飲み会の会計担当・幹事になって大量にポイントを貯めるお得技

beer128_128クレジットカードでポイントを貯めるおすすめの裏技を紹介します。

ポイントを貯めるおすすめの裏技で使うクレジットカード

高還元率のクレジットカード

共通ポイントカード

ポイントを貯めるおすすめの裏技の概要

飲み会(友達飲み、会社飲み、コンパ、忘年会、新年会、歓迎会・・・)で会計の支払いを買って出ます。

参加者からは現金でお金を改修して、支払い時は自分のクレジットカードと共通ポイントカードで支払うだけです。

これだけで飲み会の会計全額分のポイントが貯まることになります。

例えば

8人参加の飲み会を月4回(Tポイントカードとクレジットカード利用できる居酒屋)、開催した場合

利用するクレジットカード:Yahoo!Japanカード

1人5,000円 × 8名 × 4回/月 × 12カ月 = 1,920,000円

クレジットカードのポイント還元率1.0% × 1,920,000円 = 19,200円分のポイント
Tカードのポイント還元率0.5% × 1,920,000円 = 9,600円分のポイント

合計:28,800円分のポイント

が貯まる計算になります。

当然、この場合クレジットカードのポイント還元率がもっと高いカードを使えば、さらにポイントが貯まる計算になりますし、Tカードのポイント還元率は1.0%になるお店もあります。

他の人がやりたがらない会計や幹事をすすんでやるだけで、年間3万円程度のお小遣い稼ぎになるのです。

  • 他の人がやりたがらない会計や幹事をすすんでやることで周囲からの印象も良くなる
  • 飲み会に積極的に参加することで人脈が広がる

というメリットもあります。

「幹事はしゃべらなければならないから抵抗がある」という方の場合も、友達との飲みの席でみんながお金を出すタイミングになったら、「俺払っとくよ。一人3100円で」と自然に話せば、不自然さなしで支払いを自分でできることになります。

ポイントを貯めるおすすめの裏技の期待できる効果

ポイントが飲み会の参加者分、倍増して貯まる

利用するコスト

0円

注意点・リスク

大人数の場合には事前に集金

新年会や忘年会、歓迎会など参加人数が10名を超えてしまう場合には、その場で会計をしようとすると、わちゃわちゃしてしまい、会計時に混乱をきたしてしまいます。

そうならないためには、10名を超える飲み回の場合は、事前に会費を受取、コースなどを頼むなど、予算を事前に確定させる形で飲み会を進行しましょう。

会費に余りが出た場合には返却をするか、それもお小遣い分としていただいてしまう方法もあります。

コース以外の注文が増えすぎて会費が予算オーバーしそうな場合は不足分をその場で回収しておきましょう。後から回収する方法もありますが、周囲からの心証が悪くなります。その場で回収しておけば「これだけ頼んだからしょうがない」という気持ちになるので、心証が悪くなりません。

会計は見えないところで

いくら会計担当、幹事とは言え、参加者が見えているところでクレジットカードや共通ポイントカードを出すのは、マイナスの印象お持たれてしまいます。

飲み会の最中、終わってからでも締めの前に見えないところで会計をスマートに済ませておくことが重要です。

せっかく、みんながやりたがらない会計担当、幹事をしたのに「あいつ、ポイント貯めてるんだぜ、ケチな奴だなぁ。」と思われては損をしてしまいます。

ポイントを貯めるおすすめの裏技のやり方

  1. 高還元率のクレジットカードを作る
  2. 共通ポイントカードを作る
  3. 飲み会で会計(支払い)を担当する
  4. 参加者から均等にお金を回収し、支払いは自分のクレジットカード・共通ポイントカードで支払う
  5. 飲み会の会計額全額分のポイントが貯まる

ポイントを貯めるおすすめの裏技に必要なクレジットカード

Orico Card THE POINT

カード分類一般カード
国際ブランドMasterCard、JCB
申込方法-
発行スピード最短8営業日
年会費無料ステータス永年無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)300万円
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)2.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.6マイル)
JALマイル(1ポイント=0.5マイル)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージiD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害-
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害-
ショッピング保険/国内利用-

Yahoo! JAPANカード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
申込方法-
発行スピード通常1~2週間
年会費無料ステータス永年無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)3.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.5マイル、500ポイント以上500ポイント単位)
ETCカード年会費540円
電子マネーチャージnanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害-
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害-
ショッピング保険/国内利用100万円
0

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。