経費になる通勤の定期券をクレジットカード払いにして一気にポイントを貯めるお得技

train128_128会社に勤めていれば定期券を購入して通勤している方が多いと思います。定期代はクレジットカード払いにすることでポイントを一気に貯めることができるものなのです。

ポイントを貯めるおすすめのお得技で使うクレジットカード

OricoCard THE POINT
ライフカード(JCB/VISA/MasterCard)
リクルートカード(JCB)
「ビュー・スイカ」カード

ポイントを貯めるおすすめのお得技の概要

会社で働いているサラリーマンやOLの場合は、会社に通勤する交通費は経費として支給される会社がほとんどだと思います。会社によって定期代の経費支払い「通勤手当」のルールというのは異なると思いますが、よほど高額にならない場合は、定期代は「通勤手当」として支払われることがほとんどだと思います。

「通勤手当」の場合は定期券の領収書なども必要ないケースが多いのです。

「通勤手当」は基本的に領収書も不要の会社が多い

これは会社の経理方針によって異なりますが、あまり定期の領収書の提出を求める会社は少ないようです。

会社によっては定期券をきちんと購入しているか?の確認のために定期券自体のコピー提出を求めるようです。つまり、クレジットカードで定期券を購入してもばれないということです。

購入した費用は「通勤手当」として給料と一緒に振り込まれるはずなので、クレジットカード払いで定期券を購入すれば、その分のポイントだけが丸ごとゲットできることになります。

例:立川から東京へ出勤している方の場合

JR中央本線 1ヶ月 18,660円 6ヶ月 91,510円

です。会社によっては1か月分の定期代で支給してくれるところもありますが、ほとんどは6か月ごとの定期券を前提に支給しているかと思います。

「ビュー・スイカ」カードで支払うとポイントは3倍の1.5%になります。

  • 6ヶ月 91,510円 × 2回 × 1.5% = 2,745円分のポイント

誕生日月に合わせて購入できるのであればライフカードで

  • 6ヶ月 91,510円 × 1回 × 3.4% = 3,111円分のポイント
  • 6ヶ月 91,510円 × 1回 × 0.67% = 613円分のポイント

が貯まる計算になります。労せずに3,000円~4000円分のポイントが毎年手に入るのであれば、使わない手はありません。

とくにライフカードで誕生日月に購入することをおすすめします。定期はある程度先の期日でも購入することができるからです。

ポイントを貯めるおすすめのお得技の期待できる効果

定期代の料金 × ポイント還元率分のポイント

利用するコスト

0円

ポイントを貯めるおすすめのお得技のやり方

1.利用している交通手段の定期券がクレジットカード払いができるか?を確認する

クレジットカード払いができない場合は、できる路線で通うという方法もあります。ただし、「最も経済的かつ合理的な経路及び方法で通勤した場合に経費と認められる」という規定があるので、著しくおかしい路線では通勤手当が認められない可能性があるので注意が必要です。

定期券の購入をクレジットカードで支払える鉄道会社

※随時サービスは改定されているため、定期券購入窓口などで確認しましょう。

JR東日本

定期券購入可能場所

  • みどりの定期券購入窓口
  • 指定席券売機
  • 多機能券売機

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners

自社発行クレジットカード

  • ビューSuicaカード
  • 特典:定期券の購入、Suicaチャージ、回数券、きっぷの購入でポイント3倍(還元率1.5%)
東京メトロ

定期券購入可能場所

  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、JCB

自社発行クレジットカード

  • 東京メトロ To Me Card Prime
  • 特典:平日1乗車につき10ポイント、土日1乗車につき20ポイント
東京モノレール

定期券購入可能場所

  • 浜松町駅 定期券発売所

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners
東京臨海高速鉄道りんかい線

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、UC
小田急電鉄

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners
京王電鉄

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカード

  • 京王パスポートカード
京成グループ (京成電鉄、北総鉄道、新京成電鉄)

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカード

  • 京成カード
京浜急行電鉄

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカード

  • 京急カード(京急プレミアポイント)、京急カードPASMO
東京急行電鉄

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口、定期券対応券売機で利用可能

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、DC、JCB、AMEX、Diners
横浜高速鉄道(みなとみらい線)

定期券購入可能場所

  • 横浜駅

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、DC
西武鉄道

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、SAISON、UC
東武鉄道

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカード

  • 東武カード、東武カードPASMO
つくばエクスプレス

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、JCB、AMEX、UFJ、NICOS
 相模鉄道

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカード

  • 相鉄カード
横浜市交通局 (横浜市営地下鉄)

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカード

  • 横浜交通ハマエコカード
東京都交通局 (都営地下鉄)

定期券購入可能場所

  • 定期券購入窓口
  • 定期券対応券売機

定期券支払い対応可能クレジットカードブランド

  • VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DinersUC、SAISON、MUFG(DC、UFJ、NICOS)
定期券支払い対応不可の鉄道会社
  • 東葉高速鉄道
  • 埼玉高速鉄道
  • 湘南モノレール
  • 千葉都市モノレール
  • 多摩都市モノレール
  • ゆりかもめ
  • 流鉄 (総武流山線)
  • ニューシャトル
  • 伊豆箱根鉄道
  • ディズニーリゾートライン
  • 江ノ島電鉄
  • 関東鉄道
  • 金沢シーサイドライン

2.ポイント還元率が高い、鉄道会社が発行しているクレジットカードを選ぶ

鉄道会社が発行しているクレジットカード(例えば、JR発行の「ビュー・スイカ」カード)は定期券の購入でポイントが倍増するなど特典が用意されているケースがあります。

3.定期券をクレジットカードで購入する

条件付でポイント還元率が高いカードの場合は、ポイントが倍増するタイミング(誕生日月、入会後6か月)で定期券を購入しましょう。

注意点・リスク

ポイントを貯めるおすすめのお得技に必要なクレジットカード

ライフカード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
申込方法-
発行スピード最短3営業日
年会費無料ステータス永年無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)200万円
ポイント還元率(下限)0.50%
ポイント還元率(上限)1.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=2.5マイル、300ポイント以上100ポイント単位)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害-
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害-
ショッピング保険/国内利用-

「ビュー・スイカ」カード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
申込方法-
発行スピード通常2週間
年会費無料ステータス-
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)80万円
ポイント還元率(下限)0.50%
ポイント還元率(上限)1.84%
交換可能マイル-
ETCカード年会費515円
電子マネーチャージ楽天Edy、nanaco、Suica(オートチャージ可)
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害500万円(自動付帯:500万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害1,000万円
ショッピング保険/国内利用-

Orico Card THE POINT

カード分類一般カード
国際ブランドMasterCard、JCB
申込方法-
発行スピード最短8営業日
年会費無料ステータス永年無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)300万円
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)2.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.6マイル)
JALマイル(1ポイント=0.5マイル)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージiD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害-
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害-
ショッピング保険/国内利用-

リクルートカード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB、銀聯(UnionPay)
申込方法Web申込み
発行スピード-
年会費無料ステータス永年無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.20%
ポイント還元率(上限)3.20%
交換可能マイル-
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージ楽天Edy、nanaco、Suica
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害2,000万円
ショッピング保険/国内利用200万円

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。