ゴールドカード取得に必要な年収の目安。年収が低くてもゴールドカードをあきらめなくていい4つの理由

「ゴールドカードを持っている=お金持ち」という印象を受ける人は多いかもしれません。確かに、一昔前ならそのイメージに間違いはありませんが、クレジットカード自体が一般的になってきた今では、年収がそこまで高くなくても、選び方に気を付ければ手に入るのが実情です。そこで今回の記事では

  • ゴールドカード取得に必要な年収の目安
  • 年収が低くてもゴールドカードをあきらめなくていい4つの理由

について解説しましょう。

ゴールドカード取得に必要な年収の目安

ゴールドカード取得に必要な年収の目安

最初に、ゴールドカード取得に必要な年収の目安について、考えてみましょう。

昔に比べると水準は下がっている

そもそも、日本においてクレジットカードは、当初は富裕層向けのビジネスとしてスタートしました。日本で最初にクレジットカードのビジネスを開始したのは、当時の日本交通公社(現在のJTB)と富士銀行(現在のみずほ銀行)が合弁で設立した日本ダイナースクラブです。日本ダイナースクラブは会員の勧誘方針として

収入、生活の安定性、将来性の3点を重視し、社会的信用の高い方をお迎えする

出典:ダイナースクラブの歴史 | ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

ことを明確に打ち出していました。このことからもわかるように、少なくとも当時においては、クレジットカードは医師、弁護士などの専門職や経営者、大手企業の社員を対象にした富裕層向けのビジネスだったと考えられます。

また、ゴールドカードが日本で発行され始めたのは1980年のことです。今でもステータスの高いゴールドカードの1つとして認知されている「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」が、日本で最初のゴールドカードとなりました。その後、国内のクレジットカード会社の中にも、ゴールドカードの発行を始めるところが現れましたが、やはり「限られた富裕層に向けたもの」だったのには間違いありません。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

カード分類ゴールドカード
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込方法-
発行スピード通常1~3週間
年会費31,900円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)1.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.5マイル)
スカイマイル(1ポイント=0.5マイル)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージ楽天Edy
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
ショッピング保険/国内利用500万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
67%(4/6)102万円25万円8.3日4.2
100%(1/1)50万円30万円20.0日3.0
100%(1/1)50万円10万円14.0日4.0

しかし、それから40年経つ2020年の現在では、ゴールドカードの審査基準はだいぶ緩和されているのが実情です。さすがに無職やフリーターなど、本人に収入がなかったり、収入があっても安定していなかったりすれば厳しいでしょう。

しかし、ある程度の社会人経験と継続安定した収入があり、クレジットカードの利用状況に著しい問題がなければ、多少年収が低かったとしても、ゴールドカードの審査に通るのは珍しいことでもないのです。

プラチナ、ブラックなどの上位カードが出現したため

ゴールドカードがサービスを開始した当初に比べ、著しく審査に通りやすくなっている理由の1つとして考えられるのは「クレジットカード会社がプラチナ、ブラックなどのより上位のカードを発行し始めたから」でしょう。

クレジットカードというビジネス自体が一般的なものになるにつれ、相応の社会的信用と利用履歴がある顧客に対する優遇策として、ゴールドカードより高い会員ランク(ステータス)のクレジットカードを発行するクレジットカード会社も現れました。有名なのがアメリカン・エキスプレスです。1984年にはプラチナ・カードを、1999年にはセンチュリオン・カード(ブラックカード)を発行しています。

アメリカン・エキスプレス以外にも多くの会社がこの流れに追随した結果、ゴールドカードの価値が相対的に落ち「昔ほどは審査に通るのは難しくなくなったカード」になったと考えられます。審査に通るのが難しくない、ということは、求められる年収も昔ほどは高くない、と考えていいでしょう。

teacher
さすがにプラチナやブラックになると、相当年収や社会的地位が高くないと厳しいかもしれません。でも、ゴールドなら全く現実離れした話でもないんですよ。

基準になるのは「平均年収に達しているか」

ゴールドカードの審査に通るためには、年収が具体的にいくらあればいいのか、という数字をクレジットカード会社が明言しているわけではありません。年収が200万円台でも通る人がいる一方で、500万円台でも落ちてしまう人もいます。

