アメリカン・エキスプレス・カード徹底分析/ポイント・保険・年会費・口コミ評判。他のクレジットカードと比較してわかったメリットデメリット

目次

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードの概要

アメリカン・エキスプレス・カードの概要

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド社が発行しているAMEXのプロパーカードです。

そのグリーンの券面デザインが特徴的です。

カード自体の特徴としては、旅行関連のサービスに非常に強いことです。

例えば空港のラウンジサービスや空港の手荷物宅配サービスを始めとして、空港で使えるサービスがカードに自動付帯されているため、海外旅行を楽しみたい人には有効なカードでしょう。

海外旅行では、保険のことも気になるかと思います。

アメックスの場合は、他のカードと異なり、旅行傷害保険も充実しており、飛行機が遅れた場合などでもしっかりと保険がオリス仕組みになっています。心配事を無くして楽しく旅行ができるでしょう。

変わった特徴としては、通常クレジットカードには年収や利用金額に応じて利用限度額が決定されます。

しかしアメックスには利用限度額額がなく、資産や利用状況に応じてアメックス側で限度額を管理しています。

デメリットとしては、還元率の低さや年会費が高いことが挙げられるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードは、100円で1ポイントのポイント付与率ですが、交換するには3,000ポイントからの交換になります。

つまり基本的な還元率は0.33%となり、マイル交換時だけ0.5%に引きあがりますが、還元率を求める方は他のカードの代用をおすすめします。

もう一つは年会費の高さはやはりネックとなる部分と言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレスカードの中では、このグリーンカードは、最も年会費のかからないカードではありますが、年会費が12,000円かかります。

様々な付帯サービスがカードにはついていますが、利用しない場合はあまりお得とは言い難い値段かもしれません。

しかし、海外旅行を頻繁にする方には保険や付帯サービスなどは非常に重宝することでしょう。

年会費もサービス利用代金と考えれば、そこまで高くはないでしょう。旅行に頻繁に行く人にはおすすめできるカードです。

アメリカン・エキスプレス・カードのスペック

人気ランキング8位
カード
アメリカン・エキスプレス・カード
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAMEX(アメックス)
カードランク一般カード
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費特典-
入会資格年齢20歳以上で安定的な収入のある方
カード発行スピード通常1~3週間
キャンペーン情報最大10,000円キャッシュバック
ポイント還元率/基本0.330%
ポイント還元率/上限(ポイントモール除く)0.500%
ポイント還元率最大条件マイル交換時
ポイント倍増特典ぐるなびの予約をAMEXで行うとポイント増加
メンバーシップ・リワード経由で貯める

電子マネー-
ショッピング限度額下限-
ショッピング限度額上限-
ショッピング保険/国内500万円
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害5,000万円
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害5,000万円

アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

アメリカン・エキスプレスのメリットは、他のカードにはない充実した付帯サービスなどがあることや、何が起こっても大丈夫な保険がクレジットカードについている点です。

通常のクレジットカードも保険はついています。

しかし、アメリカン・エキスプレスの場合は旅行に強いクレジットカードのため、保険の金額や適応範囲も他のカードと比べると広く、そして使いやすくなっています。

また、旅行帰りなどは疲れていて荷物などを運ぶのも大変ですし、長い待ち時間にはラウンジなどで休みたいものです。

そんなときに、アメリカン・エキスプレスならばクレジットカードの付帯サービスを活用し快適に過ごせます。

アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

前述の通り、アメックスの年会費の高さやポイントの還元率の低さは、デメリットと言えるでしょう。

しかし、他にも知っておきたい点があります。まずは、加盟店が他のブランドに比べて少ない点です。

アメリカン・エキスプレスの国際ブランドは、もちろんAMEX(アメックス)ですが、このブランドはVISAやMastercardのように、どこでも使えるとは限らないのです。

中には、VISAやMastercardは対応しているけど、AMEXは対応していない店舗もあります。

日本でも他のブランドに比べると、使える店舗数は少ない傾向にあります。全てに使えないわけではありませんが、いざというときに使えない店舗もあることは覚えておきましょう。

