【保存版】クレジットカード限度額の引き上げ方7選

man
「クレジットカードの限度額は、コツコツ信用を貯めるしか無い。」

このようなことを聞いたことはありませんか?確かにこの方法が一番確実で一般的ではあります。しかし、他にも状況に合わせた引き上げ方があるのです。

とはいえ、

man
「クレジットカード限度額の引き上げ方を知らない。」
「クレジットカードの限度額を今すぐにでも引き上げたい。」

という方もいると思います。

そこでこの記事では、クレジットカードの利用限度額の引き上げ方について解説していきます。

具体的には、

  • クレジットカードの利用限度額について
  • 利用限度額はどのように決定されるのか
  • 利用限度額を引き上げる方法
  • 申請が却下されてしまった時の理由と対策

この記事を読めば、様々な方向からクレジットカードの限度額を引き上げることができ9ますので、少しでも利用額の引上げを考えている人は参考にしてみてくださいね。

クレジットカードの利用限度枠とはなにか?

クレジットカードの利用限度枠とはなにか?

クレジットカードには、利用限度枠というものが存在します。これはクレジットカード会社から利用者に対して「この金額の範囲ならば自由に買い物をしてもいいですよ」という金額のことです。

そのため、この金額をオーバーして買い物をすることは、一部の例外を除き出来ません。具体的な例で言えば50万円の利用限度枠のクレジットカードならば、使えるのは50万円のみということなのです。

会社によっては与信枠や利用限度額という別名がありますが、内容は同じです。この利用限度枠は、どのクレジットカードにも存在しており、そのランクもクレジットカードごとに分けられています。

つまりは、年会費無料のカードよりもゴールドカード、プラチナ、ブラックと順番に利用限度枠も高くなります。これはそれだけ利用者本人の信用力が高くなっていることよるものであり、ブラックカードでは明確な限度額はなくある程度のものならば購入可能です。

クレジットカードの利用限度枠は利用者の信用力によって増減するため、頻繁にカードを使うなどして信用力を確保することが大切です。

なお、この利用限度額はキャッシング枠も共通のため注意が必要です。

キャッシング枠とは、クレジットカード会社から現金を借りることができる機能のことであり、クレジットカードで買い物をする機能はショッピング枠と呼ばれています。

つまりクレジットカードには2つの機能が存在しており、この2つの合計は利用限度枠に影響してくるのです。

具体的な例を出すと50万円の利用限度額に対してショッピングで20万円、キャッシングで10万円使った場合は、合計で30万円になります。

この全体の50万円から合計の30万円を引かれると残りは20万円ですよね。この20万円が残りに使える利用可能限度額ということになります。つまり、追加の買い物は残り20万円分できるということになります。

利用限度枠と利用可能額の違いについて

前述の通りクレジットカードには、「利用限度枠」と「利用可能額または利用可能残高」と呼ばれるものがあります。

少々ややこしいのですが、意味が異なってきますので重要な考え方なのです。この考え方を理解していないと、限界まで買い物をして後で大変な目に合うこともあるので確認をしておきましょう。

利用限度額はクレジットカード全体の使える金額のことであり、仮に限度額50万円ならばそのカードの限度額は50万になります。これが利用限度額であり、この金額を基準に買い物を行います。

そして買い物やキャッシングで合計30万円支払いをした場合は、50万円から使用した額30万が引かれ20万円の残りになります。この金額が引かれるということが、利用可能残高と呼ばれるのです。

man
「利用限度額が50万だから、使える金額は50万ではないの?」

と思う方もいるかもいるかも知れませんが、限度額はクレジットカード会社が決めた買い物できる範囲のため毎回50万の買い物ができる訳ではありません。

そのため、利用可能残高という仕組みがあるのです。クレジットカードは後払いなので、先程の例だと30万円分は引き落としが完了しておらず、未払いという扱いになっているため利用可能額は20万円というわけなのです。

クレジットカード会社への支払いが問題なく進めば利用可能額は回復するため、支払日に口座から引き落とされれば50万円分買い物として使えるようになるのです。ただしこの方法は一括払いに支払った時のみです。

リボ払いなどを常に使っている方は、限度額が埋まりやすいので注意です。

この利用限度額は商品の代金を全額支払った時点で回復するため、分割払いやリボ払いの場合だと支払った金額のみ利用可能額が増えるのです。

具体例を挙げると限度額30万円のうち25万円をリボ払いで購入済、残りの5万円をショッピングで使用した場合は、購入時から次の支払日までクレジットカードでショッピングをすることは出来ません。

これは利用限限度額に到達したためであり、まだ引き落とし前のため未払い状態だからです。リボ払いで契約しているため次の支払いは、1万円のみと仮定した場合は、次の月に使えるのは1万円だけです。

この1万円を使い切ればまた限度額がいっぱいになり、クレジットカードを使うことはできなくなります。そのためクレジットカードでリボ払いをすると、限度額にすぐに到達してしまいます。

またキャッシングも同様のため、返済が完了し手続きが完了していない場合は、限度額にも影響が出ます。クレジットカードの利用限度額と利用可能額は異なるので、注意が必要になります。

teacher
クレジットカードには上限金額の利用限度額があり、この範囲ならばクレジットカードで自由に買い物が可能です。カードのランクや利用者の信用力によって金額も異なります。利用できる金額は利用可能額により、引き落としが済んでいない場合は限度額上限まで利用することはできないのです。

利用限度額はどのように決まっている?