結局のところは、年収以外にもその人のクレジットカードの利用状況や職業、家族構成、持ち家の有無など様々な要素に左右されてしまうためです。

しかし、1つの目安として「平均年収に達しているか」をチェックするといいでしょう。国税庁は毎年、民間給与実態調査と言って、民間企業に勤務している人の給料に関する調査を行っています。この中で、年代・性別ごとの給料の平均額を計算しているので、一覧表にまとめてみました。まずは、自分の給料と比較してみましょう。

年齢男性女性合計
19歳以下162.4万円114.4万円137.1万円
20歳~24歳283.6万円248.6万円267.0万円
25歳~29歳404.1万円326.3万円370.2万円
30歳~34歳469.5万円314.7万円410.1万円
35歳~39歳527.6万円313.8万円447.8万円
40歳~44歳570.6万円318.7万円476.3万円
45歳~49歳635.2万円313.3万円501.6万円
50歳~54歳681.8万円321.5万円528.5万円
55歳~59歳685.7万円297.5万円520.4万円
60歳~64歳537.0万円242.4万円416.0万円
65歳~69歳410.0万円211.1万円325.6万円
70歳以上382.0万円206.2万円305.5万円
合計545.0万円293.1万円440.7万円

参照:標本調査結果|国税庁

もちろん、平均額に達しているから大丈夫、達していないからダメ、というわけではありません。平均額を超えていた方が有利なのは確かですが、実際はそれだけで審査の結果が決まるわけではないので、ここから先で詳しく解説します。

年収が低くてもゴールドカードをあきらめなくていい4つの理由

年収が低くてもゴールドカードをあきらめなくていい4つの理由

クレジットカードの審査においては、年収が高ければ高いほど有利なのは確かです。しかし、あなたの年収が平均額を下回っていたとしても、ゴールドカードをあきらめる必要はありません。理由を一言でいうと「年収の高さだけでクレジットカードの審査の結果が決まるわけではないから」です。より分かりやすくするために

  1. ゴールドカードによって基準になる年収は異なるから
  2. 「安定継続した」収入であることが重要だから
  3. クレジットヒストリーの状態にも左右されるから
  4. 一般カードの利用実績にも左右されるから

の4点に分解して解説しましょう。

1.ゴールドカードによって基準になる年収は異なるから

ゴールドカードと一口に言っても、実際はさまざまなクレジットカード会社が発行しているため、付帯しているサービスや審査の基準が全く異なります。当然、サービスが充実している代わりに年会費や求められる年収の水準が高いゴールドカードもあれば、サービスの充実度はやや劣るものの、年会費が安く、求められる年収の水準も低いゴールドカードもあるのです。

年収が低かったとしても、ゴールドカードの選び方を間違えさえしなければ、審査に通る可能性はぐっと上がります。

年収が低めなら「提携カードのゴールドカード」を選ぼう

もし、自分の年収が平均年収に達していなかった場合にゴールドカードを申し込むつもりなら「提携カードのゴールドカード」を選ぶといいでしょう。

woman
提携カードってなんですか?

提携カードとは、国際ブランド(決済システム)を運営する会社が外部の企業と提携して発行するクレジットカードです。

一方、提携カードと対になる概念がプロパーカードです。つまり、国際ブランドを運営する会社が自らの名前を冠して発行するクレジットカードと考えましょう。

例えば、同じJCBが付帯しているゴールドカードでも

  • 楽天ゴールドカード(JCB)は「提携カード」
  • JCBゴールドは「プロパーカード」

に分類されるのです。

楽天ゴールドカード

カード分類ゴールドカード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
申込方法-
発行スピード通常1週間
年会費2,200円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)200万円
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)5.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.5マイル、50ポイント以上2ポイント単位)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージ楽天Edy(オートチャージ可)
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害-
ショッピング保険/国内利用-
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
100%(7/7)114万円38万円9.4日4.6

JCBゴールド

カード分類ゴールドカード
国際ブランドJCB
申込方法-
発行スピード最短3営業日
通常1~4週間
平日14時までに申し込み、オンライン口座を設定で最短翌日
年会費11,000円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)0.50%
ポイント還元率(上限)1.50%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
JALマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限15,000ポイント)
スカイマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージQUICPay利用、楽天Edy
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
ショッピング保険/国内利用500万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
100%(5/5)162万円80万円8.4日4.4

そして、審査の通りやすさから言えば、プロパーカードより提携カードを選ぶのをおすすめします。

woman
どうして提携カードのほうがいいんですか?

