ポイント付与額は総額10億円分!dポイントとファミリーマートが大規模キャンペーンを実施。バーコード決済普及のカギを握るのは?

コンビニエンスストア大手のファミリーマートは、NTTドコモのポイントプログラム「dポイント」の導入を記念し、ファミリーマート独自のバーコード決済「ファミペイ」と連動した大規模なキャンペーンを行うことを明らかにしました。キャンペーンの公式ページによれば、ポイント付与額は総額10億円にのぼるとのことです。

キャンペーンの概要

キャンペーンの概要

出典:ファミリーマートでdポイント最大20%還元キャンペーン | d POINT CLUB

キャンペーンの

  • 参加条件
  • 参加手順
  • 特典
  • 開催期間
  • その他の注意事項

などについて解説しましょう。

参加方法

キャンペーンの公式ページからエントリーが必要です。エントリーを済ませた上で

  1. dポイントカードを連携としたファミペイを提示する
  2. dポイントカード、dポイントカード/モバイルを提示する

ことで、特典が受け取れます。

参加方法が1と2のいずれにあたるかで参加手順・特典が変わってくるため、分けて解説します。

1.dポイントカードを連携としたファミペイを提示する場合

dポイントカードを連携としたファミペイを提示する場合の

  • 参加手順
  • 特典

は以下の通りです。

参加手順

参加手順の大まかな流れは以下の通りです。

  1. ファミペイアプリをインストールする
  2. ファミペイアプリにdポイントカードの情報を登録する
  3. ファミリーマートで買い物をし、会計の時にファミペイを提示する

ファミペイアプリはこちらからインストールできます。インストールが終わったら、会員登録をしておきましょう。

ファミペイアプリ
ファミペイアプリ
開発元:FamilyMart Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

また、ファミペイアプリにdポイントカードの情報を登録するには、以下の操作を済ませておきましょう。

1.ホーム画面で「ポイント」を選択する
2.dポイントカードの「登録する」を選択する
2.dポイントカードの「登録する」を選択する

出典:ファミリーマート 簡単登録 ファミペイアプリにdポイントカードを連携しよう! | d POINT CLUB

3.dアカウントのIDを入力し、「次へ」をクリックする
4.パスワードとセキュリティコードを入力し、ログインする
4.パスワードとセキュリティコードを入力し、ログインする
3の操作の後、dアカウントの登録に使用したメールアドレス宛に、セキュリティコードが届きます。
5.ファミペイにdポイントが登録される
5.ファミペイにdポイントが登録される
出典:ファミリーマート 簡単登録 ファミペイアプリにdポイントカードを連携しよう! | d POINT CLUB
なお、dポイントカードは、ドコモショップをはじめ、dポイント加盟店の店頭で受け取れます。NTTドコモの携帯電話を利用していなくても使えるので、この機会に手に入れておきましょう。

加盟店はこちらから探せます。

特典

次の2種類の特典が受け取れます。

1.dポイントカードの登録による特典
1.dポイントカードの登録による特典

出典:ファミリーマートでdポイント最大20%還元キャンペーン | d POINT CLUB

エントリーを済ませた上で、ファミペイにdポイントカードを登録すると、もれなく100ポイントもらえます。

2.ファミペイの提示による特典
2.ファミペイの提示による特典

出典:ファミリーマートでdポイント最大20%還元キャンペーン | d POINT CLUB

ファミリーマートで買い物をし、支払いの際にファミペイを提示すると、通常のポイント(200円につき1ポイント)に加え、キャンペーンポイントとして決済額の20%相当のポイントがもらえます。

決済金額が200円(税込)未満の場合は、キャンペーンポイントが付与されません。

2.dポイントカード、dポイントカード/モバイルを提示する

dポイントカード、dポイントカード/モバイルを提示する場合、キャンペーン期間内にエントリー手続きを済ませておきましょう。

エントリー期間内に手続きが済んでいれば、実際のファミリーマート店頭での会計は前後しても大丈夫です。

ファミペイと同様に、ファミリーマートで買い物をする際に、対象となるカードを提示してください。キャンペーン期間内の買い物に対し、通常ポイント(200円につき1ポイント)に加え、キャンペーンポイントとして決済金額の15%が還元されます。

