損しない!高還元率のクレジットカードとは?おすすめ高還元率クレジットカード10選

「高還元率のクレジットカードを作るとお得」という話を雑誌やインターネットで聞いたことはありませんか?

実はクレジットカードは使い方によっては、とてもお得になるのです。

その基準となるのが「ポイントの還元率」です。通常の場合は、クレジットカードは買い物を行うたびにポイントが加算されていきます。

そのポイントを交換することで、商品をタダで手に入ったりマイルに交換すれば、旅行にも行くことができるのです。

しかし、通常のクレジットカードはこれは中々実現が難しいのです。それは、ポイントの還元率が低いためポイントが貯まりにくいからです。

そこでこの記事では、ポイントの還元率が高くお得なクレジットカード10選を解説していきます。

上手に活用することで旅行にも行くことができるため、お得にポイントを貯めたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ポイントの還元率について

ポイントの還元率について

クレジットカードは利用するたびにポイントが付与されます。この付与率・還元率ともにクレジットカードによって異なり、

  • 流通系のクレジットカード:比較的に高い傾向
  • 銀行系のクレジットカード:低い傾向

があります。ポイントの還元率の高さを売りにしているクレジットカードも存在ます。

流通系が高い理由は、還元率の高さでカードホルダーの増加を狙っているためです。無料で高還元率のクレジットカードが多いので、流通系・通販系はおすすめです。

ポイント還元率とは何か

クレジットカードを作る際によく聞く還元率ですが、これは買い物をした時のポイントの還元率のことを指しており、買い物等で利用した際に獲得できるポイント数を円に換算し、利用金額で割ったものを還元率と言います。

クレジットカードの還元率は0.5%程度です。

銀行系のクレジットカードはポイントの還元率はあまり重視していないため、0.5%であることが多いです。流通しているクレジットカードの大半はこの還元率でしょう。

ポイントの還元率を上げるのは、クレジットカード会社にとっても負担が大きいため、多くのクレジットカード会社はポイントの還元率では無く、「その他のサービスを強化」しています。

例えば、便利なカードとしてよく挙げられるカードにエポスカードがありますが、エポスカードの還元率は0.5%です。

そのかわりにセール期間中には、無印良品で10%引きや海外旅行保険の自動付帯などのサービスが付いています。

ちなみにクレジットカードではありませんが、デビットカードにもポイントの還元はあって概ね0.2%程度が相場になっています。どの程度かといえば、1000円の買い物に対して2円の還元です。

その上デビットカードの場合は、ポイントではなくキャッシュバックの扱いになるため、ポイント交換などがありません。

還元率の低さからもお得という面では、クレジットカードのほうがいいでしょう。

還元率の相場とは?

前述の通りに還元率の相場は、概ね0.5%のクレジットカードが多い傾向があります。次に多いのが1%ですので、還元率1%のクレジットカードは平均よりも高いといえます。

以前までは還元率2%のクレジットカードも珍しくはありませんでした。しかし、クレジットカード会社が揃って還元率を引き下げたため、「還元率は1%以上が高還元率」クレジットカードになりました。

  • 0.5%:平均的
  • 0.7%:やや高め
  • 1% :高め
  • 1%以上:かなり高い

これらの標準還元率に加えて、支払い方や指定された場所等で買い物を行うことで、さらにポイントは上昇します。

還元率は、組み合わせ次第によってさらに上昇しますので、よく買い物に行く場所に合わせて作るのがいいでしょう。

例えば、スーパーでよく買い物する人とアマゾンで買い物をする人では、クレジットカードによっては大きく差が出てきます。自身のライフスタイルに合ったクレジットカードを選択しましょう。

高還元率カードを作る前の注意点

高還元率カードを作る際には、いくつか注意点が存在します。

まず、年会費のかかるカードも多くあるということです。クレジットカードが、高還元率に設定しても問題ないように、「年会費を設定」しているケースがあります。

例えば、これは極端な例ですがダイナースプレミアムカードは、ポイントの標準還元率は2%ですが年会費は14万円です。

ダイナースカードの場合は作るのが難しいのでなんとも言えませんが、還元率と年会費は両立する必要があります。

還元率を高いカードを選ぼうとした場合には、年会費が高くなってしまします。

ここまでの年会費ではないものの、ゴールドカードならば年会費は1万円前後かかります。年会費の分メリットも大きいですが、年会費を払いたくない人には向かないでしょう。

また条件付きで年会費が無料になるカードも存在します。年間50万円分の買い物をした場合に、年会費が無料になるクレジットカードもあります。

このように年会費とポイントの還元率は比例する場合もあるので、ポイントの還元率だけでクレジットカードを選ばずに総合的に判断しましょう。

次に注意したい点が、ポイントの交換です。冒頭でポイントはマイルにも交換可能と言いましたが、他にもTポイントやdポイントなど様々なポイントに交換することができます。