また、限度額がわからないこともデメリットになるかもしれません。アメックスは他のカードと異なり、クレジットカードの利用限度額が具体的に設定されていないのです。

そのため自分があとどれだけ使えるのかは、アメックス側が資産や利用状況をみて判断しています。

旅行中などで使いたい場面で、使えなくなるということもあるかもしれません。中には、限度額がわからない状態が少し使いにくいという方もいるかもしれませんね。

そして、電子マネーとの相性はあまり良くありません。

iDやWAONなどを始めとした電子マネーは様々な種類が登場してきています。少額ならば、クレジットカードよりも電子マネーで払う人も増えています。

そのため、最近のクレジットカードには電子マネー一体型やオプションで電子マネーを付ける事のできるカードも多く登場してきています。

しかし、アメリカン・エキスプレスに関しては、電子マネーは付けることができません。

電子マネーを使う場合には、ApplePay経由でチャージすることが一番近いため、電子マネーとの相性はそこまで良くないと言えるでしょう。

旅行に特化したクレジットカードであるため、日常的に買い物をする場合などでも使いたい場合は年会費無料のカードを1枚持っておき使い分けるといいでしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードのポイントプログラム「メンバーシップ・リワードボーナスポイント」

ポイント還元率/基本0.330%
ポイント還元率/上限(ポイントモール除く)0.500%
ポイント還元率最大条件マイル交換時
ポイント倍増特典ぐるなびの予約をAMEXで行うとポイント増加
メンバーシップ・リワード経由で貯める

ポイント名称メンバーシップ・リワード
ポイント付与率100円 → 1ポイント
ポイント交換率/最大(現金・電子マネー・商品券)2,000ポイント → ANA1,000マイル
ポイントモールメンバーシップ・リワードボーナスポイント
ポイントモールポイント倍増/最大5倍
ポイント有効期限36ヶ月
キャッシュバック-
キャッシュバック率-

通常時のポイント付与の仕組み

通常のポイント付与の仕組みは100円で1ポイントが付与されます。

このあたりに関しては、他のクレジットカードとそこまで大きな違いはありません。しかし、交換する場合は3,000ポイントからの交換になるため少し大変です。

最も還元率が良い交換方法はマイルへの交換で、2,000ポイントから交換が可能です。

2,000ポイントを1,000マイルへ交換できるため還元率は0.5%です。

通常時のポイント付与の仕組み

ポイント倍増の仕組み

メンバーシップ・リワード ボーナスポイント・パートナーズ

メンバーシップ・リワード ボーナスポイント・パートナーズ

メンバーシップ・リワード ボーナスポイント・パートナーズという提携店システムがあり、登録されている提携店で、クレジットカードを使い買い物をすると100円につき、2~10ポイントのポイントを貯めることができます。

提携店舗は、レストランやショッピング施設など多岐にわたります。

新規入会キャンペーンポイント

新規入会の場合は、Amazon経由での入会が非常にお得です。

初年度の年会費が無料になるだけではなく、Amazonギフト券が15,000円分ついてきます。

他にも利用金額に応じて、15,000円分のメンバーシップ・リワードボーナスポイントが貰えます。

ポイントモール「アメリカン・エキスプレス・オンラインモール」

ポイントモール「アメリカン・エキスプレス・オンラインモール」

2018年1月からアメックスは、オンラインモールを開始し始めました。

ポイントアップのモールではなく、クーポンコードを入力することで割引を受けられるシステムになっています。

ネット通販のお買い物割引クーポンが掲載されており、このクーポンは何度でも5%OFF、3ヶ月に1回10%OFFや1,000円引きなど、店舗ごとにその割引の特徴は異なります。

