メルペイなら売上金をそのまま使える!さらに電子マネー「iD」を使ったスマホ決済も魅力!

キャッシュレスならポイント還元よりも支払いのスマートさを優先する私が今回おすすめするのは「メルペイ」です。メルペイではメルカリで販売した商品の売上金をそのまま使えるという特徴に加えて、「OR」「バーコード」「iD」の3つの支払い方法があり使い勝手のいいサービスといえます。

私の一押しモバイル決済とお得な使い方体験談

執筆者紹介

tachan1916

ニックネーム:tachan1916
性別:男性
年齢:26歳
職業:フリーランス
子供:なし
配偶者:なし

フリーライターとしてクラウドソーシングなどで4年ほどお仕事をしております。

使うモバイル決済サービス

メルペイ
iD
使うモバイル決済サービス 使うモバイル決済サービス
利用期間:6ヶ月
ショッピング限度額:1回あたりのチャージ上減額は200,000円

メルペイを選んだ理由

QRコード決済に関して10%超の大幅な還元キャンペーンがない限りは使う気が起きないほど利便性を感じておらず、相変わらずタッチ式の電子マネーが最強だなと思っていました。

そんな中でメルペイがiD決済に対応しておりことを知り、アプリを起動させなくてもスマホをタッチするだけで支払いができるスマートさに魅力を感じました。

tachan1916
元々メルカリはちょくちょく利用して売上金も溜まっていたので、それを消化する目的もあり、コンビニなどでのちょっとした買い物でメルペイのiD決済を利用しています。

お得な使い方で得られるメリット

  • スマホをタッチするだけで支払いができる
  • メルカリの売上金をそのまま支払いに利用できる(振込には手数料がかかる)
  • チャージ型のiDなのでクレジットカードがなくても利用できる

お得・便利に使える仕組み

「メルペイ」はフリマアプリ「メルカリ」の中に備わっている機能の1つです。メルカリアプリ1つあればフリマへの出品や購入、メルペイを使ったお買い物もまとめてできるようになっています。メルペイにはiD決済の他にもQR・バーコード決済がありますが、これらに関してはあまりメリットを感じていないので紹介については省きます。

tachan1916
大規模なポイント還元が用意されているわけではないため、還元目的でメルペイを選ぶのはあまり得策とはいえません。あくまで会計のスマートさを優先したい人向けのサービスといえます。
また、メルペイで利用できる「iD」と「QR・バーコード決済」では使えるお店が異なります。

iD決済は「iD加盟店」で、「QR・バーコード決済」は「メルペイ加盟店」に対応しているので、その辺も注意が必要です。

お得・便利に使える仕組みお得・便利に使える仕組み

では、メルペイで使える「iD」について詳しく紹介します。

チャージ方法としては「メルカリの売上金」もしくは「銀行口座からのチャージ」の2通りあります。

メルカリの売上金は自動的にメルペイにチャージされる仕組みになっているので、細かい手続きなどは必要ありません。また、売上金がなくても銀行口座を登録することで利用可能です。

支払いに関してはiDの使えるお店に行き、スマホを支払い端末にかざすだけで決済完了となります。カードタイプの電子マネーiDと同じ使い方で大丈夫です。

iDを使う際にはメルカリアプリを起動する必要はありません。スマホをそのままタッチするだけで支払いができます。

tachan1916
クーポンなどはたまに出たりもしますが、目立った還元キャンペーンのないメルペイは魅力に欠けるかもしれません。しかし、アプリを起動することなくそのままタッチするだけで支払いができるスマートさこそキャッシュレスの魅力だと思います。

お得な使い方の手順

「メルペイ」でiD決済を使う手順を詳しく紹介します。

手順1

メルペイはメルカリアプリの中に備わっている機能の1つです。そのためまずは「メルカリ」アプリを開きます。

手順2

ホーム画面下部にある「メルペイ」を選択します。

手順2

手順3

メルカリの売上金が既に貯まっている場合にはそのまま使うこともできますが、メルペイ残高が足りない場合には銀行口座からチャージを行います。「チャージ(入金)」を選択してください。

手順3 手順3

手順4

チャージ金額を1,0000200,000円の範囲で設定し、「チャージする」を選択すれば完了です。

手順5

iDが使えるお店に行き会計時、専用端末にスマホをかざせば支払いができます。

お得な使い方の注意点

メルペイを使う際には本人確認(「銀行口座登録」または「かんたん本人確認」のいずれか)をやっておいた方がいいでしょう。理由としてはいくつかありますが、一番大きな点としては「売上金の有効期限がなくなる」という点です。

本人確認をしていないと売上金に180日間の有効期限がついてしまいます。銀行口座登録をしていれば売上金がなくても口座からのチャージでメルペイが使えるので、始めにやっておきましょう。

執筆者からおすすめの一言

クーポンなどはたまに出たりもしますが、目立った還元キャンペーンのないメルペイは魅力に欠けるかもしれません。しかし、アプリを起動することなくそのままタッチするだけで支払いができるスマートさこそキャッシュレスの魅力だと思います。

tachan1916
私はメインの決済手段としてメルペイを利用しているわけではないのですが、たまにメルカリで商品が売れたときの売上金が余っている時があるので、それを消化するためにメルペイを利用しています。コンビニなどでちょっとした買い物をするときに重宝していています。

基本的にキャッシュレス決済はタッチ式をメインにしたいという希望もあるので、iD対応でスマホをタッチするだけで支払いができるメルペイのiD決済はおすすめです。