ゴールドカードセゾンのメリット・デメリット。おすすめするのはこんな人

ゴールドカードセゾンとは、国内の大手クレジットカード会社・クレディセゾンが発行しているゴールドカードです。国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBから選ぶことができます。

もともと、クレディセゾン自体が西武百貨店のクレジットカード部門である「西武クレジット」を前身とする会社であるため、西武百貨店、ロフト、パルコ、無印良品など、かつてはセゾングループに属したことがある商業施設でも優待が受けれるのも、特徴といえるでしょう。

今回はこのゴールドカードセゾンについて、メリットとデメリットを踏まえた上で、おすすめする人について考えてみましょう。

ゴールドカードセゾンの11のメリット

ゴールドカードセゾンの11のメリット

最初に、ゴールドカードセゾンのメリットについて

  1. 初年度年会費無料である
  2. ポイントの有効期限がない
  3. 格安で必要な保険に入れる
  4. 海外・国内旅行傷害保険による補償が家族も受けられる
  5. 西武グループの店舗で使うとポイント2倍
  6. 国内のホテルに優待価格で泊まれる
  7. 空港からの宅配を優待価格で利用できる
  8. ホームセキュリティサービスを使うと特典が受けられる
  9. 西友・リヴィンで5%引きになる
  10. 2,000円追加すればアメックスも持てる
  11. 20歳以上の社会人であれば通る可能性は十分にある

の11個のポイントから解説します。

teacher
カードの詳細情報を先に見たいなら、こちらからどうぞ!

[saison-gold-sum-mini]

1.初年度年会費無料である

ゴールドカードセゾンの場合、初年度は年会費が無料です。ただし、次年度以降は10,000円(税抜)かかります。まずは使い勝手を試し「これなら年会費かかってもいい」と思えたなら、次年度以降も継続して使うのも1つの選択肢でしょう。ただし、この方法を試す場合は

  • いつまでに解約すれば年会費がかからないか
  • 解約したあと、どんなクレジットカードを代わりに使うつもりか

を考えてから臨むのをおすすめします。

2.ポイントの有効期限がない

ゴールドカードセゾンも含め、クレディセゾンが発行しているクレジットカードの特徴として挙げられることの1つが「ポイントの有効期限がない」ことでしょう。「永久不滅ポイント」という名前からもわかるように、会員である(クレジットカードを持ち続けている)限りは、いつまででも有効です。そのため、欲しい特典がもらえるまで、ポイントをじっくり貯め続けていくことができます。

teacher
有効期限が来ちゃう!と慌てて欲しくもない特典に交換する必要もないんですよ。

3.格安で必要な保険に入れる

ゴールドカードセゾンを含め、クレディセゾンが発行しているクレジットカードの会員に向けて、毎月300円から入れる保険として「Super Value Plus」が設けられています。

teacher
提供されている保険を簡単にまとめてみました。
プラン名内容
お買物安心プランクレジットカードで購入した商品を壊したり、盗難にあったりした場合に補償が受けられる。
いつでも安心プランケガが原因で入院、通院した場合に補償が受けられる。
けが安心プラン<女性専用コース>女性のみ加入が可能。日常生活やスポーツ中のケガ、携行品、盗難などの事故を補償する。
ゴルフ安心プランゴルフ中のケガ、賠償事故、用品の破損・盗難やホールインワン費用などを補償。
ご迷惑安心プラン日常の賠償事故による損害の補償、弁護士相談サービスが受けられる。
暮らし・持ち物安心プラン携行品の破損・盗難、日常生活の賠償事故による損害を補償。
お留守番安心プラン空き巣やピッキングなどによる家財の盗難を補償。
お住まい安心プラン日常生活の賠償事故による損害、ケガによる後遺障害を補償。水回りが故障した際の修理費用・賠償も補償される。
キャッシング安心プランセゾンカードでキャッシングした現金が盗難にあった場合の被害を補償。
生活安心プランケガによる入院を補償。医療相談サービスも提供している。
お車安心プラン交通事故でのケガによる死亡・後遺障害、入院を補償。ロードサービス、廃車サービスなどのサポートも行う。