提携カードを発行する目的の1つに「提携先である企業のサービス・商品の利用を促進すること」があるためです。例えば、先ほど例に出した楽天カード(JCB)の場合、主な目的に「より多くの人に楽天市場などの楽天グループが提供するサービスを利用してもらうこと」が挙げられます。この目的を達成するためには、より多くの人にクレジットカードを持ってもらうことが重要になるのです。

そのため、経営上許容できる範囲で審査の基準をゆるくし、より多くの人にクレジットカードを持ってもらうようにしています。

一方、プロパーカードの場合「クレジットカード会員が毎月請求額を支払い続けてくれるかどうか」が非常に重要になります。国際ブランドを運営する会社にとっては「自社で発行したクレジットカードを利用してもらって手数料収入を得た上で、請求額を期限通り回収すること」が、長期にわたって安定した収益を上げる上で欠かせないことだからです。

つまり、提携カードの提携先のように、別に売れる商品やサービスがあるわけではないので、クレジットカード事業の成否が会社の存続を直接左右してしまいます。

そのため、より多くの人にクレジットカードを持ってもらうことよりも、支払能力の見極め=審査をやや厳しくし「コンスタントに使ってくれて、しかも期限通りに返済してくれる人」に対し、クレジットカードを発行するようにしているのです。

このような背景を考えると、同じステータス(会員ランク)のクレジットカードであっても、プロパーカードより提携カードのほうが、審査には通りやすいでしょう。

もちろん、審査は個々のクレジットカード会社の判断により行われるため、プロパーカードの審査に通っても、提携カードの審査には落ちてしまうこともあり得ます。あくまで一般的な傾向としてまずは覚えておきましょう。

2.「安定継続した」収入であることが重要だから

クレジットカードの審査においては、年収の高さだけではなく、「安定継続した収入が入ってくる立場にあるかどうか」も重視されます。その点では

  • 会社員(正社員)
  • 地方公務員、国家公務員
  • 医師、看護師、弁護士、税理士などの高度専門職

の人はやはり有利です。一方で

  • 起業したての経営者
  • 芸能人
  • いわゆる水商売
  • 株、FXなどの専業トレーダー

など、軌道に乗れば高い年収が得られるものの、その逆もありうる職業は不利になります。

年収が高くても審査に通りにくいのは?

teacher
次の2人のうち、どっちがゴールドカードの審査に通りやすいと思いますか?

Aさん

32歳会社員
大学卒業後にIT関連の会社(一部上場企業)に入社し、今年で10年目
年収は約600万円

Bさん

30歳会社経営者
大学卒業後、広告代理店に6年勤務したのち独立起業(今年で2年目)
年収は約1,500万円

woman
うーん、Bさんかな?
teacher
実はAさんなんですよ!

やり取りにもある通り、審査に通りやすいのはAさんです。確かに、年収の高さだけで見れば、BさんはAさんの2倍以上あるため、その点においては有利でしょう。しかし、Aさんは会社員であるという立場が、クレジットカードの審査においては有利に働きます。

woman
どうして会社員だと有利なんですか?

