Kyashが新カード「Kyash Card」を発行へ。現行のリアルカードとの違いは?

プリペイドカード「Kyash」を運営する株式会社Kyashは、新たに「Kyash Card」を発行する予定であることを発表しました。これに伴い、現行のリアルカードは、「Kyash Card Lite」に名称が変更になります。

Kyash Cardとは

Kyash Cardとは

出典:新しいKyash Card登場|Kyash(キャッシュ)

今回、新たに発行することが発表されたKyash Cardとは何か、解説しましょう。

ICチップを搭載

公式ホームページによれば、Kyash Cardは上の画像のようなデザインになるようです。

国際ブランドとしてVisa、Mastercardが付帯しているクレジットカード、デビットカードを支払元にできるのは、現行のリアルカードと同じですが、表面にカード番号の記載が無くなります。カードの色はネイビー、シルバー、ピンクの3色から選ぶことが可能です。

なお、1人につき1枚までの発行となるため「3色全部揃える」はできません。

また、Visaのタッチ決済にも対応しているため、専用端末が置いてあるVisa加盟店でなら、タッチするだけで支払いが完了します。

teacher
確かにこのマークと同じものがついてますよね!
ICチップを搭載

出典:Visaのタッチ決済(非接触決済) | Visa

海外での利用にも対応

現行のリアルカードの場合、国内のVisa加盟店であれば、実店舗・オンラインショッピングともに利用可能でした。一方、海外のVisa加盟店の場合は、オンラインショッピングでしか使えなかったため、海外旅行に行く際は別のカードを使う必要があったのです。

しかし、今回新たに発行されるKyash Cardは、海外のVisa加盟店であっても、実店舗・オンラインショッピングともに利用可能です。さらに、月当たりの決済金額の上限も、現行の12万円から100万円まで大幅にアップします。

teacher
海外旅行によく行く人でも便利ですね!

セキュリティも強化

Kyash Cardの特筆すべき点として、セキュリティが強化されていることにも触れておきましょう。これまでも、自動チャージ設定は専用のアプリから行いましたが、機能の拡充に伴い、アプリから設定できる項目がさらに増えています。

公式ホームページによれば、以下の設定をアプリで行うことが可能です。

1日の利用限度額の設定、月間の利用限度額の設定
海外利用のオン・オフ設定
オンライン利用のオン・オフ設定
カードロック機能

出典:新しいKyash Card登場|Kyash(キャッシュ)

また、現行のリアルカードにはなかった取り組みとして、クレジットカードの国際的なセキュリティ基準「PCI DSS」への準拠が挙げられます。

国内でも海外でも、より安心して使えるプリペイドカードになるはずです。

各カードの比較表

woman
ふむふむ。今までのカードと何が違うか、ちゃんと調べてみます。
teacher
わかりやすいよう、表にしておきましたよ!

今回のKyash Cardの新規発行により、Kyashには

  1. Kyash Card
  2. Kyash Card Lite(現行のリアルカード)
  3. Kyash Card Virtual(現行のバーチャルカード)

の3種類のカードが存在することになります。それぞれについて、比較してみましょう。

項目Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
ICチップ(4桁暗証番号)対応非対応非対応
Visaタッチ決済対応非対応非対応
Google Pay(QUICPay決済)対応対応対応※
国内利用対応対応対応※オンライン決済のみ
海外利用対応対応※オンライン決済のみ対応※オンライン決済のみ
24時間あたりの決済上限30万円5万円3万円※本人認証なし:5千円
月あたりの決済上限100万円12万円12万円※本人認証なし:2万円
ポイント還元率※一部対象外取引あり1.0%1.0%(2020/4/1より0.5%)0.5%
月あたりの還元対象決済上限12万円12万円12万円
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
本人確認書類必要不要不要

出典:新しいKyash Card登場|Kyash(キャッシュ)

2019年12月19日時点で、発行開始日はまだ未定とのことです。公式ホームページにメールアドレスを入力しておくと、発行開始日が確定した時点でお知らせが届くので、必要な人は登録しておきましょう。

その他の質問集は、こちらから閲覧できます。

ニュースに関する考察ー改悪?-

今回のKyash Cardの新規発行が発表されると、Twitter上では様々な意見が飛び交いました。ICチップの搭載、タッチ決済への対応など、ハード面での変更を喜ぶ声もある一方で、現行のリアルカードによる割引率が1.0%から0.5%に変更になることを「改悪」と嘆く声もあります。

これを書いている2019年12月19日現在では、Kyash Cardの発行開始日すら決まっていません。実際に発行が開始され、使ってみた人が出てこないと、この変更がいいのか悪いのか、結論づけるのは難しそうです。

・いつから申し込み開始ですか?

・発行開始日は現在調整中です。決定次第、お知らせさせていただきます。

出典:新しいKyash Cardに関するご質問について Kyash HELP

興味がある人も、「正直、改悪だと思う」人も、発行開始日をまずは待ってみましょう。