ただし、この交換もクレジットカードによってはレートと内容が異なるため、自分がよく使うポイントと交換できるものが良いでしょう。

例えば、標準還元率は1.2%でも変換できるポイントがTポイントのみならば、マイルには交換できませんのでいくら使ってもマイルはたまりません。

クレジットカードによっては、ポイント交換ができない標準還元率の高いカードもあります。

その場合は、普段の利用料金から割引になるなど代替手段が用意されています。ポイントの特性を把握することが肝心です。

また、多くのクレジットカードのポイントは消失します。これもクレジットカードによるのですが1~2年程度で消失してしまうものもあれば消失しないものもあります。

そのため、せっかくポイントを貯めたとしても使い切る前に消えてしまうのです。

teacher
特に入会キャンペーンなどで、ポイントを配っている場合は比較的有効期限が短いので注意です。ポイントの変換も有効期限内に必ず行いましょう。

リボ払い専用カードに注意

高還元率カードの特徴として、リボ払い専用カードと呼ばれるクレジットカードが中にはあります。

リボ払いは、毎月の支払額を一定に固定して支払いをする支払い方法です。一括払いと違い毎月の出費を抑える事ができます。

なぜリボ払い専用カードが高還元率かと言えば、クレジットカード会社が儲かるからです。リボ払いは高額な手数料が発生するため、還元率が高い傾向にあります。

なるべくなら、リボ払い専用カード以外から作るのがいいでしょう。

またクレジットカードの還元率は突然下がったり、カードそのものが発行中止になることもよくあり、高還元率カードは数年に1回は内容が変わるため、発行会社のホームページをこまめに確認することをおすすめします。

次に現時点でのおすすめ高還元率クレジットカードを紹介します。自分のライフスタイルと照らし合わせながら選んでみてくださいね。

おすすめクレジットカード10選

おすすめクレジットカード10選

それでは、還元率の高いクレジットカードを10選おすすめで紹介いたします。年会費無料のものが多いですが、何点か年会費がかかるカードもあります。

自分のライフスタイルに合わせたクレジットカードを選択してくださいね。

JCB CARD W

このJCB CARD Wは、2017年にJCBが出した比較的新しいクレジットカードです。基本的年会費は無料となっており、「ポイント還元率も1%」と高い数字を誇っています。

JCBのカードは以前までは0.5%が主流でしたが、このカードは1%と通常のJCBカードのまさに倍のポイント還元率です。

難点は、「39歳以下しか作れない」ことですが、それにしても利便性の高いカードです。

通常時のポイントは1%ですが、提携している店舗でクレジットカード払いで会計を行うとさらに得点として1%の上乗せポイントが付きます。

主な対象店舗は、セブンイレブン、amazon、イトーヨーカドー、スターバックスです。

スターバックスに関しては還元率が3%になるため、日常的に使う人はお得な1枚です。還元率で比較すれば、セブンカードプラスよりもこちらを使いセブンイレブンで買い物するほうがポイントは貯まります。

39歳以下でWEB明細のみですが、それらを上回るメリットが多いため、作っておいて損はない1枚です。

「JCB CARD W」公式サイトはこちら

REX CARD

高還元率カードを多く発行しているジャックスが発行しているクレジットカードです。このクレジットカードはポイント還元率が1.25%です。以前までは年会費はかかりましたが標準還元率1.75%のカードでしたが、還元率は引き下げられました。

しかし、それでもなおリボ払い専用カード以外で還元率1.25%は他のカードにはない特徴です。還元率が下がった代わりに年会費がかからなくなり使いやすいクレジットカードとなりました。

ポイントの交換はレートがあまり良くないため向きませんが、貯めたポイントを使い利用学から引くことができます。ジャックスモールを経由してアマゾンや楽天市場から買い物をすると還元率は1.75%になります。

「REX CARD」公式サイトはこちら

Reader’s Card(リーダーズカード)

リーダーズカードは同じくジャックスから発行されているクレジットカードです。

こちらは年会費が2,700円かかりますが、年間30万円以上の利用で年会費は無料になります。また、このカードは通常の「還元率は1.25%」です。

クレジットカードの利用金額を差し引く、Jデポへの変換やTポイントやWAONに交換するために経由するGポイントへの交換ならば、ポイントの還元率は最大で1.25%になります。