一言でいうと「経営者に比べると、継続安定した収入が得られる可能性が高いため」です。日本の法律においては、労働者の権利が保障されているため、本人に明らかな問題があったり、災害が起こったりしたなどごく一部の例外を除いては、会社側から一方的に解雇されることはありません。つまり「そう簡単にクビにならない」という前提で審査が進みます。

それに対し、経営者は自身の努力次第では会社員時代とは比較にならないほどの報酬を得られますが、周囲の環境次第では報酬が全く得られないこともありうる立場です。

つまり「継続して安定した収入が入るとは言えない」ので、その点が審査において不利に響くのです。
teacher
もちろん、経営者の人であっても、会社が軌道に乗ってくれば、クレジットカードの審査にも通るようになります。ただ、事業を立ち上げてすぐだとなかなか思うようにいかないかもしれませんね。

同様に「数千万円の年収が入ることもあるが、0になることもある」職業の代表例である芸能人の場合も、クレジットカードの審査においては非常に不利です。テレビで顔を見ない日はない、といわれるほど仕事がある人でも、クレジットカードの審査に長いこと通らない、というのは珍しくありません。

3.クレジットヒストリーの状態にも左右されるから

ある程度の年齢に達している人が新しくクレジットカードに申し込む場合は、クレジットヒストリーの内容が審査に影響することも覚えておきましょう。

クレジットヒストリーとは

クレジットヒストリーとは、簡単に言うと「クレジットカードの利用履歴」のことです。

つまり

  • 長期間にわたって毎月利用している
  • 延滞・滞納などのイレギュラーが発生していない

なら、審査において有利に働きます。一方で

  • 使っていない月がかなりある
  • 延滞・滞納・支払い回数の変更などのイレギュラーが頻発している

と「使ってくれる機会が少なそう」「利用する上でトラブルを起こしそう」などと判断され、審査において不利に働くのです。これまでにクレジットカードを使ってきた中で、何らトラブルを起こさず、毎月ある程度の金額を使ってきたならさほど気にする必要はありません。しかし、そうでないなら、クレジットヒストリーが原因で審査落ちする可能性があることも、頭の片隅に置いておきましょう。

30代以上でクレジットカードを使ったことがない場合は要注意

また、ある程度の年齢(目安は30歳以上)であるにも関わらず、1度もクレジットカードを利用したことがない状態から、いきなりゴールドカードの審査に申し込んでも、通るのは厳しいと考えましょう。いわゆる「スーパーホワイト」と判断されてしまうためです。

man
スーパーホワイトってなんですか?
クレジットヒストリーが全くない=個人信用情報に取引履歴が全く記載されていない状態のことです。
man
なぜ、スーパーホワイトだとダメなんですか?

個人信用情報には、クレジットカードやローンなど「お金の貸し借りを伴う取引」(信用取引)の取引履歴が記載されます。しかし、これらの信用取引を一回も利用したことがなければ、何も記載されません。

厄介なのは「利用したことがない原因」は記載されない、という点です。

実は、過去にクレジットカードでトラブルを起こしたり、自己破産などの債務整理をしたり場合も、一定期間信用取引は利用できなくなります。そのため、取引履歴が記載されないスーパーホワイトの状態になるのです。

まとめると、スーパーホワイトの原因が

  • 過去に一度も信用取引を利用したことがないから
  • 過去にトラブルを起こし、信用取引が一定期間利用できなかったから

なのかは、クレジットカード会社の審査担当者には調べられない以上「過去にトラブルを起こし、信用取引が一定期間利用できなかった」前提で審査を進めることになります。

teacher
もし、過去に1回もクレジットカードを使ったことがなければ、ゴールドカードより先に、審査に通りやすい一般カードを作って毎月使ってみましょう。クレジットカードが初めての人でも審査に通りやすくて、しかもその日のうちに手に入るものを解説しています。

4.一般カードの利用実績にも左右されるから

ゴールドカードの中には、同じクレジットカード会社で発行している一般カードを利用している人のうち、利用実績が一定の水準に達した人に対してインビテーション(招待状)を発して集客を行っているものもあります。有名なのは、イオンカードとイオンゴールドカードです。イオンカードの会員のうち、直近の1年間における利用金額が100万円以上に達した人に対し、イオンゴールドカードの切り替えの案内=インビテーションを送る仕組みが採用されています。

teacher
イオンカード自体は、主婦や学生など、年収も年齢も様々な人に対し門戸を開いているクレジットカードとして有名です。年100万円なら、日ごろの支払いをうまくまとめれば決して難しい金額ではないですよ。