利用限度額はどのように決まっている?
man
「ではそもそもクレジットカードの利用限度額は、どのように決定されるのでしょうか?」

これは、クレジットカード発行時にすでに決められているため、限度額を最終的に決めるのはクレジットカード会社なのです。

クレジットカードは審査によって限度額が決まるため、申込み時の金額がそのまま通ることもあれば、希望額よりも低い価格で発行されることもあるのです。この金額も発行審査時に決定するのです。

申込どおりにクレジットカードが発行されない場合は、本人のクレジットヒストリー(クレヒス)に何らかの問題がある場合が多いです。

クレヒスは個人信用機関に保管されている支払い記録のことで、この情報は金融機関全ての審査時のベースになります。

クレジットカードの発行も同様にクレヒスと本人の属性を考慮して決めます。つまり、今までの支払いに遅延は無いかや、いくらまでなら問題なく返してくれるかなどをクレジットカード会社は見極めるのです。

クレヒスの良し悪しで、カードの利用限度枠は決定され、50万から30万へと希望額よりも下がるケースもあればその反対もあります。クレヒスを良くしておくことこそが、重要ということがお分かりでしょう。

man
「ではなぜ申込時の利用限度額が下げられて発行されるケースがあるのでしょうか?」

一つは前述のとおりクレヒスの問題です。もしも支払いの遅延などをしてしまった場合には、クレヒスに記録されます。

クレジットカード会社としてはクレヒスに支払い遅延などの記録が付いている場合には、リスクを回避するために利用限度額を低くすることがあります。これは、クレジットカード会社としても支払いを延滞されると非常に困るわけです。

このように支払いに問題があるクレヒスを持っている人には、希望通りの利用限度額が通るとは限らないのです。そして一番多い理由がクレジットカードを複数枚所持しているために利用限度額が希望通りにいかないケースです。

クレジットカードを5枚、6枚もっているケースだと希望額通りに通るとは限りません。それぞれが利用限度額30万円程度ならば、150万~180万円になります。

これ以上に追加金額を返済できるかどうかをクレジットカード会社は確認します。

そのため、クレジットカードを複数枚持っている場合には限度額は希望通りに通ることはすくないのです。返済ができなくなる可能性をクレジットカード会社としては減らしたいため、この作業は重要なのです。

teacher
利用限度額決めるのはクレジットカード会社であり、一番重視されるのはクレヒスです。利用限度額は希望通りに通ることもあれば、通らないケースも存在します。複数枚クレジットカードを持っていると利用限度額は希望通りにならないことも知っておきましょう。

クレジットカードの利用限度額を引き上げる方法

クレジットカードの利用限度額を引き上げる方法

1.増額申請を行う

クレジットカードの利用限度額を一番簡単に確実に上げる方法としては、使用しているクレジットカードを発行しているカード会社に直接利用限度枠をあげてほしいと連絡をすることです。

以前までは電話による申請が一般的でしたが、最近ではインターネット明細の中に「ご利用可能枠の変更」ができる項目が用意される場合も多くなっています。

電話での連絡は繋がりにくい時間帯もあるため、いつでも申請ができるネット申請がおすすめです。

クレジットカードの増額には大きく分けて2種類存在し、それが「恒久的な引き上げ」と「短期的な引き上げ」です。

具体定期には、30万円から50万円まで引き上げた場合、引き上げた金額のままにするか、時期が30万円に戻すかを選べるということです。

teacher
電話で増額申請をする場合には、オペレーターにこの質問をされるため利用額をあげたい方は覚えておきましょう。

他にも利用目的や引き上げる金額についても質問を受けますが、全て正直に答えれば問題ありません。最終判断はクレジットカード会社が審査で決定します。

クレジットカードの増額には再審査が必要になります。この増額の審査は入会時の審査よりも厳しくチェックされるため、希望金額通りに引き上げられるとも限りません。なにかしらの問題があった場合増額は難しいでしょう。

再審査には、クレジットカードの利用履歴が重要視されこの利用履歴を元に増額の可否を判定します。

利用履歴に問題がなくきっちりと支払いをしている場合には、増額する可能性も高いですが、支払いを遅延するなどした場合は最悪カードの利用停止されることもありますので注意が必要です。

2.一時増額申請をする

man
「少しだけ増額したい。」
「来月だけ増額したい。」

など短期的に増枠をすることも一つの手です。こちらは前述の申請よりも審査難易度は低いので、信用力が低くても増枠に応じてもらえるケースもあります。

結婚式や海外旅行などに行く場合に限度額をもう少しあげたいとなどの例で、一時的な増額を認めてもらえるケースが多いです。

審査は早い場合で30分~1時間程度で審査は完了するため、一時的な増額が必要な方は活用してみるのもいいかもしれません。

キャッシングの場合も増額ができるケースがあります。

海外のATMで少しだけお金をおろしたいというケースの場合は、こちらも活用してみましょう。ただしキャッシングの増額は、少額かつ年収証明書の提示なども求められるため、少々手間がかかります。

