スポーツ好き必見!アルペンが運営するスポーツ用品店でも楽天ペイを中心としたQR・バーコード決済が可能に!

スポーツ用品店「アルペン」「スポーツデポ」を運営する株式会社アルペンは、グループ傘下の店舗で、2019年8月19日からバーコード決済による支払いを開始すると発表しました。

QR・バーコード決済導入の概要

QR・バーコード決済導入の概要

今回のQR・バーコード決済の導入について、概要をまとめました。

使えるようになったQR・バーコード決済は?

以下の7つのQR・バーコード決済が使えるようになりました。

日本のサービス

楽天ペイオンラインショッピングモール「楽天市場」やクレジットカード「楽天カード」等を運営する楽天グループが提供するQR・バーコード決済。
LINEPayメッセージアプリ「LINE」を提供するLINE株式会社が提供するQR・バーコード決済。
PayPayソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供するQR・バーコード決済。
d払い携帯電話大手・NTTドコモが提供するQR・バーコード決済。

外国のサービス

Alipay(支付宝)中国で最初にサービスを開始したQR・バーコード決済。日本でも中国人観光客が多い地域のドラッグストア・百貨店で導入が進んでいる。
WeChatPay(微信支付)主に中国でサービスを展開しているQR・バーコード決済。後発サービスではあるが、徐々に加盟店を伸ばしている。
Naver Pay日本でも「NAVERまとめ」などで有名な韓国のインターネット会社・NAVERが提供するQR・バーコード決済。

どこの店舗で使える?

今回、QR・バーコード決済が使えるようになったのは、

の4つのチェーン店です。

楽天スーパーポイントの3重どりもできる!

ちなみに、先ほど触れた4つのチェーン店をはじめとしたアルペングループの各店舗では、既に楽天スーパーポイントが導入されています。そのため、

  • 楽天カードを楽天ペイの支払い元に指定する
  • 楽天ペイで買い物をする

ことで、最大で楽天スーパーポイントの3重取りができるのです。

税抜2万円のゴルフ用品を買うと?

そこで、税抜2万円のゴルフ用品を、

  • 現金(楽天ポイントカードは提示する)
  • 楽天ペイ(楽天カードを紐づけたもの)

で購入した場合とで、楽天スーパーポイントがどれだけ貯まるかを比較してみましょう。

現金の場合楽天ペイの場合
楽天ポイントカードの提示によるポイント
:100ポイント(2万円÷200円×1ポイント)
楽天ポイントカードの提示によるポイント
:100ポイント(2万円÷200円×1ポイント)
楽天ペイでの支払いによるポイント
:100ポイント(2万円÷200円×1ポイント)
楽天カードでの支払いによるポイント
:200ポイント(2万円÷100円×1ポイント)
man
同じ買い物をしても、支払い方を変えるだけで、還元されるポイントが全く違うんですね!

楽天カードを持っているなら、さらにポイントゲットのチャンス!

楽天カードを持っているなら、さらにポイントゲットのチャンス!

出典:楽天ペイ: 第2弾!楽天カードを設定したお支払いで期間中ずーーっと実質最大5%還元キャンペーン

なお、現在楽天カードでは、楽天ペイの支払い元として楽天カードを登録すると、利用額(ポイント利用・楽天キャッシュ利用を除く)の5%をポイントとして還元するキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの概要

キャンペーンの概要は以下の通りです。

エントリー期間2019年6月27日(木)18:00~9月30日(月)23:59
キャンペーン期間2019年7月1日(月)10:00 ~ 9月30日(月)23:59
還元対象ポイント利用・楽天キャッシュ利用を除いた支払い金額
特典ポイント進呈時期2019年11月30日(土)頃まで(2019年12月31日(火)23:59 まで利用可能な期間限定ポイントで進呈)
特典上限一人 最大5,000ポイントまで(第1弾のキャンペーン期間内に獲得したポイントとは別途ポイントを進呈。)

なお、公式ホームページによれば、10月1日以降も還元施策を実施する可能性があるとのことです。

man
やり方次第で、かなりお得に買い物できますね!

ニュースに関する考察

ゴルフ、スキー、スノーボードなど、特殊な道具を使うスポーツの道具を買う場合、実際に店に行ってみないと選ぶのが難しいのが事実です。「普段はネットで買い物をするけど、スポーツ用品は実店舗で買いたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

また、これらのスポーツの道具は、単価が高くなりがちです。還元されるポイントも、決して見逃せない数になるはずなので、買い物に行く際は、楽天ペイと楽天カードをすぐに使えるようにしておくといいでしょう。

man
支払い方を工夫するだけでポイントが貯められるのなら、ぜひチャレンジしてみたいですね!