参照:Super Value Plus セゾンカード会員限定!|保険@SAISON CARD

4.海外・国内旅行傷害保険による補償が家族も受けられる

ゴールドカードセゾンには、海外・国内旅行傷害保険が付帯しています。海外旅行傷害保険は自動付帯ですが、国内旅行傷害保険は利用付帯です。つまり、海外旅行の場合は持っているだけで保険が使えるのに対し、国内旅行の場合は「ゴールドカードセゾンで交通費やパックツアーの料金を払った場合」にのみ、保険が使えます。

特筆すべきなのは、ゴールドカードセゾンの本会員はもちろん、家族であれば補償が受けられることでしょう。なお、家族とは、次の条件にあてはまる人のことを言います。

  • 本会員の配偶者
  • 生計を共にする同居の親族
  • 生計を別にする別居の未婚の子

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険に分けて、具体的な内容を見てみましょう。

海外旅行傷害保険(自動付帯)の場合

内容本会員家族
傷害死亡・後遺障害3,000万円1,000万円
傷害治療費用100万円100万円
疾病治療費用100万円100万円
賠償責任2,000万円2,000万円
携行品損害50万円50万円
救援者費用100万円100万円
寄託手荷物運搬費用10万円10万円
寄託手荷物紛失費用10万円10万円
乗継遅延費用3万円3万円
出発遅延費用3万円3万円

国内旅行傷害保険(利用付帯)の場合

内容本会員家族
傷害死亡・後遺障害3,000万円1,000万円
入院日額5,000円5,000円
通院日額3,000円3,000円

5.西武グループの店舗で使うとポイント2倍

  • 西武百貨店
  • ザ・ガーデン自由が丘(食品スーパー)
  • ロフト
  • 無印良品
  • パルコ

など、西武グループに属する(属していた)商業施設で買い物をした場合、ポイントが2倍になります。本来、利用額1,000円ごとに1ポイント(永久不滅ポイント)が付与されますが、これが2ポイントになるということです。

ただし、ザ・ガーデン、ロフト、無印良品に関しては、対象になる店舗が限定されているので注意が必要です。
teacher
どこの店舗なら対象なのかは、ホームページで確認できますよ。

6.国内のホテルに優待価格で泊まれる

ゴールドカードセゾンの会員であれば、提携先となっている国内ホテルに優待価格で泊まれます。2020年6月現在、提携ホテルに指定されているのは以下の通りです。

札幌ホテルエミシア札幌
ホテルオークラ札幌
東京京王プラザホテル
コンラッド東京
ザ・キャピトルホテル 東急
ザ・ペニンシュラ東京
ザ・リッツ・カールトン東京
シェラトン都ホテル東京
渋谷エクセルホテル東急
渋谷ストリームエクセルホテル東急
渋谷東急REIホテル
セルリアンタワー東急ホテル
東京ステーションホテル
パーク ハイアット 東京
パレスホテル東京
ホテル椿山荘東京
ホテルニューオータニ(東京)
リーガロイヤルホテル東京
舞浜(千葉)ホテルオークラ東京ベイ
幕張(千葉)ホテルニューオータニ幕張
成田ヒルトン成田
ホテル日航成田
横浜ホテルニューグランド
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル
箱根ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ
名古屋ホテルナゴヤキャッスル
岐阜都ホテル 岐阜長良川
京都ウェスティン都ホテル京都
ANAクラウンプラザホテル京都
京都ブライトンホテル
京都ホテルオークラ
都ホテル 京都八条
リーガロイヤルホテル京都
大阪大阪マリオット都ホテル
シェラトン都ホテル大阪
帝国ホテル 大阪
リーガロイヤルホテル(大阪)
ホテル・アゴーラ リージェンシー大阪堺
神戸神戸ポートピアホテル
ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド
神戸みなと温泉 蓮
広島リーガロイヤルホテル広島
高松リーガホテルゼスト高松
新居浜リーガロイヤルホテル新居浜
福岡ホテルオークラ福岡
小倉リーガロイヤルホテル小倉
那覇リーガロイヤルグラン沖縄