特に外資系の宿泊予約サイト、agoda.comは何度でも5%OFFにすることができます。

日本の予約サイトを含めても、agoda.comは最安値になることが多いため、そこからさらに5%OFFの金額で宿泊ができます。

しかし、アメックスのオンラインモールではポイントアップは無いため、モール経由でポイントを貯めてマイルへ変換ということはできません。

人気ショップランキングトップ10

  1. ホテルズドットコム:30,000円(税抜)以上のご購入で1,500円オフ
  2. Agoda.com:5%オフ
  3. オンワード・クローゼット:10,800円(税込)以上のご購入で2,000円オフ
  4. GILT:10,000円(税込)以上のご購入で5,000円オフ
  5. ディノスオンラインショップ:10,000円(税込)以上のご購入で1,000円(税込)オフ
  6. テーラーメイド:10%オフ
  7. ショップジャパン:10,000円(税込)以上のご購入で500円オフ
  8. MoMA STORE:5%オフ
  9. セシール オンラインショップ:10,000円(税込)以上のご購入で1,000円オフ
  10. コスメデネット:8,000円(税込)以上のご購入で300円オフ

アメリカン・エキスプレス・カードのマイル

ANAマイル取得方法2,000ポイント → ANA1,000マイル
1,000ポイント → ANA1,000マイル
ANAマイル還元率/上限1.000%
ANAマイル移行手数料(税別)5,000円
JALマイル取得方法-
JALマイル還元率/上限-
JALマイル移行手数料(税別)-
搭乗マイルボーナス-

マイル取得方法

ANAマイルを貯めるには通常2,000ポイントから1,000マイルへの交換ができます。

しかしこのポイントには、3年間の有効期限があるため、貯めているうちに有効期限が来てしまうこともあるかもしれません。

それを回避するためには、メンバーシップ・リワード・プラスに加盟するか、ポイントを何かに使うことで、有効期限を無期限にできます。

このオプションプログラムは、年会費が別途で3,000円かかりますが、マイルや提携ポイントへのレートが上がります。

具体的には、1,000ポイントで1,000マイルへの交換が可能なのです。

またANAマイルに交換するには、年会費5,000円(税別)のメンバーシップ・リワードANAコースへの加入も必要になるため、合計で8,000円分年会費が別途でかかります。

マイル取得方法

アメリカン・エキスプレス・カードの年会費

アメリカン・エキスプレスの年会費は12,000円ですが、初年度はAmazon経由、もしくはアメックス硬式から申し込んでも年会費は無料になります。

家族カードの年会費

家族カードは年会費6,480円です。

ETCカードの年会費・発行手数料

ETCカードは年会費無料ですが、発行手数料に918円かかります。なお、ETCカードは5枚まで発行が可能となっています。

初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費特典-
家族カード/初年度年会費(税別)6,000円
家族カード/2年目~年会費(税別)6,000円
ETCカード/発行手数料(税別)918円
ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード/年会費特典5枚まで発行可能

アメリカン・エキスプレス・カードの優待サービス

空港ラウンジサービス

国内28空港・海外2空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港/ホノルル、仁川国際空港/韓国)の空港ラウンジを、カード会員様ご本人はもちろんご同伴の方1名様も無料で利用できます。

空港手荷物宅配サービス

海外旅行の出発・帰国の際に、自宅と空港間(往復)をカード会員1名につき、スーツケース1個無料で配送できます。

  • 対象空港:羽田空港(国際線)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港

空港クロークサービス

乗継便の待ち時間等に、空港内手荷物預かり所にて、荷物を2つまで預けることができます。

空港送迎タクシーサービス

海外旅行時に提携タクシー会社(MKグループ)の車を会員専用でチャーターし、指定の場所と空港間の送迎を優遇料金にて利用できます。

  • 片道を1回として年間2回まで利用可能
  • 対象空港:成田国際空港、羽田空港(国際線)、関西国際空港、中部国際空港

空港パーキングサービス

出発の2日前までに、ウェブサイトまたは電話にて優待価格で予約できます。

  • 対象駐車場:成田国際空港(サンパーキング成田店)、羽田空港(サンパーキング羽田浮島店)、関西国際空港(安い関空駐車場、VIPカーデリバリーサービス)、福岡空港(福岡空港サイドパーキング)

