リクルートカードは楽天EdyチャージとPontaカードで3重取り可能。Ponta加盟店で2.7%の還元率!

pontalogo128_128クレジットカードでポイントを貯めるおすすめのお得技を紹介します。

ポイントを貯めるおすすめのお得技で使うクレジットカード

リクルートカード(VISAブランドのみ)

ポイントを貯めるおすすめのお得技の概要

楽天EdyとリクルートカードとPontaカードを使ったポイント3重取り方法を解説します。

楽天Edyはチャージでもポイントが貯まるクレジットカードがあります。

リクルートカードは年会費永年無料でポイント還元率が1.2%貯まるという高還元率カードですが、楽天Edyチャージでもクレジットカードのポイントが貯まるのです。楽天Edyは支払い時にもポイントが貯まります。また、リクルートポイントはPontaポイントとの交換も可能で、Pontaにポイントを集約して利用することができます。

3重取りの手順

1.楽天Edyにリクルートカードでチャージする

ポイント還元率1.2%

2.楽天Edyで支払う

ポイント還元率0.5%

3.Pontaカードを提示する

ポイント還元率1.0%

ponta_recruit_3_4

→ 合計:ポイント還元率:2.7%

この3重取りが使える店舗は比較的多く

ponta_recruit_3_3
  • ローソン
  • ライフ
  • 高島屋
  • 大戸屋
  • ケンタッキーフライドチキン
  • 昭和シェル石油
  • ゲオ

など、使える店舗の選択肢が多いのが特徴です。

ローソンであればLoppiでさらにお得に商品と交換することも可能です。

ローソンでポイント還元率3.0%。さらにローソン商品交換なら還元率6.0%~15.0%に!

リクルートポイントはPontaポイントとの交換が可能

ponta_recruit_3_2

リクルートポイントはPontaポイントに等価交換が可能です。Pontaポイントの方が使い勝手が良いので、Pontaにポイントを集約することをおすすめします。

ポイントを貯めるおすすめのお得技の期待できる効果

ポイント還元率:2.7%

利用するコスト

0円

注意点・リスク

とくになし

ポイントを貯めるおすすめのお得技のやり方

  1. リクルートカード(VISA)を作る
  2. 楽天Edyにリクルートカードでチャージする
  3. 楽天Edyで支払う
  4. Ponta加盟店で会計時にPontaカードを提示してポイントを貯める

ポイントを貯めるおすすめのお得技に必要なクレジットカード

リクルートカード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB、銀聯(UnionPay)
申込方法Web申込み
発行スピード-
年会費無料ステータス永年無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.20%
ポイント還元率(上限)3.20%
交換可能マイル-
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージ楽天Edy、nanaco、Suica
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害2,000万円
ショッピング保険/国内利用200万円

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。