7.空港からの宅配を優待価格で利用できる

国際ブランドとしてVisaが付帯しているゴールドカードセゾンであれば、海外旅行・出張から帰国した際の手荷物を、空港~自宅間で優待価格で宅配してもらえます。1個目500円(税込)、2個目以降通常料金より15%OFFです。なお、成田空港、羽田空港国際線ターミナル、中部国際空港、関西国際空港に到着した場合に利用することが可能です。

ゴールドカードセゾンの本会員はもちろん、家族会員であっても対象になります。

8.ホームセキュリティサービスを使うと特典が受けられる

ゴールドカードセゾンの場合、ホームセキュリティのアルソックの所定のコースの利用であれば、キャッシュバックが受けられます。

コース名キャッシュバック額
ホームセキュリティBasic(ベーシック)5,000円キャッシュバック
HOME ALSOK Premium(ホームアルソックプレミアム)10,000円キャッシュバック
HOME ALSOKみまもりサポート5,000円キャッシュバック
るすたくサービス(るすたくセキュリティパック)5,000円キャッシュバック

なお、キャッシュバックを受けるためには

  1. 新規でアルソックと契約する
  2. 初期費用および毎月の利用料をゴールドカードセゾンで支払う

の2点を満たさなくてはいけません。

teacher
それでも、予定があるなら有効活用しましょう!

9.西友・リヴィンで5%引きになる

西友・リヴィンでは、毎月第1・第3土曜日に買い物をし、ゴールドカードセゾンで購入すると、5%引きになります。なお、請求時に割引になる店舗とレジで割り引いてくれる店舗があるので、事前に扱いを確認しましょう。

teacher
食品でも雑貨でも対象になるので、まとめ買いが必要なものがあればこの日にまとめるといいですね。

10.2,000円追加すればアメックスも持てる

ゴールドカードセゾンの本会員であれば、追加カードとしてセゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カードにも申し込むことができます。名前からもわかる通り、国際ブランドとしてAmerican Expressが付帯したクレジットカードです。別途手続きを行なえば、ファミリーカード(家族カード)も追加できます。なお、年会費は本会員が2,000円(税抜)、家族会員が1,000円(税抜)です。

なお、セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カードには、以下の特典が付帯しています。

ポイントアップポイント付与率が国内での利用は1.5倍、海外での利用は2.0倍になる。
アメリカン・エキスプレス・コネクトアメリカン・エキスプレスのカード会員限定のキャンペーンや優待プログラムをまとめて紹介する専用サイトを通じ、レストラン、ホテルでの優待が受けられる。
空港ラウンジサービス国内の空港でカード会社ラウンジが利用できる。
コナミスポーツクラブでの優待スポーツクラブを優待料金で利用できる。

11.20歳の社会人でも通る可能性は十分にある

ゴールドカードセゾンの申し込み条件は「学生・未成年を除くご連絡可能な方」と規定されています。つまり、20歳の社会人でも、審査に通る可能性は十分にあるということです。

学生時代からクレジットカードを使ってきたなら、新入社員のうちにゴールドカードを手にすることも全く不可能な話ではありません。

ゴールドカードセゾンの4つのデメリット

ゴールドカードセゾンの4つのデメリット

一方、ゴールドカードセゾンのデメリットについても考えてみましょう。以下の4点について検証してみます。

  1. 家族カードに年会費がかかる
  2. 西武グループ以外での利用のポイント還元率は低い
  3. 海外・国内旅行傷害保険の最高保障額は決して高くない
  4. 単体では空港ラウンジが使えない

1.家族カードに年会費がかかる

ゴールドカードセゾンの場合、本会員であれば本来年会費が10,000円(税抜)かかります。しかし、初年度は年会費無料です。一方、家族会員に関しては、初年度から年会費として1,000円(税抜)かかります。

家族カードにはできるだけお金をかけたくない、という人にとっては「会費がかかる」という事実そのものがネックになるかもしれません。

2.西武グループ以外での利用のポイント還元率は低い

西武百貨店、ロフト、無印良品、パルコ、ザ・ガーデン自由が丘など、西武グループ(かつて属していた企業も含む)の店舗で利用した場合、利用額1,000円につき2ポイント付与されます。1ポイント=5円として計算すると、ポイント還元率は1.0%です。しかし、それ以外の店舗の場合は、利用額1,000円につき1ポイントが原則であるため、ポイント還元率は0.5%にまで下がってしまいます。