3.クレジットカードを新しく作る

手早くクレジットカードを新しくつくるという手段もあります。保有しているカードを持っておきながら新しいクレジットカードを作ることができるため、いきなりカードが無くなるということもありません。

また、限度額を30万増額することよりも新しいカードを作り30万円の利用限度額をもらう方が簡単な場合も多いです。

また、中には50万円の利用限度額を設定しているカードも多く、即日発行できるものもあるので、すぐに増額をしたい方はおすすめです。

4.ゴールドカードにアップグレードする

特定のクレジットカードのみですが、持っているカードをゴールドカードにアップグレードすると利用限度額を増額できるカードもあります。一つのクレジットカードで全てをまとめたい方にはおすすめです。

ただし、クレジットカードの種類によってはゴールドカードにアップグレードしても利用限度額が変わらないものもあります。あらかじめクレジットカード会社に確認を取ると確実です。

5.コツコツ信用を貯める

今すぐには必要ないけれども利用限度枠は将来的に増やしたい人は、日頃からクレジットカードをちゃんと使い、引き落とし日までに返済をしていけば、自然と信用力も上がるため日頃から積極的にクレジットカードを使い返済をすることを心がけましょう。

クレジットカードの信用履歴は通常通りに使っていれば、自動的に引き上がるものも多く、気が付いたら利用限度額が上がっていたというケースもあります。

もしも急ぎでない場合はいつもどおりにクレジットカードを使っていれば上る可能性は高いです。

6.アメックスに切り替える(法人カードのみ)

経費支払いにクレジットカードを使いたいと思いつつも、個人向けのクレジットカードでは、限度枠が少なすぎて使えないということもあるでしょう。

そういった場合には、アメックスのビジネスカードを検討してみましょう。

このクレジットカードは、あらかじめデポジットとしてアメックス側に振り込めば、利用限度額以上に使うことが出来ます。

現金でのやり取りを挟むと、経費処理が面倒になるためビジネスカードで一括にまとめてしまうのもいいでしょう。

他のクレジットカードで経費精算をするとカード会社側から止められるケースもあるため、その点においてもビジネスカードを作ることは有効です。

7.使っていないクレジットカードを解約する

特定のカードだけの利用限度額を増やしたいという方もいるかもしれません。

けれども中々審査に通過しない場合は使っていないクレジットカードを解約した場合や、あまり使わないカードの利用限度額を下げると通ります。

クレジットカード会社は利用者の持っているカードの全体の利用限度額をチェックしているため、使っていないカードを減せば、相対的に増額したいカードへ振り分ける事ができます。

そのため、いらないクレジットカードを解約した後にもう一度使いたいカードの増額申請をすれば審査の可能性は高まります。

申請が却下されてしまった時の理由と対策

申請が却下されてしまった時の理由と対策
man
「クレジットカードの増額申請が中々通らない・・・」

という方もいるかもしれません。再審査で引っかかる理由が、3つのケースありますので順に解説します。

1.属性の問題

クレジットカードの審査には、「利用履歴」と「属性」が大きく関係します。

そして何よりも安定した収入というものを重視するため、勤務先の変更、雇用形態が変わった直後などのタイミングは増額が難しくなります。

2.信用履歴の問題

意外にも多いのが信用履歴の面です。

もしも延滞履歴などがある場合や、連続して申請をしているケースなどは増額は難しいでしょう。

属性と同じくらい重要なのが信用履歴です。支払いを延滞しているということは、支払能力に問題があると疑われている状態なのです。

そのような状態では減額はあっても増額するのは難しいでしょう。また連続して申請している場合も通過確率は低くなります。

teacher
クレジットカードの審査は何度もやれば成功するものではなく、申込の履歴は信用履歴に全て残るため何度も申込むとクレジットカード会社はお金に困っていると判断し通過できないことがあります。

3.時期の問題

入会半年未満の場合は利用額の増加は見込めません。

これは申込時の状態でしかクレジットカード会社は判断できない、かつ利用履歴もないため、クレジットカード会社は増額は出来ないのです。

まずはしっかりと1年ぐらいカードを使い、信用履歴を貯めてから利用限度額の増額をしましょう。

まとめ

ここまでクレジットカードの引き上げ方について解説してきました。重要なことは利用限度額を引き上げられるかどうかはクレジットカード会社の審査次第であり、審査を突破するには信用力が重要なことです。

他社のカードで支払いを延滞してしまった場合はその時点で増額は厳しくなります。増額はあくまでも一つの手段ですのでご自身のライフスタイルに合った限度額に収めることが重要になってきます。

まずはコツコツ信用力をあげてどうしても今すぐに増額したい方は、新しいクレジットカードを作るが最も早いです。

信用履歴に問題の無い方は増額審査を申し込んで見ましょう。審査自体は1~2週間程度で結果が来ますので、もっとクレジットカードを使いたい方は限度額を引き上げるのもいいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です