つまり、3,500ポイントを4,000Jデポへ交換でき、4,000円分を利用金額から差し引くことが可能です。

このカードは以前までは、Amazonをジャックスモール経由で買い物すると1.8%まで還元率上がるクレジットカードでしたが、現在でも十分な還元率を誇ります。

「Reader’s Card」公式サイトはこちら

楽天カード

恐らく現時点で最も多いカードホルダーがいるのがこの楽点カードでしょう。楽天カードは、永年年会費無料で「発行基準の低さと1%の還元率」で高い人気があります。

楽天市場を使うのならば、1枚はあると便利なカードです。

Amazonよりも楽天市場を使う方は、このカードが一番いいでしょう。楽天市場や楽天トラベルで使用するとポイントの還元率は3~4%になります。

また、定期的にポイントのキャッシュバックキャンペーンを行っており「ポイントが貯めやすい」のです。

注意したい点が楽天カードのキャンペーンポイントは比較的有効期限が短いことがあるので、もらった場合には早めに使い切る必要があります。

「楽天カード」の公式サイトはこちら

P-one Wiz

P-one Wizは、リボ払い専用カードの1つです。このカードは少し特殊で、還元率は1.5%なのですが全てがポイントになるわけではなく、0.5%がポイントとして貯まり、1%は毎月の請求額から割引されます。

年会費無料でポイントを還元する手間が省けることもあり、人気の1枚です。

ただし、リボ払い専用カードのため、「使いすぎには注意」が必要になります。利息も積もればあなどれないほどの額になります。

毎月の支払いを全てカードで行う人には向いていないクレジットカードかもしれません。

「P-one Wiz」の公式サイトはこちら

dカード

dカードはドコモユーザーがお得になるサービスが多くあります。貯まったポイントは月々の携帯料金の支払いなどにも使用可能で、「還元率は1%で、提携店舗の場合は3%」まで上がります。

マクドナルドや高島屋でも還元率2%のカードとして使用できます。

しかし、年会費が初年度無料なのですが、2年目以降は1度も使用しない場合は、年会費が発生するので注意が必要です。

「dカード」の公式サイトはこちら

リクルートカード

リクルートカードは、ホットペッパーやじゃらんなどを利用される方はおすすめです。以前までは2%の超高還元率クレジットカードでしたが、1.2%まで下がりました。

リクルートの参画サービスを利用することで、通常の1.2%の還元率に加えてさらにポイントの上乗せができます。

中にはオンラインモールのポンパレモールを利用した場合、「3%以上ポイントが還元」されるところもあります。

Pontaポイントとの連携したため、ローソンや高島屋でも使いやすいカードとなりました。リクルート参画のサービスを利用する方は有用な1枚です。

「リクルートカード」の公式サイトはこちら

Orico Card THE POINT

Orico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は基本還元率1%で年会費が無料のクレジットカードです。また、入会後半年はポイントが1%上乗せされて還元率2%のカードになります。

現時点で標準還元率が2%のカードは、年会費が無料の中ではないため高還元率カードなのです。

またAmazonで買い物をする場合は「常時還元率が2%」になるため、Amazonで買い物をする方はおすすめの1枚です。

「Orico Card THE POINT」の公式サイトはこちら

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードは、年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。他の多くのカードでTポイントを貯めるには、通常のTカードと併用するかポイントを変換する以外に方法がありません。

しかし、現状最も多く使えるポイントがTポイントです。このTポイントを最も効果的に集められるカードが、このYahoo!JAPANカードです。

このカードはYahoo!ショッピングやLOHACOで使用すると通常に加えてポイントが増加します。Tポイントを貯めたいかたや、Yahoo!ショッピングやLOHACOをよく使う方にはおすすめの1枚です。

「Yahoo!JAPANカード」の公式サイトはこちら

ビックカメラSuicaカード

このカードは年会費初年度無料ですが、2年目は年1回Suicaにチャージすることで、年会費無料が無料になります。

還元率も1%あるので申し分ないカードです。Suicaもクレジットカードも1枚にまとまっているため便利です。

このカードはビックカメラで使用するとポイント「還元率は10%」であり、さらにSuicaにチャージしてビックカメラで買い物をするとポイントの還元率は11.5%まで上昇します。

家電以外にも日用品も変えるため、ビックカメラに行く人はおすすめの1枚です。

「ビックカメラSuicaカード」の公式サイトはこちら

まとめ

クレジットカードの中には、条件次第では10%以上の還元率も実現可能なクレジットカードも存在します。

通常のクレジットカードから乗り換えただけでもお得になるカードは、数多くあります。

しかし、クレジットカードは何でも良いわけではありません。リボ払い専用カードに還元率が高いからと安易に切り替えるのは危険です。

必ずどのくらいの支出があるのかを確認しながら、クレジットカードを選択するのがいいでしょう。自分に合ったクレジットカードを見つけて、お得にポイントを貯めてみてくださいね。


コメントを残す