一般的に、クレジットカードのポイント還元率は0.5%~1.0%程度であることが多いです。中にはどこで使ってもポイント還元率は1.0%を超えるクレジットカードもあることから、ゴールドカードセゾンの0.5%というポイント還元率は決して高いとは言えないのです。

ポイント還元率の高さを重視するなら、ゴールドカードセゾンはかなり物足りないでしょう。

3.海外旅行傷害保険の補償額は決して高くない

ゴールドカードセゾンには、海外旅行傷害保険が自動付帯しています。家族の分の補償も受けられるのは大きなメリットですが、補償額という観点から検討した場合、決して充実しているとは言えません。死亡・高度障害の場合の補償額が最高3,000万円ですが、小さい子どもがいる家庭では、これではかなり心もとないでしょう。

また、傷害(ケガ)や疾病(病気)の治療費についても、補償額が100万円まででは、医療費の高い国に行った場合、まかないきれない可能性が非常に高いです。日本ではなんら問題なく暮らしている人であっても、海外に行くと移動や生活習慣の違いが原因で体調を崩すのは珍しくありません。

  • 他のクレジットカードの海外旅行傷害保険も活用する
  • 保険会社が販売する海外旅行保険に入る

などして、補償を充実させてから出かけるのをおすすめします。

4.単体では空港ラウンジが使えない

ゴールドカードセゾン単体では、空港ラウンジを利用することができません。利用したい場合は、別途セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カードを追加する必要があります。「追加するのが面倒」という人は、単体で空港ラウンジが利用できるゴールドカードにしておいたほうがいいでしょう。

teacher
ここの記事では詳しく触れませんが、空港ラウンジが利用できるゴールドカードはたくさんあります。こちらの記事で他のゴールドカードについて詳しく解説していますので、併せて読んでみてくださいね。

ゴールドカードセゾンをおすすめするのはこんな人

ゴールドカードセゾンをおすすめするのはこんな人

ここまでの内容を踏まえて、どんな人にゴールドカードセゾンがおすすめなのか考えてみましょう。

1.西武百貨店、ロフト、パルコ、無印良品をよく使う

自宅や職場の近くに、西武百貨店、ロフト、パルコ、無印良品、ザ・ガーデン自由が丘がある人なら、ゴールドカードセゾンで買い物することで、ポイント還元率1.0%を実現できます。特に、これらの商業施設がかなり揃っている池袋、渋谷の近くに住んでいる人なら、使うチャンスは多いでしょう。

2.ポイントの有効期限を気にしたくない

ゴールドカードセゾンの利用により付与される永久不滅ポイントには、有効期限がありません。欲しい特典に交換できるまでコツコツ貯められるので「本当に気に入った特典にしか交換したくない」という人にはピッタリです。なお、永久不滅ポイントは航空会社のマイルや他社のポイントにも交換できます。いっぱい永久不滅ポイントを貯めて、一気にマイルに交換して特典航空券を手に入れるのも、選択肢の1つではあるでしょう。

3.他に海外旅行傷害保険の最高補償額が高いカードを持っている

残念なことにゴールドカードセゾンの海外旅行傷害保険は、最高補償額があまり高くありません。しかし、他に海外旅行傷害保険の最高補償額が高いクレジットカードと併用するなら、足りない部分を補うカードとして活用できるでしょう。

teacher
ご家族の分も補償が受けられる、というのはやはりメリットなので、うまく補完できるといいですね!

4.20代でゴールドを本気で狙っている

ゴールドカードセゾンの申し込み条件は「学生・未成年を除くご連絡可能な方」と規定されています。そのため、20代でも学生時代からクレジットカードを使ってきて、延滞・滞納などの重大なトラブルを起こしたことがなければ、審査に通るチャンスは十分にあるでしょう。20代のうちからゴールドカードを持ちたい、と思うのなら、ゴールドカードセゾンは決して悪い選択肢ではありません。