クレジットカード比較。2019年発行済の全法人カード500枚を比較。おすすめの1枚は?

クレジットカードを年会費、追加カード、ポイント還元率、マイル還元率、ショッピング限度額、旅行傷害保険、ショッピング保険、人気ランキング、口コミ評判等の項目で比較しています。

  • フリーワード検索
    【解説】
    フリーワード検索は自由なワードで検索することができます。
  • カードランク
  • 国際ブランド
  • 年会費
  • ポイント還元率
  • マイル還元率
  • 電子マネー
  • 保険
  • レビュー評価
  • 口コミ件数
該当クレジットカード件数1
【解説】
年会費とは、カード発行後の1年間の年会費のことです。
【解説】
ポイント還元率/基本とは、ポイント倍増や優待店などを利用しない通常の場合に付与されるポイントを金銭価値に換算したものです。100円のカード利用で1円分のポイントが付与されることを「ポイント還元率1.0%」と表現します。ポイントを金銭に換算する場合には、電子マネーやギフト券などに交換した場合の交換率を採用しています。
【解説】
ポイント還元率/上限とは、ポイント倍増や優待店などを活用した場合に付与されるポイントを金銭価値に換算したものです。100円のカード利用で1円分のポイントが付与されることを「ポイント還元率1.0%」と表現します。ポイントを金銭に換算する場合には、電子マネーやギフト券などに交換した場合の交換率を採用しています。
【解説】
ANAマイル還元率とは、カード利用で付与されるポイントをANAマイルに換算したものです。100円のカード利用で1ANAマイルが付与されることを「ANAマイル還元率1.0%」と表現します。ANAマイルは、ポイントを交換するパターンと、カード利用で直接ANAマイルが貯まるパターンがあります。
【解説】
JALマイル還元率とは、カード利用で付与されるポイントをJALマイルに換算したものです。100円のカード利用で1JALマイルが付与されることを「JALマイル還元率1.0%」と表現します。JALマイルは、ポイントを交換するパターンと、カード利用で直接JALマイルが貯まるパターンがあります。
人気ランキングレビュー口コミ年会費
(税別)
ポイント還元率
(基本)
ポイント還元率
(上限)
ANAマイル還元率
JALマイル還元率
ショッピング限度額
(上限)
電子マネースマホ決済
低い順
高い順
  高い順
多い順
安い順
高い順
安い順
高い順
安い順
高い順
安い順
高い順
安い順
高い順
大きい順
小さい順
  

Orico Card THE PLATINUM
 
Mastercard
高還元率
高マイル
スペックを見る
47位
8
0件20,000円1.0%2.5%0.5%0.6%0万円iD、QUICPayApple Pay、Google Pay、楽天ペイ
発行会社名
オリエントコーポレーション 
提携会社名
オリエントコーポレーション 
国際ブランド
MasterCard
カードランク
プラチナカード
入会条件
20歳以上 本人に安定した継続的な収入のある方 
申込方法
- 
発行スピード
- 
ショッピング限度額(下限)
万円
ショッピング限度額(上限)
万円
キャッシング金利
15.00%~ 
締め日・支払日
月末締め・翌月27日払い 
年会費
20,000円
年会費無料ステータス
- 
年会費優遇条件
- 
家族カード年会費
0円 
家族カード年会費無料ステータス
永年無料 
ETCカード年会費
0円 
ETCカード年会費無料ステータス
永年無料 
ポイント還元率/基本
1% 
ポイント還元率/上限
2.5% 
ポイント名
オリコポイント
ポイント有効期限
~12ヶ月
交換可能ポイント
Tポイント、楽天ポイント、Pontaポイント、dポイント、WALLETポイント、WAONポイント、ベルメゾンポイント、自治体ポイント
ポイント特約店
-
交換可能マイル
ANAマイル(1ポイント=0.6マイル) JALマイル(1ポイント=0.5マイル)
ANAマイル還元率
0.5% 
JALマイル還元率
0.6% 
電子マネー機能
iD、QUICPay 
電子マネーチャージ
iD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco 
電子マネーチャージでポイント対象
iD利用(200円で3ポイント)、QUICPay利用(200円で3ポイント) 
スマホ決済
Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ 
電子マネー機能
300万円 
電子マネー機能
300万円 
海外旅行傷害保険付帯種類
自動付帯 
海外旅行傷害保険家族特約
家族特約 
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害
10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約2,000万円(自動付帯:2,000万円) 
海外旅行傷害保険/航空機遅延保険
19万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)、家族特約19万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手 
国内旅行傷害保険自動付帯
利用付帯 
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害
10,000万円、家族特約2,000万円 
国内旅行傷害保険/航空機遅延保険
16万円(出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)、家族特約16万円(出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円) 
ショッピング保険/海外利用
300万円 
ショッピング保険/国内利用
300万円 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

30枚以上のクレジットカードを保有するFP。一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、法人カード、デビットカード、ETCカードと様々なカードを持ち、お得にカードを使うためにどうすれば良いのか?楽しく検証しています。マイルやポイントを貯める方法を中心につぶやきます。