セディナゴールドカード

セディナゴールドカードの概要

カード名称
セディナゴールドカード
カード分類ゴールドカード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行スピード-
年会費(税込)6,600円
年会費無料ステータス初年度無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)200万円
キャッシング限度額-
ポイント還元率(下限)0.50%
ポイント還元率(上限)1.50%
交換可能マイルJALマイル(1ポイント=0.5マイル、交換上限150,000マイル)
ポイント備考■サンクスクリスマスポイント
年間(毎年11月~翌年10月)のカードショッピング利用金額によって、12月にボーナスポイントがプレゼントされます。
ETCカード年会費(税込)0円
ETCカード年会費無料ステータス永年無料
家族カード年会費(税込)1,100円
家族カード年会費無料ステータス-
電子マネー機能-
電子マネーチャージiD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco
スマホ決済Google Pay、楽天ペイ
海外旅行傷害保険付帯種類自動付帯
海外旅行傷害保険家族特約家族特約
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:2,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
国内旅行傷害保険自動付帯(最大)自動付帯
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)5,000万円(自動付帯:1,000万円)
ショッピング保険/海外利用(最大)300万円
ショッピング保険/国内利用(最大)300万円

セディナゴールドカードの基本スペック

発行会社名セディナ
提携会社名-
カード分類ゴールドカード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
入会条件18歳以上
学生可
申込方法-
発行スピード-
年会費(税込)6,600円
年会費無料ステータス初年度無料
年会費備考-
ショッピング限度額(下限)1万円
ショッピング限度額(上限)200万円
ショッピング限度額備考新規入会時は上限50万円
キャッシング限度額-
リボ払い金利-
キャッシング金利~18.00%
支払方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
\r
海外:1回払い
締め日・支払日月末締め・翌月27日払い
基本備考-

セディナゴールドカードのポイント・マイル・電子マネー

ポイント名わくわくポイント
ポイント価値1ポイント1円
ポイント有効期限~24ヶ月
ポイント還元率(下限)0.50%
ポイント還元率(上限)1.50%
付与レート200円で1ポイント
交換レート1,000ポイントで1,000ポイント相当(dポイントに交換する場合)
交換可能ポイントdポイント、nanacoポイント、WALLETポイント、Gポイント
ANAマイル還元率-
JALマイル還元率-
スカイマイル還元率-
交換可能マイルJALマイル(1ポイント=0.5マイル、交換上限150,000マイル)
ポイントモールセディナポイントUPモール(セディナポイントUPモールを経由すると最大20倍のポイントが貯まります。)
ポイント特約店セブン‐イレブン(3倍)、イオン(3倍)、ダイエー(3倍)、宇佐美(3倍)
ステージ制度トクトク!ステージ(年間利用金額に応じて翌年度のポイントが最大1.6倍になります。50~100万円未満は1.2倍、100~200万円未満は1.3倍、200万円以上は1.6倍。)
年間利用ボーナス-
ポイント備考■サンクスクリスマスポイント
年間(毎年11月~翌年10月)のカードショッピング利用金額によって、12月にボーナスポイントがプレゼントされます。

セディナゴールドカードの追加カード

ETCカード年会費無料ステータス永年無料
ETCカード備考-
家族カード年会費(税込)1,100円
家族カード年会費無料ステータス-
家族カード備考※対象:同居・同姓の家族(高校生を除く18歳以上)の方
電子マネー機能-
電子マネーチャージiD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco
電子マネーチャージでポイント対象-
スマホ決済Google Pay、楽天ペイ
追加カード備考-
海外旅行傷害保険付帯種類自動付帯

セディナゴールドカードの保険・補償

海外旅行傷害保険付帯種類自動付帯
海外旅行傷害保険家族特約家族特約
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)10,000万円(自動付帯:2,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
海外旅行傷害保険/傷害治療(最大)300万円(自動付帯:300万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
海外旅行傷害保険/疾病治療(最大)300万円(自動付帯:300万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
海外旅行傷害保険/携行品損害(最大)50万円(自動付帯:50万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
海外旅行傷害保険/賠償責任(最大)5,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約2,000万円(自動付帯:2,000万円)
海外旅行傷害保険/救援者費用(最大)500万円(自動付帯:500万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
海外旅行傷害保険/航空機遅延保険(最大)-
国内旅行傷害保険自動付帯(最大)自動付帯
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害(最大)5,000万円(自動付帯:1,000万円)
国内旅行傷害保険/入院保険金日額(最大)5,000円(自動付帯:5,000円)
国内旅行傷害保険/通院保険金日額(最大)2,000円(自動付帯:2,000円)
国内旅行傷害保険/手術保険金(最大)-
国内旅行傷害保険/航空機遅延保険(最大)-
ショッピング保険/海外利用(最大)300万円
ショッピング保険/国内利用(最大)300万円
保険備考-

セディナゴールドカード

0.00
8

年会費の安さ

7.5/10

ポイント・マイルのお得さ

8.5/10

付帯サービスの充実度

8.0/10

使い勝手の良さ

8.5/10

ステイタス性

7.5/10

1 個の口コミ

 
  • cacaさん「セディナゴールドカード」の利用者口コミ

    年会費の安さ

    7.00

    ポイント・マイルのお得さ

    9.00

    付帯サービスの充実度

    8.00

    使い勝手の良さ

    9.00

    ステイタス性

    7.00

    満足度
    8点/10点
    会社員(正社員) 女性 48歳

    選択したクレジットカードの口コミ

    毎月の食材や日用品などをネットスーパーで購入していて、
    大人数の家族分の費用の支払いをカードを使っているので利用額も大きくなります。カードのランクや、ステージなどが長年使っていると上がるので、カード利用額ごとにポイントがたまるのですがポイントの還元率が高くなります。他のカードも持っていますが、カードのランクやステージが高いもの一枚を多く利用したほうがポイントがたまるのでほとんどこのカードを利用しています。ポイントの交換も、ギフト券や有名ショッピングサイトのポイントなどに交換できるので、わたしは、よくAmazonのギフト券に交換しています。ゴールドカードは年会費が高くて無理だと
    思っていましたが、他社に比べると、6千円で安くとてもお得だと思います。

  • ABOUTこの記事をかいた人

    たく先生

    30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。