レンタカーサービス

  • オリックスレンタカー
  • トヨタレンタカー
  • 日産レンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • タイムズ カーレンタル

を5%OFFで利用できます。

オンライン旅行予約サイト優待サービス

  • アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン
  • 一休.com
  • 日本旅行
  • Expedia
  • アップルワールド.com

を優待価格で利用できます。

アメリカン・エキスプレス・カードの保険サービス

海外旅行傷害保険

アメリカン・エキスプレスの旅行保険は、利用付帯ではありますが、海外でも国内でも最高5,000万円の保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険付帯条件利用付帯
海外旅行傷害保険/家族特約条件-
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害5,000万円
海外旅行傷害保険/傷害治療費用100万円
海外旅行傷害保険/疾病治療費用100万円
海外旅行傷害保険/賠償責任3,000万円
海外旅行傷害保険/携行品損害100万円
海外旅行傷害保険/救援者費用200万円
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)2万円

国内旅行傷害保険

国内でも保険は、5,000万円分ついてきます。

国内旅行傷害保険付帯条件利用付帯
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害5,000万円
国内旅行傷害保険/入院日額-
国内旅行傷害保険/手術費用-
国内旅行傷害保険/通院日額-
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

ショッピング保険

アメックスのショッピング保険は、国内・海外両方で500万円分の保険が適応されます。

スマートフォンを仮に落としても、アメックスで購入した場合は、自己負担金額1万円新しいものを入手できます。

ショッピング保険の補償条件利用付帯
ショッピング保険/海外500万円
ショッピング保険/国内500万円

その他の保険

特にその保険サービスは、付帯されていません。

ライフアクシデントケア制度/空き巣被害見舞金-
犯罪被害障害保険/死亡・後遺障害-
犯罪被害障害保険/入院日額-
犯罪被害障害保険/通院日額-
シートベルト傷害保険/死亡・後遺障害-
カーアクシデントケア見舞金-

アメリカン・エキスプレス・カードの支払サービス

限度額

アメックスの場合は、具体的な限度額をあえて儲けていません。利用者の資産と利用金額で限度額を決定しています。

ショッピング限度額下限-
ショッピング限度額上限-
キャッシング限度額下限-
キャッシング限度額上限-

支払方法

アメックスの締め日と支払日は、引き落とされる銀行口座によって若干異なります。主に多いのが以下の3パターンです。

  • 2、3日締め/21日支払い
  • 18~20日締め/翌月10日支払い
  • 5日締め/26日支払い払い

締め日を変更したい場合は、デスクに直接電話をすると変更できる可能性もあります。金融機関やアメックスによりますので、一概には言えません。

締め日利用者により異なる
引落し日利用者により異なる
支払方法1回払い/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い

キャッシング

アメックスにキャッシング機能はありません。

キャッシング限度額下限-
キャッシング限度額上限-
キャッシング金利-
キャッシング返済方法-

アメリカン・エキスプレス・カードの申込・発行

申込条件

アメックスの申込条件は20歳以上で安定した収入源のある方です。

入会資格年齢20歳以上で安定的な収入のある方

発行スピード

発行スピードはそこまで早くはありません。大体2週間ぐらいでカードが届きます。

カード発行スピード通常1~3週間

発行までの流れ

  1. WEBサイトから申込
  2. オンライン上で支払い口座の設定
  3. 審査
  4. 審査結果の伝達(メール)
  5. カード発行
  6. 自宅宛てに簡易書留郵便でカード発送

アメリカン・エキスプレス・カードが利用可能な電子マネー

Apple Pay

iPhoneやApple Watchにクレジットカードを設定することで、支払いに利用できます。

Apple Pay

楽天Edy

プリペイド型の電子マネーです。アメリカン・エキスプレス・カードを使ってチャージすることができます

アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ評判


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です