2.dポイントカード、dポイントカード/モバイルを提示する

出典:ファミリーマートでdポイント最大20%還元キャンペーン | d POINT CLUB

決済金額が200円(税込)未満の場合は、キャンペーンポイントが付与されません。

ちなみに、dポイントカードには、「dポイントカードの機能が付いたdカード」も含まれます。NTTドコモの携帯電話を使っている人なら、何かとお得になるカードなので、早めに用意しておきましょう!

dカード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、Mastercard
申込方法-
発行スピード最短5営業日
年会費(税込)0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)4.00%
交換可能マイルJALマイル(1ポイント=0.4マイル)
ETCカード年会費(税込)550円
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)-
ショッピング保険/国内利用(最大)100万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度

dカード GOLD

カード分類ゴールドカード
国際ブランドVISA、Mastercard
申込方法-
発行スピード最短5営業日
年会費(税込)11,000円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)4.00%
交換可能マイルJALマイル(1ポイント=0.4マイル)
ETCカード年会費(税込)0円
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)5,000万円
ショッピング保険/国内利用(最大)300万円
「審査」「発行期間」口コミ平均DATA
審査通過率
審査通過/申込者数
ショッピング
限度額平均
キャッシング
限度額平均
カード発行
までの日数平均
対応
満足度
91%(20/22)58万円32万円11.1日3.9

開催期間

このキャンペーンの開催期間は、以下の通りです。

エントリー期間2019年11月28日(木)11時00分~12月25日(水)23時59分
キャンペーン期間2019年12月23日(火)0時00分~12月25日(水)23時59分の会計
キャンペーン期間中であっても、キャンペーンポイントの総額が予定に達した場合、予告なく途中で終了する場合もあります。

その他の注意事項等、キャンペーンの詳細はこちらからどうぞ!

キャンペーンに関する考察ーバーコード決済はどうなる?-

ファミペイは、ファミリーマートが独自に提供するバーコード決済です。競合他社であるセブン-イレブンが独自のバーコード決済としてサービスを開始した「セブンペイ」は、システムの設計ミスによる不正利用が原因で、サービス開始から1カ月で終了に追い込まれました。

一方、ファミペイは深刻なトラブルもなく運用されています。

ファミリーマートが従来採用してきたTポイントに加え、新たに楽天スーパーポイントやdポイントも選択し、貯められるシステムを導入したことから、ファミペイと連動したキャンペーンも今後は増えていくでしょう。

そして、今回紹介したファミペイに限らず、様々な業者がバーコード決済に参入しています。関連して、バーコード決済に関する興味深いデータを紹介しましょう。

バーコード決済は若い人のもの?

こちらのグラフをご覧ください。

バーコード決済は若い人のもの?

出典:キャッシュレス元年の日本でQRコード決済は普及するか | 地域・分析レポート – 海外ビジネス情報 – ジェトロ

これは、モバイル決済を利用している人の割合を、世代別に示したグラフです。

20代から40代にかけては、比較的高い割合で推移していますが、50代以上になるとかなり割合が下がります。

要因として考えられるのは

  1. スマートフォン自体を所持していない
  2. スマートフォンを所持していてもバーコード決済は使わない

の2つでしょう。

まず、前者についてですが、総務省が発表した平成30年度版の情報白書によると、世代別のスマートフォンの所有率は、以下のように分布しています。

バーコード決済は若い人のもの?

出典:総務省|平成30年版 情報通信白書|インターネット利用の広がり

50代までは7割以上の人が所持していますが、60代以上になると4割台にまで落ち込むのです。

また、後者についてですが、大手生命保険会社・ソニー生命がまとめた「シニアの生活意識調査2019」によれば、「普段スマートフォンを使ってやっていること」は、以下のように分布しました。

バーコード決済は若い人のもの?

出典:シニアの生活意識調査2018

なお、この調査でいうところの「シニア」とは「50歳~79歳の男女」です。

一言でまとめると、「ちょっと前まではパソコンや腕時計でやっていたであろうこと」が中心のようです。

今後、バーコード決済のサービスがどれだけ盛り上がっていくかは

  • シニアのスマートフォンの所持率の向上
  • シニアにとって魅力的かつ使いやすいサービスの提供

がカギになるでしょう。