楽天ペイアプリからSuicaへのチャージが可能へ。「赤いSuica」の特徴を紹介

2020年5月25日に、楽天ペイメント株式会社は、同社の運営するQRコード決済「楽天ペイ」内で、JR東日本が運営する電子マネー「Suica」が利用できる機能を実装・公開したことを発表しました。これにより、楽天ペイ内で発行されるSuicaについては、楽天カードでのチャージによりポイントが付与されるようになります。

「赤いSuica」とは?

「赤いSuica」とは?

出典:楽天ペイのSuica – 楽天ペイアプリ

本来、Suicaの券面は、JR東日本のコーポレートカラーでもある黄緑色が使われています。しかし、今回発表された楽天ペイ上で動くSuicaは、楽天のコーポレートカラーである赤(クリムゾンレッド)が使われているため「赤いSuica」という呼び方もされています。最初に、「赤いSuica」を手に入れる方法を解説しましょう。

現在はAndroid端末にのみ対応

まず、楽天ペイ上で動作するSuicaが入手できるのは、2020年5月現在ではAndroid端末のみとのことです。端末のスペックですが

  1. 「おサイフケータイ」機能が搭載されている
  2. OSはAndroid6.0以上

の2点は満たさないといけないので、まずは確認しましょう。

楽天ペイアプリで何ができるようになる?

今回、楽天ペイメントとJR東日本が本格的に提携したことで、楽天ペイアプリにはSuicaに関連した機能がたくさん追加されました。どんなことができるようになったのか、紹介しましょう。

  1. モバイルSuicaへの会員登録・発行
  2. 楽天ペイアプリに登録された楽天カードによる入金(チャージ)
  3. 利用履歴の確認
  4. 残高の確認
  5. モバイルSuicaアプリで購入したSuica定期券
  6. Suicaグリーン券の表示

なお、楽天ペイアプリを利用している同一端末上で、既にモバイルSuicaを発行している場合には、当該モバイルSuicaを楽天ペイアプリと連携することが可能です。連携を済ませれば、楽天ペイアプリに登録された楽天カードによる入金(チャージ)等のサービスが使えるようになります。

実際に使えるようにするには?

実際に使えるようにするには、手続きを済ませなくてはいけません。ここでは

  1. モバイルSuicaのアカウントを新規作成する場合
  2. 既にモバイルSuicaのアカウントを持っている場合

の2つに分けて解説しましょう。

モバイルSuicaのアカウントを新規作成する場合

流れは以下の通りです。

モバイルSuicaのアカウントを新規作成する場合 モバイルSuicaのアカウントを新規作成する場合 モバイルSuicaのアカウントを新規作成する場合 モバイルSuicaのアカウントを新規作成する場合

出典:楽天ペイのSuica – 楽天ペイアプリ

  1. 楽天ペイアプリにログインする。
  2. 電話番号を入力し、SMSを送信し、送られてきた数字6桁の認証番号を入力する。
  3. 支払い元を設定すれば、登録完了。アプリ決済で利用される支払い元を選択する。
  4. モバイルSuicaアイコンをタップする。
  5. Suica新規発行ボタンをタップする。
  6. 利用規約を確認し、「利用規約を同意」ボタンをタップする。
  7. モバイルSuica会員登録に必要な情報を入力する。
  8. Suicaの設定が完了する。

なお、モバイルSuicaに新規登録する場合のみ、手持ちのカードタイプのSuica定期券をモバイルSuicaに移行(切替)することができます。
以下の条件を満たしていれば、移行が可能です。

  • カードタイプのSuicaが定期券である
  • AndroidスマートフォンでまだモバイルSuicaを使っていない

2.既にモバイルSuicaのアカウントを持っている場合

流れは以下の通りです。

2.既にモバイルSuicaのアカウントを持っている場合 2.既にモバイルSuicaのアカウントを持っている場合 2.既にモバイルSuicaのアカウントを持っている場合

出典:楽天ペイのSuica – 楽天ペイアプリ

  1. 楽天ペイアプリにログインする。
  2. モバイルSuicaアイコンをタップする。
  3. 連携するをタップする。
  4. 利用規約確認後、利用規約を同意ボタンをタップする。
  5. Suicaの設定が完了する。

なお、連携が終了したあとでも、モバイルSuicaはこれまでと同じように利用できます。

チャージでポイントが貯まるのは楽天カードのみ

楽天ペイ上で動くモバイルSuicaにチャージする際は、やはり楽天カードがあると便利です。楽天カードを使ってモバイルSuicaにチャージすること自体は、今まででも問題なくできました。しかし、チャージのために利用した場合、楽天ポイントは付与されなかったのです。

しかし、今回、楽天ペイ上で動くモバイルSuicaが登場してきたことで、楽天カードでチャージをすると、利用額200円(税込)につき1ポイント(楽天スーパーポイント)が貯まります。

teacher
外回りが多いなどの理由で、電車やバスをよく使うなら、ぜひ活用してみてくださいね。まだ、楽天ペイを使ったことがないなら、今回のリリースを記念したキャンペーンに参加し、まずは使ってみましょう。楽天ペイのコード/QR払いで全店舗5%還元となるキャンペーンが実施されていますよ。

楽天ペイ

年会費(税別)0円
ベースの還元率0.50%
ベースの還元率上限1.00%
ポイント倍増ネットでのお支払いでポイント還元率1.0%
加盟店によってはポイント還元率1.0%
還元内容楽天スーパーポイント
付与上限-
クレジットカード支払い○VISA、Mastetrcard、楽天カード
銀行口座チャージ○楽天銀行
クレジットカードチャージ○VISA、Mastetrcard、楽天カード
ATMチャージ-
レジチャージ-
支払方法コード払い(提示)
コード払い(読取)
セルフ支払い
オートチャージ
送金サービス
限度額50万円/回
同社の発行クレジットカード
楽天カード

楽天カード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
申込方法-
発行スピード通常1週間
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)100万円
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)3.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.5マイル、50ポイント以上2ポイント単位)
ETCカード年会費(税込)550円
電子マネーチャージ楽天Edy(オートチャージ可)
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
ショッピング保険/国内利用(最大)-
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
94%(483/512)66万円20万円9.5日4.2