ミライノ カード GOLD(JCB)がモバイル端末の保険を提供開始。実は案外ねらい目なのはあのデビットカードだった

大手金融グループ・SBIホールディングス傘下のネット銀行である住信SBI銀行は、同行が発行しているクレジットカード「ミライノ カード GOLD(JCB)」の新サービスの一環として、モバイル端末の保険を提供することを決定しました。

2021年2月1日(月)から提供が開始されるとのことです。

モバイル端末の保険(通信端末修理費用保険)とは

モバイル端末の保険(通信端末修理費用保険)とは

出典:【予告】ミライノ カード GOLD(JCB)新サービスのお知らせ | お知らせ | 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行では、同行が発行している

  • ミライノ カードPLATINUM(JCB)
  • ミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)

の2種類のカードの会員に対しては、すでにモバイル端末の保険を提供してきました。

今回、ミライノ カード GOLD(JCB)に対しても同様の保険が提供されることになったのは、モバイル端末の保険を提供してきたことが好評になっていたため、と同社はプレスリリースで発表しています。

各カードの保険のスペック

今回新たに提供を開始する流れとなったミライノ カード GOLD(JCB)と、すでに提供してきたミライノ カードPLATINUM(JCB)、ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)の3つのカードで、付帯しているモバイル端末の保険のスペックを比較してみましょう。

券種ミライノカード(JCB)GOLDミライノカード(JCB)PLATINUMミライノ デビット(Mastercard)PLATINUM
保険金額修理可能な場合30,000円/年1回50,000円/年1回50,000円/年1回
修理不能な場合最大7,500円最大12,500円最大12,500円
対象機器スマートフォン
※ カード契約名義人本人の端末のみ
※ 対象端末の事故後登録あり
スマートフォン
タブレット端末
デスクトップパソコン
ノートパソコン
スマートウォッチ
モバイルゲーム機
モバイル音楽プレーヤー
※ 同居のご家族が所有する端末も対象
スマートフォン
タブレット端末
デスクトップパソコン
ノートパソコン
スマートウォッチ
モバイルゲーム機
モバイル音楽プレーヤー
※ 同居のご家族が所有する端末も対象
盗難による補償〇(国内のみ)〇(国内のみ)〇(国内のみ)
海外での事故による補償×〇(盗難を除く)〇(盗難を除く)

案外ねらい目なのは?

上の表を見てもわかるように、ミライノ カード GOLD(JCB)の場合、年間の保険金額の上限がこれまで提供されてきた2つのカードに比べると低いです。

モバイル保険目当てで住信SBIネット銀行が発行するカードを作るつもりなら、あえてミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)を作るのも1つの選択肢になるでしょう。

ミライノ カードPLATINUM(JCB)はクレジットカードであり、しかもステータスがプラチナとかなり高いです。

JCBが自社で発行するカード(プロパーカード)の「JCBプラチナ」よりは審査難易度は低いですが、それでも、決して簡単とは言えません。

しかし、ミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)であれば、デビットカードであるため、基本的には誰でも作れます。

住信SBIネット銀行の口座が必須になりますが、日本中どこにいてもオンラインで開設できるので、さほど問題はありません。

また、デビットカードであるため、Mastercardの加盟店=使えるお店であれば、クレジットカードと同じように使えます。しかも、使ったその場で銀行口座から引き落としがかかるため、浪費しすぎる心配もありません。

その他の保険も充実

さらに、モバイル端末の保険以外にも

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険

が付帯しています。補償額は以下の通りです。

海外旅行傷害保険

補償内容本会員本会員の家族※1
傷害死亡・後遺障害(後遺障害)最高1億円(400万円~1億円)最高1,000万円(40万円~1,000万円)
傷害治療費用最高1,000万円最高500万円
疾病治療費用最高700万円最高350万円
賠償責任最高1億円最高5,000万円
携行品障害最高100万円※2(1年間)最高50万円※2(1年間)
救援者費用最高500万円(1年間)最高250万円(1年間)

※1 対象となる家族の範囲は以下の通り。

カード本会員の配偶者
カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

※2 携行品1つ(1点または1対)あたり10万円を限度として時価額または修繕費のいずれか低い額が支払われる(3,000円自己負担)。

国内旅行保険(自動付帯)

補償内容本会員本会員の家族※1
傷害死亡・後遺障害最高1億円最高1,000万円
入院(1回につき)最高5,000円最高2,500円
通院(1回につき)最高5,000円最高2,500円

※1 対象となる家族の範囲は以下の通り。

カード本会員の配偶者
カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

ショッピングガード保険(ショッピングプロテクション)

補償内容本会員
補償限度額最高100万円※1
teacher
まだまだ国内外を自由に旅行したり、出張にでかけたりするのは厳しい時期が続きそうですが、自由に移動できるようになる日のために、準備の一環として検討してみてはいかがでしょうか。

住信SBIネット銀行ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)

発行会社住信SBIネット銀行
国際ブランドMasterCard
初年度年会費(税別)10,000円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費特典-
発行期間-
キャッシュバック還元率下限-
キャッシュバック還元率上限-
ポイント還元率下限1.00%
ポイント還元率上限1.00%
1日最大利用限度額200万円
不正利用時の補償○1000万円
入会資格年齢15歳以上