようになります。現金チャージを行いたい人は、このQRコードを自分のスマートフォンで読み取り、所定の操作を行うとチャージできる仕組みです。

なお、駅券売機経由の現金チャージは、毎日5時30分から23時まで可能となります。また、1回あたりのチャージ可能金額は1,000円以上49,000円以下で、希望の金額で利用することが可能です。

実際の使い方は?

また、プレスリリースにおいて、実際のチャージ方法が解説されていました。流れは以下の通りです。

実際の使い方は? 実際の使い方は? 実際の使い方は?

出典:【LINE Pay】日本初!7月15日から、東急線各駅の券売機で LINE Payへの現金によるチャージサービスを開始 | ニュース | LINE株式会社

  1.  「LINE」アプリを開き、「ウォレット」タブから「+」(チャージボタン)→「東急線券売機」を選択
  2. 券売機トップ画面の「QRコード バーコードを使う」をタッチ
  3. 「スマートフォン決済サービスへのチャージはこちら」をタッチ
  4. スマートフォンでQRコードを読み取り、券売機の「次へ」をタッチ
  5. スマートフォン画面が「QRコードをスキャンしました」に切り替わったら、券売機の「入金へ進む」をタッチ
  6. 現金を投入し、「チャージする」をタッチ(発行した場合は)利用明細を受け取る
teacher
その他の詳細については、公式ホームページで確認できます。使い方の動画もありますよ!

キャンペーンも開催!

さらに、2020年7月15日(水) 〜 2020年7月31日(金)まで、サービスのスタートを記念し、LINE Payに駅の券売機を通じ1度に3,000円以上チャージした先着20,000名に300ポイント(LINEポイント)がプレゼントされるキャンペーンが開催されます。

teacher
詳細はこちらからどうぞ!

東急の券売機活用への取り組み

東急の券売機活用への取り組み

今回のニュースにもあるように、東急および東急電鉄は、これまでにも駅の券売機の活用に関し、画期的な取り組みを続けてきました。ここでは

  1. 券売機をQRコードで操作する方法
  2. キャッシュアウトサービス

について解説しましょう。

券売機をQRコードで操作する方法

東急電鉄をはじめ、首都圏の私鉄やJRでは、交通系電子マネー(PASMO、Suica)を使う人が多くなってきた以上、切符を購入する人はどんどん減っているはずです。しかし、交通系電子マネーを使う場合でも、チャージをしたり、定期券を購入したりする場合は、駅の券売機を使うことになるでしょう。

このように、時代の流れとともに、券売機は「切符を買うためだけのもの」ではなくなりつつあります。そのため、操作がわかりにくくなっているのも事実です。

東急電鉄では、操作をわかりやすくするために、あらかじめ公式ホームページからQRコードをダウンロードしておき、駅の券売機のQRコードリーダーにかざすと、目的の機能が呼び出せるサービスを行っています。現状、以下の機能に対応しているとのことです。

  • 10円単位チャージ
  • 500円チャージ
  • ポイントチャージ
  • クイックチャージ
  • オートチャージ設定変更
  • 一体型PASMOカードの更新
  • 電車定期券の購入
  • バス定期券の購入
  • 磁気定期券のPASMO定期券への移し替え
  • 磁気乗車証のPASMOへの移し替え
  • 記名式・無記名式のPASMOの購入
  • おトクな切符の購入
  • S-TRAIN(西武鉄道、東京地下鉄、東急電鉄、横浜高速鉄道が共同運航する座席指定制列車)の指定席券の購入
teacher
QRコードは、以下のページからダウンロードできますよ。

キャッシュアウトサービス

いくらキャッシュレスが普及しつつあるからといって、今の日本では現金をまったく使わないというのも厳しいのが現状です。誰かに立て替えてもらっていたお金を返すなど「どうしても現金が手元にないといけない」事情があることもあるでしょう。しかし、そんなときに限って、銀行に行く暇がなかったり、持ち合わせがなかったりすることもあり得ます。

そんなときに活用してほしいのが、東急の駅の券売機で利用できる「キャッシュアウト」サービスです。つまり、所定のアプリを事前にインストールし、駅の券売機で操作すればあらかじめ設定した銀行口座(横浜銀行、ゆうちょ銀行に対応)から現金を引き出せます。

teacher
いくら、PASMOやSuicaのようなICカードで電車に乗る人が増えたといっても、切符を買う人は0にはなりません。それを考えると、駅の券売機を撤去することは極めて難しいです。だからこそ券売機にも「切符を買うためだけの機能」だけではなく、様々な機能を拡充していく必要があるんでしょうね。